2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

てんきとくらす

水辺の鳥たち

  • ハシビロガモ
    水辺の鳥たちです

「男の料理」の写真

  • ナスの煮びたし
    驚速レシピ付きもあり

登山道脇の昆虫たち

  • サカハチチョウ(春型)
    登山道で出会った昆虫たちです

登山道脇の植物たち

  • メイゲツソウ
    登山道で出会った山野草が中心です

亀三郎写真

  • 亀三郎、初めての産卵
    クサガメ「亀三郎」です。

栃木百名山・登山リスト

« 世界遺産「富岡製糸場」(その1)団体旅行で群馬県富岡市へ・・・ | トップページ | 世界遺産「富岡製糸場」(その3)お昼ご飯は、新洋亭の「お弁当」*最終回 »

2015年12月14日 (月)

世界遺産「富岡製糸場」(その2)ガイドツアー参加(料金 一人200円)

写真:2015/12/10 PENTAX K-3 DA18-250mm使用

Aseisijyou01

ガイドツアーに参加 料金 一人200円 所要時間 約40分

この日は、10分間隔くらいで 20名毎のグループで出発していました。

上の写真は

女工館

日本の女工さんに 機械による糸取り技術を教えるために雇われた

フランス人女性教師の住居

Aseisijyou02

左側に写っている 繰糸場

最新式自動繰糸機10台が設置された建屋内部見学へ・・・

Aseisijyou03

繰糸場内部

Aseisijyou04

トラス構造という従来の日本にはない建築工法

そのため 中央に柱がなく広い空間が保たれています。

Aseisijyou05

首長館(ブリュナ館)

指導者として雇われた フランス人 ポール・ブリュナの住居

政府と契約の切れる明治8年末まで

ここで家族と暮らしたそうです。

Aseisijyou06

後に

建物は工女の夜学校として利用され

片倉時代には 片倉富岡高等学校の校舎として使われたそうです。

« 世界遺産「富岡製糸場」(その1)団体旅行で群馬県富岡市へ・・・ | トップページ | 世界遺産「富岡製糸場」(その3)お昼ご飯は、新洋亭の「お弁当」*最終回 »

国内旅行(関東)」カテゴリの記事

コメント

「花燃ゆ」、終わりましたね。
新しい視点の幕末もの、というのでしょうか。
批判はあるようですが、いつでもどこでも文句を言う人がいるものです。
わたしは、松下村塾に行ったことがありますので、親しみを持って見ることが出来ました。

亀たん こんばんは
バタコンバタコン
ガシャガシャ かな?
1年くらいしたらすくかしら?
撮りたいとこいっぱいあります

こんばんは、
建物内部の見学も暖房なしなので寒かったでしょう。
鍋の湯のなかで繭とりを実演しているところがありましたね。
当時の工女さんは西洋式に労働環境がきちんとしていたようです。
製糸場の入口前の食堂にて、おぎのやの峠の釜めしを食べましたよ。

こんばんは。
女工さんがやっていたことは今は機械がやっていることなんですね。
コンピュータも電卓もなかった時代には、「計算手」という女工さんもいたようです。
桁数の多い複雑で巨大な計算を大勢で手分けして計算する仕事です。

こんばんは
世界遺産巡りを楽しんでいますね。
私も機会あれば行きたいと思っていました。
こちらのブログで楽しんでいます。


iwamotoさん、こんばんは
花燃ゆ、、、大河ドラマ
うちは 見てないので、、、
どんな作りだったのか
よく分からないんです すんまそん (^_^;)(^_^;)
それはそうと
松下村塾
行って見たいです
テレビでは 見たことありますけど、、、
とにかく
あっち方面に行きたいって
いうのもありますけど。。。
そして 足を延ばして
下関のふく、、、広島のカキ
出雲の蕎麦、、、
って、、、相変わらず 食べることだけですね 反省


ふうこさま、こんばんは
いまでも 平日ならば
それほど 大混雑って感じじゃないとおもいます
ま、、、、内容が 地味?ですからね 笑
いずれにしても
北関東も
いいとこ
いっぱいありますから
撮りに来て下さいませ~~~
お待ちしてますよん うふふ


武ちゃん、こんばんは
お湯のなかでの まゆとりねえさん
しっかり撮りました
次回の最終回で登場予定です~~~
さなぎ?を
佃煮にして食べたとも聞いたので
その点に興味津々
それから
峠の釜めし!!
ありました ありました
武ちゃんは あそこで食べたのですね
わたしも
何度か経験ありますよ~~~
最初は
横川駅??で
電車からホームに降りて
買いました!! 廃線前の
むかしのことです (^_^;)


Lucianさん、こんばんは
計算手!
そんな女工さんもいたんですね
メモメモ、、あたまの中に??(^_^;)(^_^;)
わたしなんて
電卓使っても
よく
間違えるのに、、、
これは、、、完全に加齢のためですけど (T_T)(T_T)
しっかり 衰え感じています

最後の方は、群馬が舞台だったのです。
ご紹介の製糸場も。 ということで申し上げました。
西へ? 是非、行ってください。 クルマで行けますよ。


yodogawaさん、こんばんは
北海道もいいですが
北関東も いいですよ
いつか 茨城 栃木 群馬と
3県横断で
旅を楽しんで下さいね^^v


iwamotoさん、こんばんは
でしたか
それで
花燃ゆの 看板が街にあったんですね
ドラマ
大河は
年末の総集編を録画して
まとめて見るので
そのときに確認してみます
たのしみ たのしみ


車で、、、、、
了解です!!
西へ、、、向かってみます^^v

この記事へのコメントは終了しました。

« 世界遺産「富岡製糸場」(その1)団体旅行で群馬県富岡市へ・・・ | トップページ | 世界遺産「富岡製糸場」(その3)お昼ご飯は、新洋亭の「お弁当」*最終回 »