2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

てんきとくらす

水辺の鳥たち

  • ハシビロガモ
    水辺の鳥たちです

「男の料理」の写真

  • ナスの煮びたし
    驚速レシピ付きもあり

登山道脇の昆虫たち

  • サカハチチョウ(春型)
    登山道で出会った昆虫たちです

登山道脇の植物たち

  • メイゲツソウ
    登山道で出会った山野草が中心です

亀三郎写真

  • 亀三郎、初めての産卵
    クサガメ「亀三郎」です。

栃木百名山・登山リスト

« 水芭蕉の咲く尾瀬へ(その2)『鳩待峠』に到着*標高は1591m | トップページ | 水芭蕉の咲く尾瀬へ(その4)『山の鼻』手前にも水芭蕉の群生地。 »

2013年6月 3日 (月)

水芭蕉の咲く尾瀬へ(その3)『鳩待峠』から『山の鼻』へ向けて山歩き開始

写真:2013/06/02 Panasonic GF2 G14-42mm使用

Ayamanohanamade

『鳩待峠』から『山の鼻』までは、標高差200mを下ることになります。
添乗員さんから
「所要時間約1時間 滑りやすい場所があるので注意して下さい」と。

Ayamanohanamade02_2

遊歩道脇は「新緑」

Ayamanohanamade03_3

オオカメノキ??
*「大亀の木」・・・葉が亀の甲羅に似ていると、Lucianさんから追加情報頂きました

Ayamanohanamade04_2

尾瀬は、右側通行
このあと、亀さんパーティは左のレーンをお借りして前方集団を追い越して。。。

Ayamanohanamade05_2

う~~ん、至仏山が近い、、、いつかは、、、亀家も、、、

Ayamanohanamade06_2

整備された木道なので快適^^v自然とペースも上がって行きます

Ayamanohanamade07

小さな沢も渡り・・・

★参考★
国立公園「尾瀬」は、群馬、福島、新潟の3県にまたがっています。

尾瀬ヶ原の場所

グーグルマップITニュース

« 水芭蕉の咲く尾瀬へ(その2)『鳩待峠』に到着*標高は1591m | トップページ | 水芭蕉の咲く尾瀬へ(その4)『山の鼻』手前にも水芭蕉の群生地。 »

関東の山々」カテゴリの記事

コメント

 こんにちは なつかしい至仏山の展望だ~。
至仏山、私は好きですよ~ 山の鼻から登り始めますが
(逆回りは植物保護で禁止なので)、時間がかかるものの、
ずっと木段が続くので、歩きやすい&楽です(こればっか・笑)

 奥様、おにゅ~のウェア(ウィンドブラスト)ですよね?
すっかり、なじんでいらっしゃいますね!

こんにちは。
「大亀の木」でいいと思います。
そういえば葉が亀の甲羅に似てます。
最初の出迎えにふさわしい花でしたねw

こんにちは、亀さん、
池塘に一脚ごと落っことしたカメラは、竜宮小屋手前の小屋に向かって右手側の
池塘の底に沈んでるはずです。若し拾えたら拾って来てくださいm9(^Д^)プギャー

こんにちは。
鳩待峠から山の花は基本的にはズゥーッと下りですから
ついつい速度が速まってしまいますよね。
(ということは、帰りはズゥーッと登りになりますよね。)
至仏山は秋の紅葉時期が良いかも?
今秋にでも是非に登ってください! コン様と...
振り返った時の尾瀬ヶ原がお見事でケン坊は好きです!
横道へ脱線! 木道も数年前よりも整備されて、かなり
歩きやすくなってきてます。運動靴でも歩けちゃう?
次回は山の花で休憩かな???


Nonさん、こんにちは
日本百名山「至仏山」お好きでしたか
展望もいいんでしょうねぇ
時間がかかっても木道で歩きやすいなら
亀三郎でも、大丈夫??
でも、もし、、、挑戦する場合は
体力面を考えて、1泊計画しないとダメでしょうね(汗)

それはそうと
昨日貰ったガイドマップによると
至仏山・山の鼻ルートについては
危険につき通行不可と
注意書きがありました。
なので、、、現時点では
鳩待峠から小至仏山を経由して登るルートって
ことになるんでしょうかね。

PS そうそう、ウインドブラストなんです
   外で見ると
   意外と地味でしたね、、、
   お店では、可愛いと思ったのですが
   フィールドでは、もっと派手な色合いの人が
   多いので、、、完全に負けてました。
   それから
   わたしが、雨が降るからパンツがいいと言ったのですが
   晴れてしまって、、、
   「わたしは、スカートが良かったのに・・・亀ブーがいうから、、、
   みんなスカート履いてるじゃない」って
   いきなり、ブーブー文句を言われてしまったです。。。(ドテッ)


Lucianさん、こんにちは
いつも有難うございます。
早速、
左サイドバーに登録しました!!
たしかに
亀三郎の山歩き
最初の花としては
ふさわしいですね~~~^^v
名前がピッタリです!


