2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

てんきとくらす

水辺の鳥たち

  • ハシビロガモ
    水辺の鳥たちです

「男の料理」の写真

  • ナスの煮びたし
    驚速レシピ付きもあり

登山道脇の昆虫たち

  • サカハチチョウ(春型)
    登山道で出会った昆虫たちです

登山道脇の植物たち

  • メイゲツソウ
    登山道で出会った山野草が中心です

亀三郎写真

  • 亀三郎、初めての産卵
    クサガメ「亀三郎」です。

栃木百名山・登山リスト

« 栃木百名山「社山」(その6)『阿世潟』から『阿世潟峠』まで所要時間24分 | トップページ | 栃木百名山「社山」(その8)雨量観測所の下の岩場にて、「男体山」の雲を掴めず・・・ »

2013年7月10日 (水)

栃木百名山「社山」(その7)『阿世潟峠』から「社山」は、1.3km表示でした。

阿世潟峠の道標に「社山」1.3kmとありました。

写真:2013/07/07 PENTAX K20D DA18-250mm使用

Anoborihajime01

登り始めで、「阿世潟峠」を振り返って一枚。
登山道脇の右の白い幹が「白樺」、左の黒系の幹が「ダケカンバ」でしょうか?

Anoborihajime02

進行方向左手に展望が開けて来ました。
たしか、、、西へ進んでるはずなので、南方向になると思います。
100均で買ったオイルコンパスは持ってるのですが、、、
ザックに入れっぱなしで、、、出すのが、、、面倒だったもので

*足尾の山並み・・・ブロ友ケン坊さんから情報頂きました(感謝)

Anoborihajime03

上の写真のズーム

Anoborihajime08

先行するリーダーのコン様が、何か花を発見。
「亀ブー、ここまで来たら撮っておきなさい」と指示あり。

Anoborihajime07

これは、ハナニガナですよね?

Anoborihajime04

途中で、亀三郎より15歳以上歳上とみられる熟女ハイカーさんに
スタタタンと抜かされました、、、早い、、、単独で来るレベルなので
社山ですら、健康登山の一座なのかな、、、と、がく然とした瞬間。

Anoborihajime05

だんだん、景色が良くなって来ましたよ^^v

« 栃木百名山「社山」(その6)『阿世潟』から『阿世潟峠』まで所要時間24分 | トップページ | 栃木百名山「社山」(その8)雨量観測所の下の岩場にて、「男体山」の雲を掴めず・・・ »

栃木百名山」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
進行方向左手に見える山は足尾方面の山並みだと思います。
コン様をも追い抜く熟女ハイカーが居ましたか?
コン様を抜くとは命知らずというか根性がありますね~>笑<
標高が高くなってきましたね...山頂まで1.3㌔ですから
間もなく31座征服!
ケン坊は気が早いから”おめでとう”を言っちゃいますね。

 こんばんは 最後の1枚、社山を歩いていない私には新鮮です(゚ー゚)
 単独女性、たまに早い方がいらっしゃいますね。ずっと年上の方
だったりすると、人間、鍛えられるものだなぁと感心したり(笑)
 最近はランニングブームもあるから、年齢じゃないって思いますね(^^;)


ケン坊さん、こんばんは
左手に見えるのは、足尾の山々ですね
了解です
情報ありがとうございます(ペコリ)
それはそうと、、、、
ほんと、健脚に見えました
あの熟女ハイカーさん。。。。
毎日登っているような
そんな雰囲気もありましたよ、、、
でも、、、
見たせいで
亀三郎も、まだまだ、、、これから頑張れるって
思い直しました!!
PS 31座、、、おかげさまで無事下山できました。
   ありがとうございます。
   わたしも、早めのお礼で、、、失礼します(汗)


Nonさん、こんばんは^^
そうそう、年齢じゃないって、改めて思いました。
なので
虚弱児おじさん亀三郎も、、、
これからの鍛え方によっては
それなりのハイカーになれるかな??
なんて、、、
妙に、、、変なやる気が沸いて来ましたよ~~
むふふふ
PS 社山の登山道からの景色
   噂に違わぬ絶景でした^^v
   Nonさんちも、ぜひ、、、近いうち、、、か
   紅葉の時期に、、、行かれて下さい。

あはは、ご年配でも達者な方っていますからね~♪
うちの写真塾でも、私の母親ぐらいの年齢の方が、SONY α99に105㎜マクロで凄い幻想的な写真を撮ってます。
あーゆーのを見ると、「参りました、先輩!」と素直に頭が下がります。^^v


黒顔羊さん、こんばんは
ハイキングとカメラとジャンルは違えど
まったくその通りだと思います。
記事では
書けませんでしたが
も、、、もしかすると、、、母親の年齢に近い???
そのくらいの「驚愕度」だったんです。
でも、
あの方をみて
わたしも、、、まだまだ頑張れる!!って
思い直しました~~~

この記事へのコメントは終了しました。

« 栃木百名山「社山」(その6)『阿世潟』から『阿世潟峠』まで所要時間24分 | トップページ | 栃木百名山「社山」(その8)雨量観測所の下の岩場にて、「男体山」の雲を掴めず・・・ »