2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

てんきとくらす

水辺の鳥たち

  • ハシビロガモ
    水辺の鳥たちです

「男の料理」の写真

  • ナスの煮びたし
    驚速レシピ付きもあり

登山道脇の昆虫たち

  • サカハチチョウ(春型)
    登山道で出会った昆虫たちです

登山道脇の植物たち

  • メイゲツソウ
    登山道で出会った山野草が中心です

亀三郎写真

  • 亀三郎、初めての産卵
    クサガメ「亀三郎」です。

栃木百名山・登山リスト

« 栃木百名山「氷室山」(その3)今回のコースは、標高差約200mの尾根道歩き | トップページ | 栃木百名山「氷室山」(その5)山頂到着?標高は1123m。 »

2015年4月30日 (木)

栃木百名山「氷室山」(その4)『氷室山神社』へ

写真:2015/04/29 PENTAX K20D DA16-45mm使用

Ahimurosanjinjya01

左側に見える稜線の先が「氷室山」かなって思いつつ歩いてました。

Ahimurosanjinjya02

稜線から近くの山の展望

Ahimurosanjinjya03

下の植林地帯の木が低いので、このエリアは見晴らし良しです^^v

Ahimurosanjinjya04

ん、、、ところが、、、稜線から、気になるピークを巻くような感じで

ずんずん歩いて行ったら、、、

氷室山、、、逆方向の看板が、、、

ううう、、、またまた、通りすぎてしまったみたい。

ピークを巻かずに、真っ直ぐ行く道があったのか、、、(T_T)(T_T)

Ahimurosanjinjya05

仕方がないので、Uターンして

さっき気になっていたピークの方へ向かうと、そこに神社が!!

氷室山神社と思われます。

Ahimurosanjinjya06

神社があれば

お賽銭あげてお参りするのが亀家のパターン。

さて、、、

山頂は、この神社の裏かな??

★歩行時間★
林道登山口 → 氷室山神社 約1時間 *ルートミスで10分位ロス??

« 栃木百名山「氷室山」(その3)今回のコースは、標高差約200mの尾根道歩き | トップページ | 栃木百名山「氷室山」(その5)山頂到着?標高は1123m。 »

栃木百名山」カテゴリの記事

コメント

亀たん ごごごっ
奥様 さすが
亀家の安泰を背負っていらっしゃる

木立の美を感じます。

ではでは後ほど。
これからお役所に行ってきます。

こんにちは、氷室山ってヤマツツジの名所でしたっけ?
あっ、それは熊鷹山か。
ここのところ連日山歩きですか?


ふうこさま、こんにちは 5
だはは
信仰のハイカー 亀三郎&コンって
覚えて下さいまし~~~

演歌のデュオか、、、って
そんな響きも、、、笑


役所ですか
なにか
必要書類が発生したとか、、、
お気をつけて
行って来て下さいまし。


山本さん、こんにちは
そうそう
熊鷹山 山頂手前に
ツツジのトンネルがありますよね
昨年
わたしが行ったときは
終わってましたが
Nonさんちが行かれたときは
最高にキレイでした~~~~

ここのところ
半年
行ってなかった山、、、、
まとめて??
通ってます 笑

こんばんは。
シリーズNo3でツクバキンモンソウかなと言った花は
いつも見かける花よりも”花弁”の部分が鮮やか?
もしかしたら違うかも...(ふうこさんが正しいかな)
写真の1~2枚目は左から右へ歩いて行くんですよね。
4枚目の写真で”氷室山⇒”は逆になってる?
(ケン坊の勘違いでしょうか)
地図も読めないうえに写真も読めないケン坊は失格?


ケン坊さん、こんばんは
あ、、、いけない
まだ、花の写真を見比べてませんでした
あとで、、、確認してみますので
それから、ご報告(私の感想)致します
よろしくお願い致します。
それから
1,2枚めは
方向はそうです
そのあとの
矢印は
だいぶ進んで
今度は進行方向 右側にあったので

いけない、、、
行き過ぎてる、、、って
気が付きました (^_^;)(^_^;)

こんばんは。
花の名の迷宮へようこそ。
ツクバキンモンソウ、タチキランソウ、そしてもう一つの候補が、ニシキゴロモです。
ニシキゴロモの変種がツクバキンモンソウなので親戚です。
いずれも、花冠の上唇が2裂、下唇が3裂していますが、
ツクバキンモンソウだけが、上唇が1~2mmと短く目立ちません。
この特徴が決定打になりました。
ツクバ…の方が正解です。


Lucianさん、こんばんは
花の迷宮!いい表現です。
まさに、その通りです
ただ、、、今回の場合は
どの名前を聞いても ???状態なので
迷宮以前?
亀三郎の場合 赤面
でも
特定できる特徴を見つけて頂き
ありがとうございます。

ツクバキンモンソウ
これで
左サイドバーに登録しようと思います。

引き続き
次がありましたら
次も
よろしくお願い致します。(ペコリ)

この記事へのコメントは終了しました。

« 栃木百名山「氷室山」(その3)今回のコースは、標高差約200mの尾根道歩き | トップページ | 栃木百名山「氷室山」(その5)山頂到着?標高は1123m。 »