2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

てんきとくらす

水辺の鳥たち

  • ハシビロガモ
    水辺の鳥たちです

「男の料理」の写真

  • ナスの煮びたし
    驚速レシピ付きもあり

登山道脇の昆虫たち

  • サカハチチョウ(春型)
    登山道で出会った昆虫たちです

登山道脇の植物たち

  • メイゲツソウ
    登山道で出会った山野草が中心です

亀三郎写真

  • 亀三郎、初めての産卵
    クサガメ「亀三郎」です。

栃木百名山・登山リスト

« 栃木百名山「羽黒山」(その1)『一の鳥居』から『羽黒山梵天歩道』で登りました | トップページ | 栃木百名山「羽黒山」(その3)南側のパノラマを眺めながら、だしで炊いた「コク」旨おむすび »

2013年1月28日 (月)

栃木百名山「羽黒山」(その2)『二の鳥居』を過ぎて雪の残る『カラッソ坂』まで

写真:2013/01/27 PENTAX K20D DA35mmMacroLtd使用

Aninotorii01

ほどなくして「二の鳥居」

Aninotorii02

参道の白く見える部分は、「氷」です・・・二人とも慎重に歩きました。

Aninotorii03

「朝水舎」通過

Aninotorii04

Aninotorii05

「カラッソ坂」入り口に到着。
ここまで登ってくる頃には、身も心も煩悩から離れ清らかな心になる!
(空っぽのなる)という意味から、命名されたようです。

私??
ここの時点では
「けっこう雪が残ってんなぁ、、、こんにゃろめぇ~~」って気持ちでした。
カラッソ坂の意味とは、、、ほど遠かったっす、、、

Aninotorii06

この看板を撮ろうとして、、、ちょっと画角を変えようと足場をずらしたら
すってんころりん、、、やってしまったです。
ちょっと痛かったけど、怪我しなくて良かった。

油断大敵

Amiharasi01

階段は、174段あるようです。

« 栃木百名山「羽黒山」(その1)『一の鳥居』から『羽黒山梵天歩道』で登りました | トップページ | 栃木百名山「羽黒山」(その3)南側のパノラマを眺めながら、だしで炊いた「コク」旨おむすび »

栃木百名山」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
羽黒山の参道は、歩き始めはなだらかで意気揚々とスタートしますが、
いつの間にか傾斜がキツクなっていて、気付くと息が切れます>笑<
参道は完全に杉林に覆われてるので完全に凍結しちゃいますね。
スッテンコロリン! やっちゃいましたか でも怪我無くて良かったですね。
階段の数(174)まで数える余裕もあるお二人ですね~
ケン坊なんか余裕が無くて、そこまで気が回りません>負<
コン様は足が長いですね~ しげしげと見とれちゃいました>笑<
亀さんがコン様にお熱だったのはお顔はもちろんですが長い足にも?

 こんばんは。実は、羽黒山は自宅から最も近い山で、
よく足を運んでいるんですよ。もちろん、こちらの登拝道
からも何度か。写真も場所もよく分かります。
 でも、初めての時は、上まで車で行ってしまいましたよ。
まだ山歩きを始められて間もないのに、すごい~です(^^;)
 ロウバイ、いかがでしたか? 少しは咲いていたかな…
今年は遅れていたので、ちょっと心配です。

亀たん こんばんは
大けがにならなくてよかったです。
煩悩 奥様と一緒の時は、あの方は消してくださいませ。

鶴瓶の『家族に乾杯』で、佐野ラーメンやってました。
感動的なお話と、可愛いおばあちゃん。
次回は芋フライのようです。
太郎さんと「亀たんみてるかなー」と

こんばんは、
寒さ厳しきなか、いよいよ百名山の続編を再開ですね。
ほとんど知らない山ですが、まずは地元の山からだと思います。
県北になると標高も高くなるので、登山は初夏の頃になるでしょうか。
いつも頼もしい相棒と一緒に行動しているので安心ですね。  (*^.^*)/  

まず一枚目の鳥居の写真の鮮やかさや木の幹の色の再現性に感動しました。
(山の話じゃなくてすみません)

