2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

てんきとくらす

水辺の鳥たち

  • ハシビロガモ
    水辺の鳥たちです

「男の料理」の写真

  • ナスの煮びたし
    驚速レシピ付きもあり

登山道脇の昆虫たち

  • サカハチチョウ(春型)
    登山道で出会った昆虫たちです

登山道脇の植物たち

  • メイゲツソウ
    登山道で出会った山野草が中心です

亀三郎写真

  • 亀三郎、初めての産卵
    クサガメ「亀三郎」です。

栃木百名山・登山リスト

« 小山市:「祇園祭」(その3)女神輿・・・そして、首筋にはタトゥーも・・・ | トップページ | 小山市:手打ちそば「永」(とこしえ)冷たい生ゆばそば&活〆穴子天と野菜天盛り合わせせいろ »

2013年7月24日 (水)

小山市:「祇園祭」(その4)「かっぽれ」「ひょっとこ」「大神輿」*最終回

写真:2013/07/21 Panasonic GF2 PZ45-175mm使用

Akappore01

「かっぽれ」・・・梅若

Akappore02

このグループは、お隣の栃木市のお祭りでも見たことがあります。

Akappore03

みなさん、お元気です!!

Akappore04

「ひょっとこ」

Akappore05

Akappore06

「大神輿」

Akappore07

Akappore08

男神輿は、女神輿に比べると、担ぎ手の平均年齢が高いようです

Akappore09

以上

こんな感じで、お祭り会場をプラプラしてから
駅ビルで買い物して、そして、選挙投票所へ向かい
しっかり「投票」してきました

« 小山市:「祇園祭」(その3)女神輿・・・そして、首筋にはタトゥーも・・・ | トップページ | 小山市:手打ちそば「永」(とこしえ)冷たい生ゆばそば&活〆穴子天と野菜天盛り合わせせいろ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、亀さん、
良いのか悪いのか、小山の祇園祭も様変わりがすっかり定着して
しまいました。神輿の数もここ数年結構減りました。
なので岩舟から武蔵太鼓を救援に呼んだりしています。
でも、大殿(大神輿)の掛け声が「アンゴシテンノウ」に戻って
良かったと思っています。10年から15年前に「セヤ、セヤ」に
なってしまいまして、須賀神社がこれは何とかしないといけないと
なりました。でも、アンゴシテンノウに完全に戻るまで3,4年では
戻りませんでした。
アンゴシテンノウですが、元々は「ナムゴズテンノウ(南無牛頭天皇)」
が最初なんです。死んだ祖父の頃はナムゴズテンノウだったそうです。
祖父が若かった頃の事ですが、その頃は壬生まで担いで行ったそうです。

亀三郎さん、こんにちは。
こう言った伝統のお祭りが継続されると言う事は
その町が有る手土大きい町でなければ無理なんだと思います。
私の住む新興団地(新興と言っても40年経っていますが)には
何の伝統もなく、住民は高齢化してます。

こんばんは、
地域のお祭り‥女子パワーも盛り上がりに一役かっていますね。
確かにお神輿の担ぎ手も高齢化しているようです。
各地のお祭りにお神輿担ぎに出回っている愛好家もいるようです。

当地のお祭り‥ある町内会のお神輿は電飾で華やかです。
この夏は、地元の夏祭りは出かけていて見られず残念でした。
大神輿の背後にあるフィットネス・クラブのカーブスの看板!  (^_^)v
我が家の近所にもあり、うちのが先月から通ってます、いつまで続くやら。

おはようございます
最近ひょっとこのお面かぶっている人あまり見かけなくなりました


山本さん、おはようございます^^
掛け声が、「セヤセヤ」に変わっていた時期、、、、
全然、記憶にありませんでした
その頃は、お祭り会場に足を運ぶという事が
無かったんだと思います。
私の年代的に、、、週末はゴルフに熱中してた
頃なので、、多分、
それにしても、お祖父様の頃
壬生まで担いで行ったというのは、凄いですね!
今は、市内だけ、それも、、、ごく一部分でしょうか。

PS 応援部隊が多くなりましたよね
   かっぽれのグループも
   東京からの遠征のような気がします。
  


るーちゃん、おはようございます^^
なるほど、、、、そう言われると
わが町は、人口16万人ですが
歴史は、、、案外、、、あるのかも、、、、
何と言っても??
徳川家康の「小山評定」
ここから方向転換して、
関ヶ原に向かった史実が有名ですから。


武ちゃん、おはようございます^^
そうそう、最近はどこの街でも外人部隊(助っ人)が
多いみたいですねぇ
そして、ご存知の「お神輿」専門に
各地を渡り歩く「担ぎ手プロ?」みたいな人がいるようです。
今回は
肩にでっかいコブが出来てるひとは
見れませんでしたが
「やわたんまち」では、いましたからね~~~

それから
フィットネス
上尾の方にもありますか(笑)
そして、奥様が、、、なるほど、なるほど
でも、フィットネスは案外、続くような気がしますよ~~~
武ちゃんが、ドキッとするような
体型になられるのも、、、時間の問題??

PS 神輿に電飾、、、それは、まだ経験がないです。


夢さん、おはようございます^^
だはは
わたしは、、、毎年、見てます
たぶん
踊ってる人は、、、同じ人のような気がしますが、、、(笑)

おはようございます。
小山に祇園祭があったのですね。
伝統のお祭りが見れて良かったですよ。
こちらか見れば大阪天神祭みたいです。
男衆の若い人が少ないのは寂しいですね。


yodogawaさん、こんにちは
そうなんです
小山ですけど、祇園祭
そちらの天神祭とは、規模など
全然違うと思いますが
毎年、続いている「夏の風物詩」です^^v
来年以降は
男神輿は、もっともっと
ヤングパワーが出てきて欲しいって
思っています!

 こんばんは 私が生まれ育った福岡県は、山笠なんですね
(博多ではないですが、県内一帯に山笠が広まったんだと思います)。
 なので、都内で見ていた時も、色んな地域のお祭りを写真で見ても、
静か~な感じがします(゚ー゚; 最近はよく踊りもありますしね~~
 ふと、郷里のお祭りを思い出したNonでした~(*´ェ`*)


Nonさん、おはようございます^^
山笠、見てみたいです。
激しいお祭りですよね
たしか
男衆は、ふんどし姿で
観衆から、水とか、かけられる、、、
そんな内容でしたかね。
あ、、、わたしの思い違いだったら、すいません(汗)
それと
前にお話したかもですが
コン様の両親は、福岡の田川郡の出身なので
親戚がいる関係で
わたし、一度、田川まで行ったことがあるんです。
福岡空港から
山をふたつくらい?越えて
やっとたどり着いたって感じの場所、、、、(笑)
そのとき
丁度、夏祭りのシーズンで
夜、、、盆踊りをやってたのを記憶してます。
もちろん、、、曲は「炭坑節」!!

この記事へのコメントは終了しました。

« 小山市:「祇園祭」(その3)女神輿・・・そして、首筋にはタトゥーも・・・ | トップページ | 小山市:手打ちそば「永」(とこしえ)冷たい生ゆばそば&活〆穴子天と野菜天盛り合わせせいろ »