2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

てんきとくらす

水辺の鳥たち

  • ハシビロガモ
    水辺の鳥たちです

「男の料理」の写真

  • ナスの煮びたし
    驚速レシピ付きもあり

登山道脇の昆虫たち

  • サカハチチョウ(春型)
    登山道で出会った昆虫たちです

登山道脇の植物たち

  • メイゲツソウ
    登山道で出会った山野草が中心です

亀三郎写真

  • 亀三郎、初めての産卵
    クサガメ「亀三郎」です。

栃木百名山・登山リスト

« 福岡への旅(その22)旧伊藤伝右衛門邸を見学。赤毛のアンになって記念写真。 | トップページ | 福岡への旅(その24)庭園からの建屋の景観、やはり「美しさ」感じました »

2014年11月 1日 (土)

福岡への旅(その23)2階にある白蓮さんの部屋から、庭園を臨む・・・

写真:2014/10/20 PENTAX K-5Ⅱs SIGMA 17-50mm F2.8使用

Ttkd2615

角之間(茶室)

Ttkd2620

座敷から庭を眺める

ちょっとだけ、、、石炭王気分に、、、なれたかも??

Ttkd2629

2階の白蓮さんの部屋から・・・

Ttkd2637

白蓮さんの部屋で記念写真

Ttkd2632

伊藤伝右衛門の力、恐るべし、、、

でも、、、白蓮は、、、

Ttkd2640

どの部屋も作りが凝ってるんですよねぇ

Ttkd2605_2

歌人 柳原白蓮

« 福岡への旅(その22)旧伊藤伝右衛門邸を見学。赤毛のアンになって記念写真。 | トップページ | 福岡への旅(その24)庭園からの建屋の景観、やはり「美しさ」感じました »

国内旅行(中国・四国・九州)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。そして、お帰りなさい。
福岡の旅、お疲れ様でした。
いやー、とても盛りだくさんでしたね。
朝ドラ「花子とアン」、我が家でもすっかり嵌まってましたよ。
家内と二人で伊藤伝右衛門をモデルにした伝ちゃんこと加納伝助のファンでした^^;
伊藤邸、私も行ってみたいです。でも、無理だろうなぁ…。
とてもいいご旅行でしたね。

 こんばんは(3) 俳優さんが伝右衛門の生家などを訪ねる
様子などを、「ぴったんこカンカン」だったかな?で見ました。
「花子とアン」、一度も見ていないので(苦笑)、それから
伝右衛門について、Wikiなどで調べたりして、へえ~って…(笑)

 ん、考えたら、これで3日目でしょうか。すごい、内容ぎっしり…。
あ、かつてツアー旅行にもよく行かれていたのでしたら、
なんでもなかったのかもしれませんね(*゚▽゚)ノ

cat
チャトラさん、こんばんは
花子とアン
うちは、土曜日にやる1週間分の再放送を
まとめて録画して
それを楽しんでおりました。
NHKの連続ドラマは、最近、ずっとそれでやってます^^v
それから
伊藤伝右衛門
加納伝助 かっちょよかったですよね~~~
ああゆうふうには
とても出来ません
おとこ、、、感じましたです。
あのドラマで、一番光っていませんでしたか。

ring
Nonさん、こんばんは
ツアーコンダクター亀三郎、頑張りましたけど
けっこう疲れました
行程もびっしりにしたし
コン様側の親戚なので
それなりの気遣いも必要だったので、、、(^_^;)(^_^;)
それはそうと
花子とアン
見てませんでしたかぁ
う~~それは残念
ドラマを見ていたら、、、白蓮さんの部屋を含め
旧伊藤伝右衛門邸も
違う感じになったかもですね~~~

こんばんは。
おぉ~ 白蓮さんは一人寂しくこの庭園を眺めながら
生活していたんですね。
兄夫婦の進める結婚話に少しばかりの自由を求めて
無理に結婚したようなストーリーになってましたね。
ネットで見ると激動の人生を送ったようです...。

こんばんは、
座敷からの日本庭園の眺めがいいですね。
自分たちだけでないから気も使われたかも‥。
でも地元の人の案内は心強かったかと思います。

日本庭園って比較的ちまちましたイメージがありましたが、これだけ広々としていると気持ち良いですね。
庭を見ながら一杯やって昼寝。
ふと目が覚めると広々とした庭園。

うーん。良いなぁ。
死ぬまでに(大袈裟)一度位はやってみたい(^_^)

snowboard
ケン坊さん、こんばんは
一人寂しく、、、
わたしも、そんな想像をしてました。
まだ、詳しく調べてないので
その激動の人生
ググって、辿ってみようと思います!

pen
武ちゃん、こんばんは
私達が入場したあと
施設の人から
団体さん6組入りま~~すとか
声が聞こえたので
出来るだけ空いてるうちに
見ておこうと、さっさか回りましたです。
人が少なければ
座敷にすわって
ちょっといっぷくしたいような
そんな雰囲気だったんですが、、、

sandclock
まっちゃん、こんばんは
ほんと ほんと
一杯やって、、、膝枕で耳かきしてもらって
まどろんだあと
酔いさましのお茶なんて、、、
こんな座敷で、そんな時間を過ごせたら
夢のようですよね
伊藤伝右衛門さんは
それ
やってたかなぁと思うと、、、羨ましいです。
あ、、、
ここだけじゃなくて
別宅もあったそうなので、、、
忙しかったでしょうねぇ
そうゆう意味で・・・赤面

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 福岡への旅(その22)旧伊藤伝右衛門邸を見学。赤毛のアンになって記念写真。 | トップページ | 福岡への旅(その24)庭園からの建屋の景観、やはり「美しさ」感じました »