2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

てんきとくらす

水辺の鳥たち

  • ハシビロガモ
    水辺の鳥たちです

「男の料理」の写真

  • ナスの煮びたし
    驚速レシピ付きもあり

登山道脇の昆虫たち

  • サカハチチョウ(春型)
    登山道で出会った昆虫たちです

登山道脇の植物たち

  • メイゲツソウ
    登山道で出会った山野草が中心です

亀三郎写真

  • 亀三郎、初めての産卵
    クサガメ「亀三郎」です。

栃木百名山・登山リスト

« 小山市:「祇園祭」(その2)女神輿・・・担ぎ手さんのいろいろなヘアースタイル | トップページ | 小山市:「祇園祭」(その4)「かっぽれ」「ひょっとこ」「大神輿」*最終回 »

2013年7月23日 (火)

小山市:「祇園祭」(その3)女神輿・・・そして、首筋にはタトゥーも・・・

写真:2013/07/21 Panasonic GF2 PZ45-175mm使用

Atatoo01

Atatoo02

逆光加減で望遠端のせいか暗くなっちゃいました。
Jtrimでちょっとプラス補正・・・

Atatoo08

Atatoo03

よく見ると、首筋にタトゥーが・・・

Atatoo04

はじける若さ!
でも、、、これも暗くなっちゃった、、、

Atatoo05

Atatoo06

Atatoo07

髪の毛、、、たくさんあって、、、いいな・・・

« 小山市:「祇園祭」(その2)女神輿・・・担ぎ手さんのいろいろなヘアースタイル | トップページ | 小山市:「祇園祭」(その4)「かっぽれ」「ひょっとこ」「大神輿」*最終回 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

 こんばんは 写真を拝見していて、ふっと思ったこと。
女神輿は笑顔に溢れていますね!!ヽ(´▽`)/
男性陣は「勇ましさ」が重要なためか、真剣顔で、
ニコニコしている人って見かけないよなって~。
女性の方が楽しんでる感じが伝わって、思わずこっちも
笑顔になるような気がします。もちろん華やかですし。
 最後の一文、男性の永遠の悩みでしょうか(゚ー゚;

おはようございます
私タトゥー大嫌い 入れ墨素人さんがしたらだめですよ・・・
私の中ではタトゥー=入れ墨です やはり頭固いのかな

おはようございます、亀さん、
僕が子供頃は、女は神輿を担いではいけない担ぐものではないと
言わば女人牽制でした。今は無くてはならない存在になりましたね。
来年神輿を担いで欲しいと言われたのは、町内の高齢化が一番の
理由です。高齢化が進み、その上折角作った「アンゴシテンノウを
守る会」の意味も危ぶまれてしまいます。

女神輿は華があって良いですね。
うなじから肩にかけてのラインが妙に色っぽくて・・・。
髪の毛・・・少し分けて欲しいです(^_^;)

こんにちは。
女性が御神輿を担がれているのは
華もあるしかっこいいですね。
でも、やっぱり男性が勢いよく
担がれているのがお祭りって感じでいいですね!
タトゥー・・・は、私も頭が固いのか・・・
どうも受け入れられないんですよ
今はファッションで入れられてる方が多いけれど・・・


Nonさん、こんにちは
す、、、鋭い、わたしも同じ事を感じていました。
女神輿は、笑顔満載
男神輿は、苦渋の表情?って、、、
きっと、人生を楽しむのも
女性が上なのかと、、、思いが飛躍してしまいます(笑)
それから
髪の毛、、、ここ2,3年、、、急に量が減ってしまって
毎日
焦っています、、、
ほんの12,3年前は、、、
「あんた、髪の毛多いねぇ、、、カツラかい??」なんて
冗談抜きで言われていたのに・・・・


山本さん、こんにちは
ですよね、昔はそうでした
女神輿、、、ありえない!って時代だったですよね
それが、今は
大神輿よりも、、、カメラマンが群がる?
祭りの目玉のような気もします(汗)
PS 高齢化、、、各方面、、いや、、日本全体の問題ですね
   なんとか、、、また、、、日本を盛り上げて欲しいけど
   冗談抜きで、、、
   「産めよ 増やせよ」政策が、必要かも、、、(汗)


夢さん、こんにちは
たしかに、、、その筋の人っていうのが
イメージですよね
ただ、今は
完全にファッションで、、、
夢さんや、私が持ってるイメージ、、、
そのイメージすら、若い人はないのかも
って気がします。


リンゴさん、こんにちは
ふたつとも、まったく同感でございます
うなじ、、、については
詳細を語ると、、、顰蹙かうので差し控えますが、、、(ドテッ)
髪の毛のほうは
毎日
育毛トニックで
頭皮を揉んでおりますです、、、


いちごさん、こんにちは
たしかに、男神輿は大きくて、迫力があるけれど
小山の場合は、、、
掛け声も小さい?
もみ、、、もない?ので、、、
ちょっと元気がない感じでした。
やっぱり、、、今は女性の時代???(汗)
それと
タトゥー、、、
ファッションですよね~~~
多分ですけど、
感覚は、ネイルアートと同じ、、、そんな気がします。
え?
わたし、、、
入れてませんよ~~~

こんばんは。
女神輿は、伝統を重んずるよりも観光と集客にシフトするための演出でしょうか。
厳密に言えば、大相撲の土俵に女性が上がってはいけないのと同じ理由です。
現代は神事も大切だけどエンターテインメントも必要なんですね。
首筋はホントにタトゥーですか。心霊写真じゃないですよね?

こんばんは。
最近では何でもありの世界となりましたね。
神聖な神輿担ぎも...
日本の伝統は何処へ行ってしまったのか?
若い人に迎合し過ぎのような気がします。
お祭だから良いかって...
これも時代ですか? 
時代という言葉で片付けたくないですが!


Lucianさん、おはようございます^^
ですです、少しでも祭りを盛り上げようと
主催者側は
いろいろな企画を考えているみたいです。
かっぽれも、、、武蔵太鼓も、、、
あと他の催事も、
かなり、外部招聘が多いと思います。
そして、、、女神輿も
担ぎたい希望者
いろんな所から来てるような気がします~~~

PS し、、、心霊、、、
   むむむ、、、もしかしたら、、、そうだったかも??(滝汗)


ケン坊さん、おはようございます^^
時代と言う言葉で、、、なるほど、、、そうですよね
神事ですから
昨今のスタイルは、伝統崩壊のようかも、、、
ただ
カメラマンとしては
若い女性の躍動は
被写体として、最高なんです~~~
って、、、、
亀三郎は
プロカメラマンじゃないけど、、、(赤面)

この記事へのコメントは終了しました。

« 小山市:「祇園祭」(その2)女神輿・・・担ぎ手さんのいろいろなヘアースタイル | トップページ | 小山市:「祇園祭」(その4)「かっぽれ」「ひょっとこ」「大神輿」*最終回 »