2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

てんきとくらす

水辺の鳥たち

  • ハシビロガモ
    水辺の鳥たちです

「男の料理」の写真

  • ナスの煮びたし
    驚速レシピ付きもあり

登山道脇の昆虫たち

  • サカハチチョウ(春型)
    登山道で出会った昆虫たちです

登山道脇の植物たち

  • メイゲツソウ
    登山道で出会った山野草が中心です

亀三郎写真

  • 亀三郎、初めての産卵
    クサガメ「亀三郎」です。

栃木百名山・登山リスト

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月30日 (水)

日本百名山「谷川岳」(その10)「オキの耳」標高1977mに到着

写真:2015/09/28 PENTAX K-5Ⅱs DA18-250mm使用

Aokinomimi01

山頂付近はガスってたけど

このくらい見れたので、きっと後年 谷川岳を思い出すとき

「紅葉がキレイだった」と そのように わたしは記憶してる、と思います。

Aokinomimi02

Aokinomimi03

深田久弥の日本百名山の谷川岳の部分

耳二つとはいみじくも付けられた名前で、上越線の上牧あたりから望むと、
遠くに猫の耳を立てたように、キチンと二つの耳が並んでいる。

ガイドブックで上記の内容を読んでいたので

コン様 一応、、、猫の耳二つのポーズ 笑

Aokinomimi04_3

オキの耳 標高1977mに到着

山頂には 人がいるので

控えめに 猫の耳ひとつのポーズです^^v

★歩行時間★
谷川岳ロープウェイ天神平駅 → 谷川岳肩の小屋 2時間10分
谷川岳肩の小屋 → 谷川岳・山頂「トマの耳」 7分
谷川岳・山頂「トマの耳」 → 谷川岳・山頂「オキの耳」 20分
合計 2時間37分(休憩時間除く)

Aokinomimi05_2

相変わらずのコンビニおにぎり その他

オキの耳を通過して ちょっとだけ一ノ倉沢方向へ進んだ場所でriceball

Aokinomimi06

食事中、、、周りから 「シャッターチャンス シャッターチャンス!」って

声がしたので

脱いでた登山靴をつっかけて 慌てて撮ったワンカット。

日本百名山「谷川岳」(その9)「トマの耳」から「オキの耳」へ・・・

写真:2015/09/28 PENTAX K-5Ⅱs DA18-250mm使用

Aokinomimihe01

それでは 「トマの耳」から「オキの耳」へ向かいます

近くにいた人は、天気が悪いから行かないって言ってましたが

ピークハンター亀三郎、、、ここまで来たら

行くしか道はありません! 笑

Aokinomimihe02

Aokinomimihe03

「おおおぉ~~」って声がしたので

なんだ?なんだ?と思ったのですが

さっきまでオキの耳で ガス切れ待ちしてたという人の歓声でした。

このとき ガスが少しだけ流れて稜線が見えたんです (^_^;)

Aokinomimi04

オキの耳で ガス切れ待ち?の人たち

Aokinomimi05

登山道から、、、まったく展望見えません (T_T)

日本百名山「谷川岳」(その8)ガスの中、「トマの耳」標高1963mに到着。

写真:2015/09/28 PENTAX K-5Ⅱs DA18-250mm使用

Atomanomimi01

谷川岳肩の小屋近くにあった道標

万太郎山まで6.5km どんな道なんでしょうね

谷川岳山頂までは 0.3km

Atomanomimi02

そして こちらは谷川岳・山頂「トマの耳」に向かう道

Atomanomimi03

ガスで真っ白 寒くもなって来たので

コン様は ウインドブレーカー着用しました。

ケルンに石積みしてます^^v

Atomanomimi09

白い花・・・
*ヤマハハコ・・・ブロ友ケン坊さんから情報頂きました(感謝)

Atomanomimi04

さぁ あとすこし・・・

Atomanomimi05

山頂です^^v

残念ですけど ガスで「白の世界」 展望、、、まったく無しでした (T_T)

Atomanomimi06

谷川岳・山頂 「トマの耳」 標高1963m到着

★日本百名山シリーズ★

コン様は6座目 亀三郎は5座目
・・・富士山分、少ないので、、、早いうち?に登らないと、、、(^_^;)(^_^;)

★歩行時間★
谷川岳ロープウェイ天神平駅 → 谷川岳肩の小屋 2時間10分
谷川岳肩の小屋 → 谷川岳・山頂「トマの耳」 7分
合計 2時間17分(休憩時間除く)

Atomanomimi07

さて

次は もうひとつの山頂「オキの耳」 標高1977mへ向かいます!

