2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

てんきとくらす

水辺の鳥たち

  • ハシビロガモ
    水辺の鳥たちです

「男の料理」の写真

  • ナスの煮びたし
    驚速レシピ付きもあり

登山道脇の昆虫たち

  • サカハチチョウ(春型)
    登山道で出会った昆虫たちです

登山道脇の植物たち

  • メイゲツソウ
    登山道で出会った山野草が中心です

亀三郎写真

  • 亀三郎、初めての産卵
    クサガメ「亀三郎」です。

栃木百名山・登山リスト

« 栃木百名山「鳴虫山」(その14)『憾満ヶ淵』の『並び地蔵』 | トップページ | 栃木百名山「鳴虫山」(その16)『憾満ヶ淵』から『大谷川』に沿って »

2014年5月18日 (日)

栃木百名山「鳴虫山」(その15)『憾満ヶ淵』の水の流れ、清く激しく美しく・・・

写真:2014/05/10 PENTAX K-5Ⅱs DA18-250mm使用

Akanmangafuti01

並び地蔵(化け地蔵)は、天海の弟子百名が寄進したものらしい・・・

Akanmangafuti02

天海と言うと、、、

歴史ミステリーですが、天海 = 明智光秀って話もありますよね、、、

Akanmangafuti03

小さな滝もありました

Akanmangafuti04

ヤマブキ

Akanmangafuti09

山頂で出来なかったので、、、ここで、、、

Akanmangafuti05

Akanmangafuti06

Akanmangafuti08

Akanmangafuti07

« 栃木百名山「鳴虫山」(その14)『憾満ヶ淵』の『並び地蔵』 | トップページ | 栃木百名山「鳴虫山」(その16)『憾満ヶ淵』から『大谷川』に沿って »

栃木百名山」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
天海僧正が明智光秀というのはかなり有力な説だと思います。
日光には明智平という地名もあるし、東照宮には明智家の家紋が多く刻まれています。
織田信長暗殺計画の黒幕は徳川家康とみていいでしょう。
信長は鉄砲の火薬欲しさに、日本侵略をたくらむ伴天連の罠に嵌ってしまったのでした。

こんばんは、
ようやく麓に下山‥清い水の流れ、並ぶお地蔵さんを目にしてホッとした気分になったでしょう。
標高差500メートル差といえどかなり厳しい山歩きでしたね。
人も多かったようで疲れも余計かな。
温泉よりも早く我が家で寛ぎたかったみたい。
帰路の電車では缶ビール飲みながらウトウト‥なんて。  ( ^ω^ )

おはようございます
・・・淵ってつく所何故か綺麗な所が多いですね 気持ちよさそう

おはようございます。
憾満ヶ淵の景色は眺めてても飽きません。
岩を選びながら河原まで入れますが...次かな?
また淵の反対側にある日光植物園から見る憾満ヶ淵も
見応えがありますよね。

こんにちは。
ほんと気持ち良さそうですね~
新緑の中で綺麗な空気をたくさん吸って・・・
そしてその後・・・温泉で・・・
リフレッシュですね


Lucianさん、おはようございます^^3
私もそう思ってるんですが
ウィキペディアによると
その可能性は低く、、、
明智光秀の近親者の可能性が
書いてありました。
でも、、、天海は、光秀のほうが
ロマンがありますよね~~~

本能寺の変
黒幕は
徳川家康、、、
それ、、、激しく同意!!


武ちゃん、おはようございます^^
このくらいの標高差だと
普通のハイカーさんは
らくらくなんでしょうけど
どうも、、、わたしは
まわりを見てると
体力がないほうみたいです、、、、
場数はこなして来てるのですが
体力UPにつながっていない???
あ、、、
それと
車の移動だったので
ビールは、家まで我慢でした。
JR日光駅そばの市営駐車場を
利用したんです~~


夢さん、おはようございます^^
ふふふ、、、、
れいの餃子岩のような形の岩
ありましたよ!
こうゆう場所は
水の流れで削られて
似たような形状になるんですかね。


ケン坊さん、おはようございます^^2
だはは
河原に降りても
反対側からも眺めてないんです
ただ
ひたすら、日光市街を目指しました
あんまし
寄り道する
体力が残ってなかったんです(^_^;)
どうもすんまそん~~~


いちごさん、おはようございます^^
ほんと
気持ちの良いコースを歩きました
お天気も良かったので
最高の一日
あ、、、
ただ
わたしにとっては
ロングコースだったので
疲れてしまって
立ち寄り湯は
今回パス、、、、
お風呂セットは
トランクに積んでいたんですけど、、

こんにちは。
憾満ヶ淵の並び地蔵は見事ですね。
これだけ並んでいると、
自分に似たお顔がありそうな気がします(笑)

川の中の岩肌は、
夢さんのところの・・・
餃子岩?がある所の岩肌に、
質感が似ている気がします。
お地蔵様もこの川も撮ってみたいですね。

上から4枚目の黄色い花の写真、
こういう撮り方良いですね、大好きです。


ペンタスキーさん、こんにちは
この場所、いいでしょう、きっとペンタスキーさんならば
いい写真が沢山撮れると思いますよ~~^^v
お地蔵さんのお顔は
想像ですが、、、
ペンタスキーさんほどの2枚目さんは
いなかったような、、、そんな気がします 笑
それと
そ、そ、、、餃子岩の質感
水の流れで削られると
似たような感じになるんですかね
そんな風に思いました

今年の夏休みは
ご家族で日光!
飽きちゃったかもですが、、、
いかがでしょうか?

この記事へのコメントは終了しました。

« 栃木百名山「鳴虫山」(その14)『憾満ヶ淵』の『並び地蔵』 | トップページ | 栃木百名山「鳴虫山」(その16)『憾満ヶ淵』から『大谷川』に沿って »