2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

てんきとくらす

水辺の鳥たち

  • ハシビロガモ
    水辺の鳥たちです

「男の料理」の写真

  • ナスの煮びたし
    驚速レシピ付きもあり

登山道脇の昆虫たち

  • サカハチチョウ(春型)
    登山道で出会った昆虫たちです

登山道脇の植物たち

  • メイゲツソウ
    登山道で出会った山野草が中心です

亀三郎写真

  • 亀三郎、初めての産卵
    クサガメ「亀三郎」です。

栃木百名山・登山リスト

« 栃木百名山「羽黒山」(その9)『ゆずの木』で、十割蕎麦&田舎蕎麦のランチで昼食*最終回 | トップページ | 栃木百名山「鞍掛山」(その2)『鞍掛山神社』参拝・・・洞窟の中にご神体が祀られています »

2013年2月 2日 (土)

栃木百名山「鞍掛山」(その1)登山口の「弐の鳥居」から「双体神」辺りまで

宇都宮にある栃木百名山「鞍掛山」*492mを登って来ました^^v

写真:2013/01/31 PENTAX K20D DA35mmMacroLtd使用

Akurakakesan02

私、安易に考えていて、カーナビで鞍掛山を目的地設定にしておけば、
自然と??登山口まで案内してくれると思っていたのです。
とろこが、あに図らんや「道迷い」、、、
車はどんどん、、、、「鞍掛トンネル」の方まで行ってしまい、、、Uターン。
実は、、やっと探し当てたのです、、、この登山口

Akurakakesan01

立派な案内板がありました。所要時間約2時間 健脚者向きと、、あります。
栃木百名山ガイドブックでは、「初心者向き」の山ですが・・・

Akurakakesan03

さぁ、「弐の鳥居」をくぐって「鞍掛山」山頂を目指します。

Akurakakesan07

出だしは、「羽黒山」と似たような感じの杉木立の参道?を歩きます。
あ、もちろん、道幅はこちらの方が、狭いし、岩が多くゴツゴツしてました

Akurakakesan05

やがて「双体神」のポイントを通過。

Akurakakesan06

少しの区間ですが、登山道じゃなくて「沢歩き」のような感じ??

« 栃木百名山「羽黒山」(その9)『ゆずの木』で、十割蕎麦&田舎蕎麦のランチで昼食*最終回 | トップページ | 栃木百名山「鞍掛山」(その2)『鞍掛山神社』参拝・・・洞窟の中にご神体が祀られています »

栃木百名山」カテゴリの記事

コメント

あれれ?予想外の展開・・・!!!
羽黒山レポが終了したので、もう暫くは山は無いだろうと思って油断?していました。
実は私も初めて鞍掛山に行った時、同じ様に鞍掛トンネルの方に行ってしまいました(^_^;)
最近は旧道にある鞍掛峠を探索して、例の道祖神を見てきました(笑)
で、でも、恥ずかしくてブログアップは出来ません(滝汗;)

亀三郎さん、怒涛の百名山巡りですね(^_^)

新里街道の鞍掛トンネルの真上は、鞍掛山と北の半蔵山山塊との鞍部になってます。
鞍掛山の山頂から北側を覗きこむと、猪倉側トンネルの出口から車が走り去るのが見えたかと思います。

自分の栃木での初めての登山は鞍掛山でした。
寒い時期でしたが、いつものスニーカーと普段の外出用のジャンパーを羽織って、子供の使っていたデイバックにペットボトル一本とパンを一つだけ放り込んで(ほんとにそれだけ)登りました。
要は普段着And装備無し。


低山ですから、着るもの履くものはあまり問題無かったですが、体力に問題大有り。
翌朝ひどい筋肉痛で、自宅の二階から降りるのに一苦労。やっと車に乗ったら今度は会社の階段登るのに七転八倒という想い出がある山です。

亀三郎さんは、岩コースから時計周りで周回されたのでしょうか?
岩コースはなにげにキツイと自分も思いますよ。

沢歩きの区間は自分も、「こんな所歩いて大丈夫なのかな。初めての山歩きで遭難ってニュースネタだなぁ」って思いながら登っていましたよ(笑)


リンゴさん、こんばんは
同じですか!ナビで射撃場を目的地にしようとしたのですが
出来なくて、、、適当に「鞍掛山」にタッチして出発したのが失敗でした。
鞍掛トンネルまで行ったので
多分、20分~30分は絶対ロスしてますよね、、、(滝汗)
それから
以前、教えてもらった道祖神
頭には、あったのですが、、、、
道迷いして、、、心の余裕がなくなってました、、、、
いつか、、、それ、、撮って
わたしは、UPしたいです???(←出来ないかな、、、笑)