日本百名山「谷川岳」(その7)「天神ザンゲ岩」から「谷川岳肩の小屋」まで

写真:2015/09/28 PENTAX K-5Ⅱs DA18-250mm使用

Akatanokoya01

「天神ザンゲ岩」通過・・・

Akatanokoya02

天神ザンゲ岩の上から一枚

Akatanokoya03

Akatanokoya04

Akatanokoya05

そして

谷川岳肩の小屋に到着

★歩行時間★
谷川岳ロープウェイ天神平駅 → 谷川岳肩の小屋 2時間10分
*休憩時間除く

Akatanokoya06

谷川岳肩の小屋入口

Akatanokoya07

鐘を鳴らすコン様

ん、、、

鳴らして良かったのかな??

宿泊者のみ 到着時に知らせるとか、、、(^_^;)(^_^;)

Akatanokoya08

トイレありました^^v 有りがたく利用させて頂きました(感謝)

日本百名山「谷川岳」(その6)ツルリンドウが咲く登山道を進む

写真:2015/09/28 PENTAX K-5Ⅱs DA18-250mm使用

Atururindou06

Atururindou01

ツルリンドウ?

*私を追い抜いていった妙齢の女性ハイカーさんが

 「ツルリンドウが咲いてるわぁ」と言ってたので (^_^;)

Atururindou02

ナナカマドもたくさんありました

Atururindou03

快調なコン様・・・

わたしは だいぶ前から山頂方面のガスが、、、どうしても気になる 笑

Aturuindou04

Atururindou04

振り返って

天狗の留まり場も かなり小さくなりました。

Atururindou05

2015年9月29日 (火)

日本百名山「谷川岳」(その5)「天狗の留まり場」を通過・・・(ハイカーさん多かったので)

写真:2015/09/28 PENTAX K-5Ⅱs DA18-250mm使用

Atengumade01

標高も徐々にあがり 色づいた木々も増えてきた感じが。。。

Atengumade02

うほっ なかなかキレイ^^v

一瞬だけ 疲れが飛びました~~~

Atengumade03

しかし、、、頂上までは、まだまだありそうで

また 気持ちが折れそうに・・・ (^_^;)

Atengumade04

画面左手奥に「赤城山」

*近くを歩いていたハイカーさんたちの話を盗み聞き 笑

Atengumade05

進行方向左手の山は 名前分からず (T_T)

Atengumade06

「天狗の留まり場」通過・・・

Atengumade07

コン様の後に見える大岩が 「天狗の留まり場」

帰り 人が少なかったらあがってみようと、、、話してました。

日本百名山「谷川岳」(その4)本格的な岩場の登りが始まり、「喘ぐ」・・・

写真:2015/09/28 PENTAX K-5Ⅱs DA18-250mm使用

Agoronomiti01

熊穴沢避難小屋を過ぎると 傾斜が 急、、、に、、、

ガイドブックには やや急になる、、って書いてありましたが

亀三郎にとっては、、、「やや」じゃなかったですsweat01

Agoronomiti02

Agoronomiti03

登山道から

Agoronomiti04

家で考えてた時は もう9月も末なので 「防寒」対策!!

でも、、、この辺りの登りでは 暑くて 暑くて 予定以上の発汗が・・・

Agoronomiti05

Agoronomiti06

息があがるので 写真を撮るふりして 休憩する回数が増えてきました 笑

この写真は 歩いて来た道を振り返って

Agoronomiti07

こちらは 進行方向 左手だったと思います。

日本百名山「谷川岳」(その3)熊穴沢避難小屋を通過。登山者カウンターもありました。

写真:2015/09/28 PENTAX K-5Ⅱs DA18-250mm使用

Abunkiten01

スタートの天神平の標識は 3.5kmとあったけど

この標識を足し算すると 3.9km こっちが正解??

Abunkiten02

Abunkiten03

Abunkiten04

なんだか 目指す方向の山の上はガスってるみたい・・・

到着の頃に 快晴!!になって展望良し!になれと、、、願ってました

Abunkiten05

ナナカマド

Abunkiten06

熊穴沢避難小屋 通過

二股(いわお新道)分岐

*ちなみに帰路 確認したのですが二股方面の登山道はロープが

 張られていて通行出来ないような??

