2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

てんきとくらす

水辺の鳥たち

  • ハシビロガモ
    水辺の鳥たちです

「男の料理」の写真

  • ナスの煮びたし
    驚速レシピ付きもあり

登山道脇の昆虫たち

  • サカハチチョウ(春型)
    登山道で出会った昆虫たちです

登山道脇の植物たち

  • メイゲツソウ
    登山道で出会った山野草が中心です

亀三郎写真

  • 亀三郎、初めての産卵
    クサガメ「亀三郎」です。

栃木百名山・登山リスト

« 7月の『唐沢山』(その5)とんぼ玉みくじ(200円)は、『大吉』でした。 | トップページ | 7月の『唐沢山』(その7)「唐沢山神社・大炊井(おおいのい)」近くの『紫陽花』を写す »

2012年7月15日 (日)

7月の『唐沢山』(その6)唐沢山神社(=山頂)へ。標高は240mです。

写真:2012/07/08 PENTAX K20D DA35mmMacroLimited使用

Akarasawajinjyasanpai01

唐沢山神社HP
http://www.karasawayama.com/

藤原秀郷公が祀られています。(明治16年 本丸跡に神社創建)

Akarasawajinjyasanpai02

Akarasawajinjyasanpai03

唐沢山は、唐沢山神社=山頂となっています。
三角点タッチとか
山名板をバックに記念写真が撮れないのが、、、少しさびしいですね。(汗)

Akarasawajinjyasanpai04

二の丸跡、三の丸跡にも寄ってみることにしました。

Akarasawajinjyasanpai05

まずは、二の丸跡。(奥御殿当番)兵士の詰所だったそうです。

Akarasawajinjyasanpai06

岩の間で咲いていた黄色の花。
*「タカネマンネングサ」・・・ブロ友Lucianさんから情報頂きました。

« 7月の『唐沢山』(その5)とんぼ玉みくじ(200円)は、『大吉』でした。 | トップページ | 7月の『唐沢山』(その7)「唐沢山神社・大炊井(おおいのい)」近くの『紫陽花』を写す »

栃木百名山」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、
苔生す唐沢神社境内‥しっとりとしてなかなかいい雰囲気がします。  (゚ー゚)
またまたネコちゃんとの出会い、それにしてもずいぶんいるんですね。
お寺の見張り役のような表情に見えます。
蔓万年草のように見えますがなんでしょう‥よく解りません?

お早うございます。
今日も天気がイマイチ・・・(涙

今回の山レポはネコちゃんが脇役としていい具合に登場してますね。
主役のコン様の立ち姿もいつも決まってます。
折角なので次は亀さんとのツーショットに期待です♪


武ちゃん、おはようございます^^
梅雨時で
訪れる人も少なめでしたが
雨上がりで、しっとりしててイイ雰囲気でした^^v
ただ
猫ちゃんが、、、多すぎるような気も、、、(笑)
それと
蔓万年草、
可能性が高そうですか!
わたしもググって、写真を見てみますね~~~(感謝)


リンゴさん、おはようございます^^
ですよね
天気が、、、、山行き躊躇する予報ですよね、、、
今週は、、、『休養日』になりそうです(汗)
それと
唐沢山、、、猫ちゃんがいっぱいで、
脇役じゃなくて
主役のような写真構成になってしまったです(笑)

せっかくなので
つ、、つうしょっと、、、
それは、、、はずかしくて、、、すんまそん

こんにちは。
ネコは色が床板に同化していますね。見事な保護色で、上から見ると気づかないかも?
ベンケイソウ科マンネングサ属は種類が多いので迷いますね。
へら型の葉の形から、タカネマンネングサとコモチマンネングサに絞り込みました。
残る決め手は花期だけで、前者6~8月、後者4~5月でした。
したがって、タカネマンネングサということになりました。


Lucianさん、こんばんは^^
このログの猫写真は、
自分でも、なんか、、、そんな感じがしてました。
神社の主?みたいな雰囲気をもってるような
そんな猫ちゃんでした(汗)
それと、
このログの花は
ベンケイソウ科マンネングサ属なのですね
種類が多い中
特定して頂き、ありがとうございました(感謝)
さっそく
左サイドバーへ新規UPしました^^v

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 7月の『唐沢山』(その5)とんぼ玉みくじ(200円)は、『大吉』でした。 | トップページ | 7月の『唐沢山』(その7)「唐沢山神社・大炊井(おおいのい)」近くの『紫陽花』を写す »