2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

てんきとくらす

水辺の鳥たち

  • ハシビロガモ
    水辺の鳥たちです

「男の料理」の写真

  • ナスの煮びたし
    驚速レシピ付きもあり

登山道脇の昆虫たち

  • サカハチチョウ(春型)
    登山道で出会った昆虫たちです

登山道脇の植物たち

  • メイゲツソウ
    登山道で出会った山野草が中心です

亀三郎写真

  • 亀三郎、初めての産卵
    クサガメ「亀三郎」です。

栃木百名山・登山リスト

« 日本百名山「谷川岳」(その9)「トマの耳」から「オキの耳」へ・・・ | トップページ | 日本百名山「谷川岳」(その11)「オキの耳」から下山。「天神ザンゲ岩」まで。 »

2015年9月30日 (水)

日本百名山「谷川岳」(その10)「オキの耳」標高1977mに到着

写真:2015/09/28 PENTAX K-5Ⅱs DA18-250mm使用

Aokinomimi01

山頂付近はガスってたけど

このくらい見れたので、きっと後年 谷川岳を思い出すとき

「紅葉がキレイだった」と そのように わたしは記憶してる、と思います。

Aokinomimi02

Aokinomimi03

深田久弥の日本百名山の谷川岳の部分

耳二つとはいみじくも付けられた名前で、上越線の上牧あたりから望むと、
遠くに猫の耳を立てたように、キチンと二つの耳が並んでいる。

ガイドブックで上記の内容を読んでいたので

コン様 一応、、、猫の耳二つのポーズ 笑

Aokinomimi04_3

オキの耳 標高1977mに到着

山頂には 人がいるので

控えめに 猫の耳ひとつのポーズです^^v

★歩行時間★
谷川岳ロープウェイ天神平駅 → 谷川岳肩の小屋 2時間10分
谷川岳肩の小屋 → 谷川岳・山頂「トマの耳」 7分
谷川岳・山頂「トマの耳」 → 谷川岳・山頂「オキの耳」 20分
合計 2時間37分(休憩時間除く)

Aokinomimi05_2

相変わらずのコンビニおにぎり その他

オキの耳を通過して ちょっとだけ一ノ倉沢方向へ進んだ場所で

Aokinomimi06

食事中、、、周りから 「シャッターチャンス シャッターチャンス!」って

声がしたので

脱いでた登山靴をつっかけて 慌てて撮ったワンカット。

« 日本百名山「谷川岳」(その9)「トマの耳」から「オキの耳」へ・・・ | トップページ | 日本百名山「谷川岳」(その11)「オキの耳」から下山。「天神ザンゲ岩」まで。 »

関東の山々」カテゴリの記事

コメント

ガスの切れ目から見える紅葉が鮮やかでとても綺麗~。
そしてコン様の猫の耳二つのポーズ、かわいい~♪
これは是非自分も・・・って、自分でやっちゃダメか(;^ω^)
やってもらわないと(笑)


リンゴさん、こんばんは
そうそう やって貰わないと~~~
むふふ
ちこさまにお願いして、、
やってもらって下さいませ(ペコリ)
出来たら
山頂で
猫の耳ぽ~~~ず~~~

きっと
かわゆす^^v

リンゴさんでも いいですよ~~~

おはようございます。
正式に”5座目・谷川岳登頂”おめでとうございます
双耳峰ですから、両方を登って初めて踏破...ですよね。
真っ赤な紅葉がとっても綺麗です。朝晩の寒暖の差が
紅葉には必要と言いますがホントに綺麗ですね。
もちろんコン様も...>笑<


ケン坊さん、おはようございます^^
双耳峰
深田久弥の文で
猫の耳と読みましたが
今回
遠くからもその姿を見ること出来ず、、、
いつか
晴れた日に
その双耳峰を生で確認したいと
思っています。
ケン坊さんは
すでに 生見されてると思いますが。

それから
わたしは5座目なんですが
コン様
富士山 1座分先行してますので
来年
行かないと!! ファイティン!!

 おお~、こちらの稜線の紅葉もきれい(^^)
森林限界らしい紅葉もいいんですよね~
 ひとまず日本百名山げっと、おめでとうございます~


Nonさん、こんばんは
途中の登山道晴れてましたが
遠くにみえる
谷川岳山頂
どうみても ガスがかかってるので
着くまでに
消えろ!と念じていたのですが
ダメでした。
ガスが、、、風で流れて
すこしだけ 山頂付近の紅葉が見れたのが
せめてもの幸い?? (^_^;)

この記事へのコメントは終了しました。

« 日本百名山「谷川岳」(その9)「トマの耳」から「オキの耳」へ・・・ | トップページ | 日本百名山「谷川岳」(その11)「オキの耳」から下山。「天神ザンゲ岩」まで。 »