Abunkiten07

登山者カウンター通過

日本百名山「谷川岳」(その2)木道の上の「ウンチ」に、ちょっと緊張

写真:2015/09/28 PENTAX K-5Ⅱs DA18-250mm使用

Atenjinyama01

ロープウェイ天神平駅から もうひとつリフトを乗り継ぐと

『天神峠』に行けるようです。

*チケット購入時

「谷川岳に行く場合 リフトを乗り継いだ方が楽ですか?」と訊いたのですが

「あまり変わらないし、谷川岳を目指す人は天神平から歩く人が多いです」

との返事だったので、亀家も多数派に従いました 笑

Atenjinyama02

振り返って ロープウェイ天神平駅

Atenjinyama03

紅葉^^v

Atenjinyama04

Atenjinyama05

Atenjinyama06

鮮やかな紫色の花

*トリカブト・・・ブロ友ケン坊さんから情報頂きました(感謝)

Atenjinyama07

登山道から

Atenjinyama08

ん、、、これは 誰の???

プーさんにしては 小さい? 狸にしては 臭くない?

日本百名山「谷川岳」(その1)ロープウェイを利用して「天神平」へ

日本百名山「谷川岳」へ行って来ました。

写真:2015/09/28 PENTAX K-5Ⅱs DA18-250mm使用

Atanigawarope01

谷川岳ロープウェイ山麓駅で

登山カードを記入するコン様

Atanigawarope02

ロープウェイ乗り場に向かう通路にて

Atanigawarope03

久しぶりの山歩きで ルンルンのコン様^^v

Atanigawarope04

★ 谷川岳ロープウェイ ★

Atanigawarope05

ロープウェイ天神平駅 標高1319m

谷川岳まで 3.5kmの標識

Atanigawarope06

天神平にて記念撮影

Atanigawarope07

さて いざ出陣!!

グーグル地図 / sumabo募金 / 今日のNews

2015年9月27日 (日)

古河市:道の駅「まくらがの里こが」で、米銀の『お弁当』

権現堂堤で彼岸花を見た帰り道
新4号沿いにある 古河市の「まくらがの里こが」でお買い物。
そのとき 夕食用に買った お弁当2種です^^v

写真:2015/09/24 Nikon P5100使用

   ★ まくらがの里こが ★

   ★ 米銀 ★

Akomegin01

野菜たっぷり中華丼 これは コン様分

Akomegin02

海老天入り天丼 これは亀三郎分

2015年9月26日 (土)

幸手市:「権現堂堤」(その2)トリムコース、570回往復すると札幌まで*最終回

写真:2015/09/24 Nikon P5100使用

Atorimu01

Atorimu03

遊歩道を南の方へ 突き当りの地点

Atorimu02

なんと 権現堂堤トリムコース!!(普通の遊歩道かと・・・(^_^;))

往復1700m これを570回往復すると 札幌まで走ったことになる・・・と

ん、、、570回なら 案外出来そうじゃん!って 一瞬思ったんですが

どれだけ時間をかけるか、の問題ですよね (^_^;)(^_^;)

Atorimu04

桜の木の枝に触ろうと ジャンプするコン様

ん、、、ジャンプ出来てない??

Atorimu05

反対側まで行って、1往復はしてみようかと、、、思いましたが

雨が本降りになってきたので 帰ることに (T_T)

Atorimu06

おまけの ピンク系

Atorimu07

もひとつおまけの イエロー系

                                            以上

幸手市:「権現堂堤」(その1)彼岸花の群生地・・・ちょっと終盤戦・・・

お天気が いまひとつでしたが
コン様と 埼玉県幸手市の権現堂堤へ
彼岸花の見物に行って来ました^^v

写真:2015/09/24 Nikon P5100使用

Agongendou01

★ 幸手市 観光協会 ★

Agongendou05

権現堂堤は 以前

中姉 コン様と3人で 水仙の時期に来たことがあります。

なので 今回2回目^^v

Agongendou02_2

 

Agongendou03

Agongendou04

シンメトリーに撮れてないのは 僕のせい?

