2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

てんきとくらす

水辺の鳥たち

  • ハシビロガモ
    水辺の鳥たちです

「男の料理」の写真

  • ナスの煮びたし
    驚速レシピ付きもあり

登山道脇の昆虫たち

  • サカハチチョウ(春型)
    登山道で出会った昆虫たちです

登山道脇の植物たち

  • メイゲツソウ
    登山道で出会った山野草が中心です

亀三郎写真

  • 亀三郎、初めての産卵
    クサガメ「亀三郎」です。

栃木百名山・登山リスト

« 日本百名山「赤城山」(その1)赤城公園ビジターセンターから、赤城公園へ | トップページ | 日本百名山「赤城山」(その3)ガスの切れ間から「小沼」? »

2015年7月15日 (水)

日本百名山「赤城山」(その2)駒ヶ岳登山口から山歩きスタート

写真:2015/07/15 PENTAX K20D DA18-250mm使用

Akomagataketozankuti01

そして。。。予定の「駒ヶ岳登山口駐車場」に到着

ここから 駒ヶ岳 → 黒檜山(赤城山 主峰)と周回します。

Akomagataketozankuti02

駒ヶ岳・登山口で記念写真

黒檜山・登山口からの周回と迷ったのですが

登りが階段のほうが、「楽」かな、、、と私の判断でこちらに (^_^;)(^_^;)

Akomagataketozankuti03

山歩き開始!

Akomagataketozankuti04

噂に聞いてた(ネットで予習?)階段の始まり・・・

Akomagataketozankuti05

鉄製の長い階段もありました

Akomagataketozankuti06

この白い花が多かったような・・・

Aseri

Aseri02

*上の写真のトリミング 手ブレでスンマソン (^_^;)

*「ミヤマカラマツ」・・・ブロ友ちこさま Lucianさんから情報頂きました(感謝)

« 日本百名山「赤城山」(その1)赤城公園ビジターセンターから、赤城公園へ | トップページ | 日本百名山「赤城山」(その3)ガスの切れ間から「小沼」? »

関東の山々」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
思い出します...この坂、このなが~い階段。
上から見ると何だか頼りないように見えて、
恐る恐る降りた記憶も...
いよいよ赤城山の山歩き開始ですね。


ケン坊さん、おはようございます^^
こちらを下りのほうが良かったですかね
いやいや
黒檜山までのゴーロの登りのほうが
わたし的には
いやだったんです (^_^;)(^_^;)
階段は
登りで使うと
すごくしっかりしたイメージでした 笑

こんにちは。
白い花はヤマゼリですね。
拡大してみてください。おしべが長いと思います。
確定なら初登場です。


Lucianさん、こんにちは
いつも
情報ありがとうございます。
解像度のわるい写真ですいません
薄暗かったので
SS出てなくて手ブレしてる感じで (^_^;)(^_^;)
それから
ヤマゼリ
植物図鑑でみたんですが
葉の形がちがうような
そんな気がするんです。
おしべの出方も違うような??
それで
いま いろいろ調べてみたんですが
ズバリこれだと思うのがなくて
難航中

拡大してみるとやはり違いますね。
小さいと早とちりします。確かに難航中。


まいまい おてすうかけて 申し訳ありません (^_^;)(^_^;)
もしかして、、、
街でも
みかける
いっぱん?の植物でしょうかね??(^_^;)

をぉ、赤城山ですね~♪
私も初赤城は駒ヶ岳からの周回でした。
鉄製階段よりも、黒檜山前の鬼階段に泣きそうでした。(^^;(^^;
さぁ、展望地から、谷川や尾瀬の峰々は拝めたのかな~?

で、白い花。ハルカラマツ。どうでしょう?
ミヤマカラマツ カラマツソウ。。ちょっと自信ないけど、

こんばんは。
↑でchikoやん様が選択肢を提供してくださったので判りました。
ミヤマカラマツです。
ハルカラマツとカラマツソウは托葉がありますが、ミヤマカラマツはないです。
葉の形はミヤマ…が一致します。
確定しました!


ちこさま、こんばんは
でしたか 初赤城は、同じコースだったんですね
そう言われると
大タルミから黒檜山までの階段
たしかに、、、ヘパって、、、
いったん休憩入れました~~~(^_^;)(^_^;)
意外と こたえますよね
そして
展望地、、、、
白い世界で 展望なし
少し 期待してたので、、、残念でした (T_T)

それから
ぜんぶ見たんですが
↓でLucianさんも言われてますが
ミヤマカラマツが
一番可能性が高いと思いました

貴重な情報をありがとうございます。(ペコリ)


Lucianさん、こんばんは
援軍 現る!で助かりました。
わたしも
ミヤマカラマツが一番可能性がって
思ったんです^^v

さっき
左サイドバーをみたら
既出、、、(^_^;)
もそっと大きい写真で
入れ替えが必要ですね
あとで
作業しようと思います。
今回も
ご協力ありがとうございました(ペコリ)

 こんにちは(1) 平日に赤城山でしたか~
我が家も2回目を同じ登山口から登りましたが、
下りが急勾配だから、と不安に思いつつ…でした。

 覚満ヶ淵、きれいですよね~ 一部ではミニ尾瀬と
読んでいたような。宣伝用のパンフだったかも?(^^;)


Nonさん、こんにちは
実は、以前情報を頂いたときに
コン様の場合は 逆回りがいいかな、、、
とも考えましたが
私が 圧倒的に、、、登り階段がいい!!と
思ってたものですから
こちらの登山口をチョイスしました (^_^;)(^_^;)
これは
Nonさんのご主人さまも 同じご意見でしたよね
私の記憶では、、、
たしか、、、(^_^;)

それから
覚満淵
上からみても
あんな感じで 美しいですよね。
ミニ尾瀬と呼ばれてるらしいので
わたしもいつか 散策してみたいと思っています。
そのときは
長七郎山ハイキングとあわせて?? 笑

この記事へのコメントは終了しました。

« 日本百名山「赤城山」(その1)赤城公園ビジターセンターから、赤城公園へ | トップページ | 日本百名山「赤城山」(その3)ガスの切れ間から「小沼」? »