山本さん、こんにちは
実は、、、池塘の底に山本さんのカメラ
落ちてないか
気になって、、、見てたんですよ
これ、、、ホントの実話です
でも、、、見つけられませんでした。
ごめんなさい、、、、
深そうな池塘は
雲は映るのですが、、、、底のほうは見えないんですよ(滝汗)


ケン坊さん、こんにちは
秋の紅葉の時期の至仏山、いいでしょうねぇ
振り返って尾瀬ヶ原、、、最高でしょうねぇ
そうぞうするだけで、ワクワクしますね
でもでも、、、チラッと見たんですが
標高差600m以上を登坂しないといけないんですよね、、、、
この長さは、、、まだ経験してないと思うのです
わたしの体力で持つかどうか、、、
そこが、一番心配です。

PS 山の鼻は、最初は通過で、そのまま牛首方面へ進みました!!

PS2 帰りの登り、、、バテテしまったです、、、詳細は後の回で、、、(滝汗)

 再び、こんばんは~です。至仏山、山の鼻からの登り3時間です。
ちょっと長いけど、天候がいいと、この展望は最高!な気分です。
⇒ http://yamatrek.blog83.fc2.com/blog-entry-337.html
(写真はかなり少ないですけど… 登ったのは8月です)

 あと、「至仏山・山の鼻ルートについては危険につき通行不可」、
これは植物保護で、7月まで閉鎖されるからなんですね。
⇒ http://ozenavi.blog85.fc2.com/blog-entry-2655.html
 読んでると、山頂部などは想像以上に残雪も多そうですね。

 派手な色味の人、本当に多いですよね(^^;) でも、きっと、
気に入った色なら、長く着れるだろうと思いますよ。
 スカートが良かったって、女心ですねぇ(笑) 次回から、ご本人に
お任せしますか… それはそれで逆に「言ってくれないから」って、
危険が伴いそうだけど(笑) 

こんばんは、亀さん、
あらあら、そうでしたか~
何せ14年前の事です。尾瀬の自然観察員の方々で池塘の
掃除も何年に一回にやることもあるかと思います。
その時にもう回収されて、今ではきっと微塵にも無いことでしょう。

こんばんは
尾瀬ですか。
私も行きたい所です。
亀さんのブログ見ながら研究してみます。


Nonさん、こんばんは
過去ログ拝見しました^^v
山頂から尾瀬ヶ原の景色最高です。
山の鼻小屋、、、亀家も泊まって
尾瀬の自然を夕方、夜、朝と堪能して
そして、、、それから
至仏山に挑戦したい!って、、、、
そんな気持ちがムクムクと・・・・
あと、植生保護のための登山規制
URLで確認しました。
お手数掛けました~~~有難うございます。(ペコリ)

PS そうなんですよね、、、言わないで
   スカートで来て
   雨、、、強風、、、の場合は、、、
   「こんなに寒いなら、事前にちゃんと情報収集しなきゃ!」って
   怒ると思うんですよね^^;;
   このあたりが、、、難しいです(笑)


山本さん、こんばんは
そうですか、、、
何年かに1回は池塘の掃除があるんですね。
なら、、、すでに回収済みの可能性大ですか・・・

なんとなく、、、
池塘を見ると、、
山本さんのカメラ、、、気になってしまって・・・(笑)


yodogawaさん、こんばんは
一生に一度は尾瀬、、、
って言われてる??くらいなので
ぜひ、計画してみて下さいませ。
わたしも初めて行きましたが、
至仏山と燧ヶ岳の名山を見ながらの
木道歩き、、、
これは、、、忘れられないと思います。

この記事へのコメントは終了しました。

« 水芭蕉の咲く尾瀬へ(その2)『鳩待峠』に到着*標高は1591m | トップページ | 水芭蕉の咲く尾瀬へ(その4)『山の鼻』手前にも水芭蕉の群生地。 »