それとも 地形のせい?? (^_^;)

グーグル地図 / sumabo募金 / 今日のNews

栃木百名山「三毳山」(その4)中岳・山頂(標高210m)へ*最終回

写真:2015/09/23 SONY TX-5使用

Anakadake01

青竜ケ岳から中岳への途中

みかもの関跡(伝承)を通過・・・

Anakadake02

そして 車道を横切り鉄製の階段へ・・・

Anakadake03

Anakadake04

Anakadake05

このあたり ふたりとも ちょっと疲労感・・・

復帰戦?にしては 頑張りすぎ?? (^_^;)(^_^;)

Anakadake06

そして 中岳山頂 標高210mに到着

青竜ケ岳からここまで 所要時間 45分位clock

Anakadake07

山頂には 萩の花が咲いてました んん、、、萩でいいのかな 心配

                                           以上

栃木百名山「三毳山」(その3)コン様、2度目の青竜ケ岳山頂に

写真:2015/09/23 SONY TX-5使用

Amikamosantyou01

コン様 「ジーパンだから歩きにくいよぉ~~~」と sweat01sweat01

Amikamosantyou02

でも なんだかんだで

こんな景色になると 山頂はもうすぐ^^v

Amikamosantyou03

そして

コン様 2度目の青竜ケ岳 山頂 GET!!

駐車場から所要時間 45分でしたclock

Amikamosantyou04

山頂からの景色

アゲハチョウは ボケちゃいましたが (^_^;)

Amikamosantyou05

なんだか 山頂、、、

ずいぶん草深くなったような??

さて、、、次は「中岳」に向かいますrun

栃木百名山「三毳山」(その2)駐車場には、金木犀の香り・・・

写真:2015/09/23 SONY TX-5使用

Amikamoyama01

左側 アンテナが見えている青竜ケ岳に向かいます

Amikamoyama02

この時期 あちこちで金木犀の香りが・・・

Amikamoyama03

林の中へ

駐車場のあたりは 陽が射してて暑い感じでしたが

このエリアに入ったとたん 涼しくなりました

Amikamoyama04

シロニガナ??

Amikamoyama06

整備された登山道を進みます・・・

Amikamoyama07

勿論 階段もけっこうあります 笑

2015年9月25日 (金)

栃木百名山「三毳山」(その1)麓のそば処「円仁庵」でお昼ごはん

岩船山下山後、
なんか歩き足りない感?が二人にあって
ならば近くの「三毳山」へ行ってみよう!って事になりました。
ハイキングの前に 腹ごしらえは
そば処「円仁庵」さん

写真:2015/09/23 SONY TX-5使用

Aenninan01

シルバーウィーク最終日で、お店はかなり混雑してました。

写真は、食後、、、お客さんの少し引けた時点で (^_^;)

Aenninan04

店内に飾ってあったカワイイ絵

Aenninan02

店内風景

お座敷もありますが 順番で通されたのはテーブル席

ちなみに お水 お茶は セルフサービスです。

Aenninan03

亀三郎 もりそば大盛り 760円

コン様 大根そば 640円

舞茸の天ぷら 380円 をひとつ 付けました。

栃木の山々「岩船山」(その7)崩落場所を眺めながら下山*最終回

写真:2015/09/23 FUJI F1000EXR使用

Aiwafuneekihe01

帰路は 往路で使った表参道(612段)に向かわず

反対側の太平山方面への車道を下り 岩舟駅方面に。

遠回りになりますけど 笑

Aiwafuneekihe02

あそこが 東日本大震災で崩落し 地蔵橋が落ちたあたりでしょうか?

Aiwafuneekihe03

だいぶ下ってから 望遠端でもう一度・・・

あそこ 崩落前 地蔵橋という橋がかかってる時に歩いてみたかった

Aiwafuneekihe04

車道を歩いて 岩舟駅に向かいます

Aiwafuneekihe05

馬不入山まで2.3km 岩舟駅まで1km 地点
関東ふれあいの道 になっています。

Aiwafuneekihe06

なにか野菜の花??