まっちゃん、こんばんは
今回は、たまたま日数をあけずに山歩きが出来ました。
ただ、山頂からの風景を見て
特定の方向、そして山の名前など、、、読図しながら(ルーファンと呼ぶ?)の
山歩きが出来るレベルではないので、なかなか覚えられません(汗)
でも、今よりは、、、分かるようになりたいので
頑張るつもりです~~~

それから
羽黒山に比べると、傾斜が急ですよね、、、
コース取りは、反時計回り
尾根コースから大岩、山頂、奥の院 岩コースにしたんですが
それでも、けっこう足に来ました~~~
鞍掛山
栃木百名山ガイドブック、、、初心者向きになってますが
急登の岩コースは、、、、
かなり、、、厳しくないでしょうか??
わたしは、下りで使ってしまいましたが、、、

そーそー、カーナビって、頭良さそうで実はとろいんですよ。^^;
なので、Google Mapで事前にチェックし、デリケートな場所なら航空写真に切り替えて場所を同定しておいたほうが良いですよね。
最近のカメラはGPS付きのものも増えておりますので、将来はピンポイントで場所が特定できるようになるかもしれません。
それでも、私は、道に迷うかもしれません。^^;

こんばんは
怒涛の山登りですね。
もう高い山も何のそので歩けますね。
冬山の霧だけは気を付けてください。
方向が分からなくなります。
私はそれで冬山を登らなくなりました。

こんばんは、亀三郎さん、
今度は鞍掛山に登ったんですね。確かこの山は、車で全体を通れましたよね。
山頂にはトンネルが通っていたかと思います。
一番下の写真、何か道無き道に見えますが登山道なんですか?
双体道祖神は首が欠けてしまっていますね。
次のレポートを楽しみにしています。

おはようございます
最後の写真を見るとこれ本当に初心者向きの山なのかと
思ってしまいます こんな所登ったら息切れしてしまいそう

おはようございます。
やっぱり山レポですか? 何となく予感がしたんです...
羽黒山後の豪華なご馳走が、次の山を征服した前触れなのかなと?
鞍掛山は反時計周りはこの時期は霜柱かなんかで足を取られる
場所もありそうですが...
岩コースも下りとは言いつつも結構キツイですよね~
旧道にある道祖神は何十年も見てませんが朽ち果ててないかな?
ケン坊だったら載せちゃいますよ。
去年は金精様も載せちゃった位だから>笑<


黒顔羊さん、おはようございます^^
そっか、グーグルマップで事前調査!その手がありましたね^^;;
わたしは、やっぱり「昭和」の人、、、
前の晩、、、枕元で『紙の地図帳』を見てました、、、
詳しい道は、、、わからないのに、、、

PS 次回からはグーグルマップ!!これ、実践しますね(感謝)


yodogawaさん、おはようございます^^
冬山の霧
それは、聞いただけで怖いです
夏の山の霧でも、視界不良でかなり危険ですからね
了解しました
気をつけて行動するように致します(ペコリ)


山本さん、おはようございます^^
今回は、恥ずかしながら道迷いして、おおきなロスタイム、、、、
でも、この登山口に着けたときは、ホッとしました(笑)
鞍掛トンネルというのを、くぐってしまったので
あらら
これは、、、全然ダメだと、、、Uターンしたんです。
それから
一番下の写真は、一応、テープとか目印も所々にあったので
一応「登山道」?かと思います。
でもでも
雨がたくさん降ると、、、沢へ変貌すると思われますが、、、(汗)


夢さん、おはようございます^^
そうなんです
息切れしちゃうので、
出来るだけ歩幅を狭く、そして、、、ゆっくり歩くように
それを、心がけています。


ケン坊さん、おはようございます^^
どっちで回るか?決めてなかったのですが
コース整備中の方がいたので、聞いてみたら
岩コースは急だから危ないよ、、、って事で
尾根コースで往復しようって、仮決定。
でも、、途中で、気が変わって
岩コースを下山に使ってしまったです・・・・
実は
奥の院まで行ったら
また、大岩のほうへ戻るのが
億劫になってしまったのです(爆笑)

PS そうそう、金精峠の『ご立派』でしたねぇ~~~
   来世は、あのくらいのものの持ち主で
   生まれたいっす!!(汗)

この記事へのコメントは終了しました。

« 栃木百名山「羽黒山」(その9)『ゆずの木』で、十割蕎麦&田舎蕎麦のランチで昼食*最終回 | トップページ | 栃木百名山「鞍掛山」(その2)『鞍掛山神社』参拝・・・洞窟の中にご神体が祀られています »