コンデジで撮るとちょっと薄暗いあの鳥居はおどろどろしくしか写らないのに、流石デジ一。
亀三郎さんの腕がカメラの性能を更に引き出したという感じですね。
こういう画像見るとデジ一欲しいなぁといつも思うのですが、先立つものと山中で持ち運ぶ時に神経使うので躊躇してます。

でも、コン様。ホント足長いですネ。
その3はいよいよ山頂編ですね(^_^)


ケン坊さん、こんばんは
まったくそのとおりでした^^;;
最初、、、平らな参道で楽だなぁって思ったんですが
途中から、むむむ、、、これ、、、けっこう登ってるじゃん
って、思う部分が長くて・・・
そして、おまけに石畳は凍ってるので、
案内板の親子の姿ほど、、、楽じゃなかったです(爆笑)
あ、、、、
でもでも
コン様、そんなに足は長くないと、、、思うのです、、、が、、(汗)
PS 174段は、「カラッソ坂」の説明板に記載がありました^^v

カラッソ坂ですか・・・
運動不足の私なら、体力も知力も全て使い果たしてすっからかんになりそうな名前なんであります。^^;
たくさん雪が積もっていなくても、やはり滑りやすいんですね。
とてもじゃないですが、しろーとには登れそうもありません・・・涙


Nonさん、こんばんは
でしたかぁ、一番最寄りの山が羽黒山
その段でいくと、うちの一番最寄りの山は、三毳山かも?
もしかしたら太平山?、どっちかだと思います~~
それから
ロウバイは
お陰様で、数輪だけですが、開花を確認できました。
次の次の記事で写真をUPします

PS 神社の人の話だと、、節分の時期でも、まだじゃないか?って
   満開予想をしてました。寒さで、だいぶ開花が遅れています、、、と。


ふうこさま、こんばんは
ドキッ、、、すってんころりんした時、、、亀三郎の頭の中に
檀蜜さんのイメージが、一瞬浮かんだのを、、、
どうして分かったんですか???
むむむ、、、もしかして、、、ふうこさまは「超能力者」!?

それから
『家族に乾杯』、佐野ラーメンといもフライでしたかぁ
それは、見たかったです
でも、、、これは、亀家見てないんですよ(残念)
これからは
毎週録画しようかなぁ、、、、思案中


武ちゃん、こんばんは
そうそう、ご存知の通りで、、、
山は、やはり県北に多いんですよね
なので、、、暖かくなってから、、、
少しずつ制覇して行きたいと思っています。
でも、、、遠くなるので、、
ペースは落ちますよね、、、
運転も疲れるし、ガソリン代もかかるし(滝汗)


まっちゃん、こんばんは^^
わたし、いつも、まっちゃんのパノラマ写真とか
山の情景、上手に撮れてていいなぁって思ってます。
参考にして行きたいって考えているんですよ^^v
わたしの写真は、、、ただ撮ってるだけなので、、、恥ずかしいです。
それと
頚椎椎間板ヘルニアなのに、
一眼レフは、、、首が、、、キツイんですよね
でも、、、せっかくだからと、、、持ちだしてしまいます。
これって、、、ひとつの『貧乏性』ってやつですね(爆笑)

あ、、、わたしは、、、足が短いんで、、、
それが、かなりのコンプレックスです(汗)


黒顔羊さん、こんばんは
雪が氷になってるのが、一番のネックでした、、、
私達には、、、
でもでも、けっこう、こうゆう道でも
軽装でスイスイ歩く年配の人(私達よりも確実に上と見える)が
多いんですよね、
きっと、リピーター??で
いつもお参りに来てるんだと思うのですが、、、(汗)

PS 黒顔羊さんは、いつも撮影で、動かれてるから
   運動不足って事はないのでは??
   亀三郎は、そう思っていますよ!

この記事へのコメントは終了しました。

« 栃木百名山「羽黒山」(その1)『一の鳥居』から『羽黒山梵天歩道』で登りました | トップページ | 栃木百名山「羽黒山」(その3)南側のパノラマを眺めながら、だしで炊いた「コク」旨おむすび »