*オクラの花・・・ブロ友Lucianさんから情報頂きました(感謝)

                                         以上

2015年9月24日 (木)

栃木の山々「岩船山」(その6)『西院の河原堂』の裏手は、崖で危険です

写真:2015/09/23 FUJI F1000EXR使用

Atikurin01

西院の河原堂の右手には竹林があったので 

そちらの方面 探検してみることに・・・

Atikurin07

Atikurin02

注意して下さいと 言われていたけど たしかに、、、

柵もロープもなくて すぐ崖って場所に、、、

Atikurin03

こんな感じなので もし 子供とかいたら近づかないようにしないと、、、(^_^;)

Atikurin05

そして 今度は西院の河原堂 左手奥へ、、、

踏み跡を辿っていくと トラロープ、、、

Atikurin04

トラロープの場所から

Atikurin06

同じくトラロープの場所から

木々で覆われてますが、この先が崩落箇所??

以前、登山道(地蔵橋があった場所)?で

使われてた場所でしょうか??

栃木の山々「岩船山」(その5)『三重塔』から『西院の河原堂』へ

写真:2015/09/23 FUJI F1000EXR使用

Asanjyuu01

岩船山の三角点を確認したあとは 階段を使ってお堂方面へ

ん、、、

ということは、斜面を登らなくても こちらから階段で行けたんだ (^_^;)

Asanjyuu02

本堂裏手へ・・・

Asanjyuu03

そして 三重塔を見学

Asanjyuu04

正面から記念写真

Asanjyuu05

次は 西院の河原堂に行ってみます

入口の水子供養の風車売店の人から

「崖」になってる場所があるので注意して行って下さいと・・・声をかけられました。

Asanjyuu06

西院の河原堂

西院の河原 = 賽の河原 との事です。

賽の河原で 地蔵が子供を救う・・・ということから

西院信仰も普及したそうです。

2015年9月23日 (水)

栃木の山々「岩船山」(その4)岩船山・三角点を求めて(標高172.7m)

写真:2015/09/23 FUJI F1000EXR使用

Aiwafunesankaku01

塔婆を安置したので

岩船山 三角点を探しに行きます

Aiwafunesankaku02

うちの塔婆を安置したお地蔵様の後にも広がる 塔婆の林

これらの裏側にまわり・・・

トラロープを越えて・・・(^_^;) 藪こぎして進む・・・

Aiwafunesankaku03

藪の中の タマゴタケ?

Aiwafunesankaku04

そして 謎の巨大キノコ

Aiwafunesankaku05

トラロープから15m?くらい先にあった 見晴台

フェンスがあって先には行けません (^_^;)

Aiwafunesankaku06

見晴台からの景色

Aiwafunesankaku07

御手水鉢?のようなものの裏側にあった三角点!

Aiwafunesankaku08

上の写真では文字が読みにくかったので

カメラの測光方式をスポットに変更して撮影

栃木の山々「岩船山」(その3)塔婆の林の中・・・お地蔵様のもとに安置する

写真:2015/09/23 FUJI F1000EXR使用

Aiwafunehondou01

そして 塔婆を購入して亀母の戒名 施主の私の名前を書いてもらい

本堂で供養してもらいました

Aiwafunehondou02

本堂脇の塔婆の林・・・

Aiwafunehondou03

この斜面を登って 

比較的高い位置にあるお地蔵様の足元に

うちの塔婆を安置しました

Aiwafunehondou04

塔婆の林の上部から本堂を臨む・・・

Aiwafunehondou05

Aiwafunehondou06

今頃は 父と彼岸で仲良くしてると思います・・・

栃木の山々「岩船山」(その2)600段の階段を登り「高勝寺・山門」に到着

写真:2015/09/23 FUJI F1000EXR使用

Aiwafunekaidan01

さて

いよいよ 600段の階段の始まり

ちなみに コン様、、、数えたのですが、、、612段だったとか、、、

正解やいかに (^_^;)

Aiwafunekaidan02

供養のため 階段をのぼるひと・・・

Aiwafunekaidan03

階段が終わったところの見晴らし台

Aiwafunekaidan04

このくらいは 登ってきたみたいです

Aiwafunekaidan05

そして・・・高勝寺・山門に到着

Aiwafunekaidan06

栃木の山々「岩船山」(その1)JR岩舟駅前から、高勝寺を目指す 

亀母の供養に 岩船山「高勝寺」に行って来ました。
亀父が亡くなった2010年にも来てるので
今回2回目
でも 前回はお寺まで車で登ったのですが
今回は、表参道(600段の階段)を自力で登ります^^v

写真:2015/09/23 FUJI F1000EXR使用

Aiwafuneeki01

JR岩舟駅近くの無料駐車場からスタート

Aiwafuneeki02

岩船山 参道入口で記念写真

Aiwafuneeki03

岩船山参道 (とちぎの道と川百選)

山頂へと、、、看板もあります

超低山ですが、、、一応、、、登山気分も、、、(^_^;)

Aiwafuneeki04

Aiwafuneeki05

Aiwafuneeki06

今日は お彼岸の中日 

花の主役は 彼岸花??

