2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

てんきとくらす

水辺の鳥たち

  • ハシビロガモ
    水辺の鳥たちです

「男の料理」の写真

  • ナスの煮びたし
    驚速レシピ付きもあり

登山道脇の昆虫たち

  • サカハチチョウ(春型)
    登山道で出会った昆虫たちです

登山道脇の植物たち

  • メイゲツソウ
    登山道で出会った山野草が中心です

亀三郎写真

  • 亀三郎、初めての産卵
    クサガメ「亀三郎」です。

栃木百名山・登山リスト

« 栃木百名山「新湯富士」(その5)栃木の県木「トチノキ」&「オシダ」の群生地 | トップページ | 栃木百名山「新湯富士」(その7)下山後は、大江戸温泉物語「かもしか荘」へ »

2014年6月29日 (日)

栃木百名山「新湯富士」(その6)山頂・標高1184m到着、そして赤白ポールの謎

写真:2014/06/21 PENTAX K-5Ⅱs DA18-250mm使用

Aarayusantyou01

山頂・山名板直前の鞍部(谷?)

Aarayusantyou02

そして、栃木百名山「新湯富士」山頂 到着

「弥太郎山」に続いて、展望なし、、、ドテッ

★歩行時間★

駐車地 → 新湯富士・山頂 1時間 *小休憩含まず

Aarayusantyou03

亀三郎は、2度目ですが、コン様は初めて。

これで

栃木百名山シリーズ、仲良く二人とも42座となりました

Aarayusantyou04

ここは、日光国立公園

Aarayusantyou05

そして、、、祠のある本当の山頂を探したのです。

きっと、上の写真(日光国立公園の看板)の裏手がそうかなと思い
探索したんです・・・赤白ポールも見えたので、、、

Aarayusantyou06

頑張って道なき道?を登ってみましたが、、、

ここには、ポールしかなかった、、、(^_^;)(^_^;)

というわけで、、、祠の探索は、、、次回に持ち越し、、、

« 栃木百名山「新湯富士」(その5)栃木の県木「トチノキ」&「オシダ」の群生地 | トップページ | 栃木百名山「新湯富士」(その7)下山後は、大江戸温泉物語「かもしか荘」へ »

栃木百名山」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
頑張って1180m登りましたね。
こちらは暑くて山にはのぼれないので、私はこれから田舎の温泉へ行きます。
頑張って生きてたてきたので、自分で自分を癒やしてきます。


yodogawaさん、おはようございます^^
お気をつけて
行ってらして下さい~~~
田舎の温泉
どこでしょうか
わたし、最近は泉質のPHが
気になるお歳頃??
PH高めの
ぬったりしたのが
好きになってきてます 笑

どかんと癒やされて
帰ってきて下さいませ^^v

おはようございます。
コン様の登頂42座目おめでとうございます。
これで亀さんと並んだんですね。
(本物の)山頂は見つかりましたか?
(次回とは次の登山機会?)
ケン坊もあのままです...>苦<


ケン坊さん、おはようございます^^
これで、次の山は、ふたり揃って43座目となります。
ふふふ
翌日、、、向かいました、、、よ、、、
同じ塩原エリアで
未踏の山へ!!(^_^;)(^_^;)
それから
せっかく
道もないとこ登ったのに
赤白ポールだけで、がっかり、、、
次の機会に、祠を見つけたいと思います~~~^^v

こんばんは。
今のところ、まだ展望のない頂上は経験していません。
木を植えないようにしたり、切り倒しているのかもしれませんが。
中には鉄骨の展望台を建てている所もあって、自然との不調和に失望させられます。


Lucianさん、こんばんは
栃百には、案外こうゆう山が多いんですよ~~~
でも
展望無しよりは
ありのほうが、、、嬉しいのは正直な気持ち
それと、、、
展望台もあったほうが
周りの山がよく見えていいかな、、、なんて、、、
でも、、、鉄骨は、、、ちょっと雰囲気が、、、あれですかね
せめて木造で (*^^)v

赤い測量ポールがあるのは山名板のある箇所から南に直線で約50m程のところですね。
自分もあそこには行きましたよ。

三角点は山名板から南南西、直線で約160mの箇所で軽い藪の中にあります。
苔むした石祠が一つだけの静寂の山頂でした。


まっちゃん、こんばんは
赤白ポールが南、、、
石祠は南南西、、、
わたしも、ガイド本の地図で方向は
そっちと思ったのですが
踏跡すらなかったような???
軽いヤブ、、、ですかぁ、、、
むむむ、、、どのあたりから取り付くんだろう、、、(^_^;)
いずれにしても
3回目の宿題として、研究しておきますね!!
情報をありがとうございます(ペコリ)

やっぱり
ガーミン、、、買うかな、、、← まだ言ってるわたし、、(-_-;)

 こんにちは 塩原方面で、怒涛の2座げっと~!だったんですね。
うっかり出遅れて、コメントが遅くなりました・・・m(_ _)m
 新湯富士、我が家も2回、山頂を踏んでいますが、すっかり
懐かしい感じがします~ 真冬に同じコースから登った時は、
予想以上の積雪の多さに途中でUターン。良い経験でした(^-^;
 そうそう、改めて、奥様と登頂座数が同じになって良かったですね


Nonさん、こんにちは
そっか、すでに2回も山頂を踏んでいる山でしたか^^v
うふふ
わたしも、大沼側からと新湯温泉側からと2回になりました。
どっちかと言うと
新湯温泉からの方が
噴煙も見学出来るので、
「登山ぽい」??ですかね 笑
それと
そうなんです
コン様と、数が同じになったので
いったん、これで、ホッとしました

この記事へのコメントは終了しました。

« 栃木百名山「新湯富士」(その5)栃木の県木「トチノキ」&「オシダ」の群生地 | トップページ | 栃木百名山「新湯富士」(その7)下山後は、大江戸温泉物語「かもしか荘」へ »