Aiwafuneeki07

いや、、、咲き加減で言えば 主役はコスモスでしょうか・・・

2015年9月21日 (月)

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのお土産(ハリー・ポッター 百味ビーンズ)

昨日(20日)は お彼岸入リで お墓参りへ・・・
世の中シルバーウィークで 行楽地(山歩きも)へ出掛ける人多いですが
うちは、、、いろんな事情で 「くすぶり」継続中 (T_T)(T_T)

写真:FUJI F1000EXR使用
    コン様のお友達からの「お土産シリーズ」
    ハリー・ポッター 百味ビーンズ

Aharipota

いろんな味がありました

頂いた中には 「鼻クソ味」は 入ってなかったようです

★ 遊園地 ドットコム ★

2015年9月14日 (月)

味の庄 伯備「たい押し寿司」&「うな重弁当」

14日 ☼
栃木 茨城 宮城 大水害の影響で
小山市 広範囲で断水が続いてました
復旧は 13日
水がないと トイレが一番困りますね・・・
タンクに 2Lペット × 5本 注入して流してました
苦労して分かる 水道の有り難さ・・・

写真:FUJI F1000EXR使用

    或る日の「晩ご飯シリーズ」
    コン様がお出掛けした時のお土産です^^v

Aunagi02

味の庄 伯備 たい押し寿司

Aunagi03

鯛の押し寿司 見切り品 500円

鯖はけっこうあるけど 鯛は、関東では珍しい??

Aunagi01

うな重弁当

2500円のお品が 1800円へ見切り品になってたので

思い切って?買ったそうです 笑

2015年9月 9日 (水)

小山市:「ステーキ宮」で、日替わりランチ&宮ロースランチ

9月9日 ☂ 風・・・台風18号の影響で・・・

写真:FUJI F1000EXR使用
    ある日の「お昼ご飯」シリーズ

Amiya04

左の冷たいジャガイモのスープが美味しかったです^^v

ビシソワーズって、言ってもいいのかな(^_^;)

Amiya01

コン様は、日替わりランチ

この日は ロースステーキ3切れ と 鶏の唐揚げ

スープバー ライス付き

Amiya02

私は、宮ロース(150g)ランチ

スープバー ライス付き

タレは U字工事が推奨してる?の『宮のタレ』をチョイス^^v

ちなみに コン様は和風しょうゆダレ(甘口)をチョイスしてました。

Amiya03

ペレット?にのせて 温めてから頂きます。

2015年9月 3日 (木)

下野市:「道の駅 しもつけ」内『本気家源天』で、桜豚しょうが焼き定食 & 店長いちおしカレー

9月3日 朝のテレビで、小山市議会副議長の不祥事が・・・

朝から 怒りの「小山弁」(北関東訛り)を聞くことになるとは・・・sweat01sweat01

写真:au k-011(ケータイ)使用
    或る日の「お昼ごはん」シリーズ

   ★ 本気家源天 HP ★

Asimotuke01

私は 「桜豚しょうが焼き定食」

味付けは かなり濃いめ(栃木風??)

ほんとは 手打ち蕎麦を食べたくて入ったのですが

人気らしくて すでに売り切れでした (T_T)

Asimotuke02

コン様は 地元野菜たっぷりのカレー

「店長いちおしカレー」

ちょっと味見しましたが 美味しかったです^^v

2015年9月 1日 (火)

小山市:「大戸屋」で、四元豚のヒレカツ定食*五穀米大盛り!

写真:FUJI F1000EXR使用
    或る日の「お昼ごはん」シリーズ

★  大戸屋 メニュー紹介 ★

Ayongenton

「四元豚(よんげんとん)のヒレカツ定食」

前回 このお店に入った時 普通盛りを注文して

ちょっと 物足りなかったので 今回は 「大盛り」にしてみました^^v

向こう側のコン様のは

「真鱈と野菜の黒酢あん定食」^^v

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »