最近のコメント

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

てんきとくらす

水辺の鳥たち

  • ハシビロガモ
    水辺の鳥たちです

「男の料理」の写真

  • ナスの煮びたし
    驚速レシピ付きもあり

登山道脇の昆虫たち

  • サカハチチョウ(春型)
    登山道で出会った昆虫たちです

登山道脇の植物たち

  • メイゲツソウ
    登山道で出会った山野草が中心です

亀三郎写真

  • 亀三郎、初めての産卵
    クサガメ「亀三郎」です。

栃木百名山・登山リスト

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月30日 (土)

モンベル「ストライダーバック」(25L)オレンジブリック購入

写真:Panasonic GF2 G14mm使用
    モンベル「ストライダーバック」(25L)オレンジブリック
    (バックカバー付き ハイドレーション装着可能)

Aatarasiizaku02_2

Aatarasiizaku03_2

取り外し式ベルトポーチは、連結して小さなウエストポーチとして
単体でも使用可能

これ、、、コン様用です^^;;
コン様としては、色はもっと赤いのが欲しかったみたいですが、、、
いろいろ検討の結果、このザックになりました。
亀さんも、このシリーズで色違いで欲しいけど、
先日、、、亀母からミレー(28L)のザックを貰ったばかりなので、、、
ひとまず諦めました。。。(笑)

近日中に、どっかの山でデビュー予定note

『尿路結石』 食事で防ぐ(朝日新聞より)

『尿路結石』の患者は増え続け、国内男性の7人に1人、女性の15人に1人が
一生にうちに一度はかかるらしい。再発を防ぐため、食事を中心とした
生活習慣の大切さが注目されてると言う。
(亀さんは、『尿管結石』を3度発症・・・5,6年間隔で『激痛』に襲われます・・・sweat01

結石予防の3つのポイント
①1日2リットル以上の水分を摂る
②野菜、海藻、大豆、乳製品、魚を積極的に。(夕食は就寝4時間前)
③尿のアルカリ化(海藻、野菜、果物は、尿をアルカリ化させる)

こう考えると、水分は摂ってるような気がしますが、、、
海藻と果物って言われると、私のばあい、、、極端に少ないような気がします。
最近、『わかめ』の味噌汁も飲んでないし、、、
『みかん』の季節でもないので、、、食後のフルーツもないことが多いし、、、

たまに、こうやって自分が食べてる内容を振り返るのも、、、大事かもですね。think
結石予防の食事内容は、高血圧対策にも通じているので・・・

写真:Nikon P5100使用 
    エースコックのカップラーメン・シリーズ
    B級グルメ探訪『近江ちゃんぽん』・・・さまかの和風だしスープ!
    或る日の亀家の「夜食」シリーズでも、、、あります、、、coldsweats01

Aoomichanpon01

Aoomichanpon02

滋賀県彦根市と見えるので、『彦根城』ですかね。
まだ、行ったことがないですが。。。

Aoomichanpon03

たしかに、あさっりした味でした^^;;
『こってりはちょっと』って気分の時用に、、、家に1個あってもいいかも。
ん、、、でも、やっぱり、、、
そんなに好みの味でもないから、買わないかな、、、??(笑)

2012年6月29日 (金)

地井武男さん、70歳で、、心不全で逝く・・・

『ちい散歩』、、、もう一度見れるのを楽しみにしてました。

まさか、、、こんな突然、逝かれてしまうなんて、、、

出来たら、もう一度、、、栃木・足利の織姫神社参道のそば屋さんで

あの美味しい「田舎そば」を食べて欲しかったです。。。(合掌)

写真:Panasonic GF2使用
    先月、部屋で咲いていた亀さんちのカトレア「アップルブロッサム」

Aapple01

Aasikagadeinasoba021_2

地井武男さんの真似して
亀さんも、、、蕎遊庵さんの「田舎そば」食べたんですよ、、、今年。

「おいしい そばでした」

JR小山駅中央通路が開通!(その2)中央自由通路の愛称は「さくら道」で決定!!

写真:Panasonic GF2 G14mm使用 JR小山駅中央通路「さくら道」

Asakuramiti10_2

東口から南の方向

Asakuramiti11

東口から北の方向
なにやか、まだ工事が続いていますね、
こうやって見ると、この中央通路「さくら道」開通で、一番恩恵を受けるのは
「ヤマダ電機」と「イトーヨーカドー」のような気がしてきました(笑)

Asakuramiti06

これが中央自由通路「さくら道」です^^v

Asakuramiti07

なんだかんだで、もうじきロンドン・オリンピックですねぇ・・・

Asakuramiti08

たぶん、小山市の市の花が「思川桜」だからじゃないかと、、、想像します。

Asakuramiti09

にゅう改札口ですね、たしかsweat01

以上

JR小山駅中央自由通路「さくら道」シリーズ全2回終了です^^v

JR小山駅中央通路が開通!(その1)平成24年6月23日、西口と東口が直線で繋がる!

写真:Panasonic GF2 G14mm使用 JR小山駅中央自由通路

Asakuramiti01

道路の奥に見えるのが、6月23日に開通した「JR小山駅 中央自由通路」
西口と東口は、今まで直線でつながる事が無かったので
この通路は、ある面、、、小山市民の「悲願」でもありました←オーヴァーですsweat01

Asakuramiti02

ご存知かとは思いますが、、、小山は、東北新幹線『停車駅』です*こだまタイプ?

Asakuramiti03_2

ついに、東口にもエレベーターも設置されました!!

Asakuramiti04

東口駅前の白鴎大学法科大学院。
西口駅前にあった駅前留学NOVAは、消えてしまったですが
こちらの駅前大学は、健在です(笑)

Asakuramiti05

東口・・・こちらは階段だけですが、反対側にはエスカレーターがあります。
写真は撮り忘れました・・・

2012年6月28日 (木)

小山市:野州ラーメン「力蔵」、黒ラーメンvs白ラーメン どっちが美味しい?

写真:2012/06/24 Panasonic GF2 G14mm使用

Arikizou01

市内のラーメン屋さんですが、まだ入ったことが無かったので初挑戦!
野州(やしゅう)は、下野国(現在の栃木県)のこと。

Arikizou02

食券を買います。「お水」もセルフサービスです。
ちなみに、ラーメンは「大盛り」(300g)でも料金は同じらしいです。

Arikizou08

いろいろこだわりの注文方法があるようですね。

Arikizou03

Arikizou04

黒ラーメン(800円)*コン様の注文、麺は普通で200g
とんこつスープをベースに、醤油味の濃い目のもの。

Arikizou05

白ラーメン(800円)*亀三郎の注文 麺は普通で200g
とんこつスープをベースに、「味噌味」のもの。
両方のラーメンの上に乗ってるのは、有精卵を使った厚焼き玉子。
スープがしみないように、最初に食べるように注意書きがありましたsweat01

Arikizou06

天地返し、やってみたつもりです(笑)
ちなみに、コン様の黒ラーメンは、わたしがやってあげましたよ。ふふふ、、、heart

Arikizou07

自家製麺の麺は、コシがあって独特の食感。悪くないです^^v
スープは、ニンニクと背脂がかなり入っています。かなりパンチのある味。
カウンターにも、ニンニクの瓶がありましたが、
追加で入れると、、、ものすごい事になりそうで、やめておきました。

次に来る時は、背脂を少なめで注文をしようかな。。。そして「大盛り」も。。。(笑)
あ、、、黒vs白、、、ですが、、、やはり、亀さんは味噌派なので「白」
コン様は、味噌はいまひとつ派なので「黒」に、それぞれ軍配をあげましたsign03

『石尊山』から『深高山』(その12)水場の水は冷たくて、最高!*最終回

写真:2012/06/24 Panasonic GF2 G14mm使用

Asekisonsansaishuukai01

そして、再び杉林の登山道を下ります。 ここも、ぬかるみが多いので
注意して歩きました。土は、かなりえぐれています。木の根も注意danger

Asekisonsansaishuukai02

八丁目付近の倒木。
往路と反対から見ても、やはり完全に登山道を塞いでますね。(当たり前かsweat01

Asekisonsansaishuukai03

水場の水、、、冷たくて気持ちが良かったです^^v

Asekisonsansaishuukai04

石尊不動尊駐車場
コン様から遅れること3分、、、またまた、ヒザに痛みが出て、
途中からペースダウンした亀さん、、、ヒザ用サポーターしてるんですが、、、
下りが長いと、まだ痛みが出るみたいです。。。bearing

駐車場到着時間は、10時50分 
総所要時間 4時間10分(朝食休憩40分含め)
大まかな内訳
駐車場 → 石尊山 → 深高山 =約2時間
深高山 → 石尊山 → 駐車場 =約1時間30分

今回、梅雨の時期にしてはお天気に恵まれました。
日頃の行いは、、、あまり良くないのに、、、亀さんの場合。(笑)
きっと、コン様が晴れ女なのかもですね。

では、このシリーズもお付き合い頂き、ありがとうございます(感謝)
次の山、、、どこにしようか、、鋭意検討中。
あまり危険じゃなくて、そこそこ楽しめる山を、ガイドブックで探しています。
では、、、また、、、どこかの岩場でお会いしましょう~~~
って、、違うか、、、coldsweats01
サヨーナラー(_´Д`)ノ~~サヨーナラー(_´Д`)ノ~~

2012年6月27日 (水)

『石尊山』から『深高山』(その11)下りの岩場で、初めて、、、滑って尻もち!

写真:2012/06/24 Panasonic GF2 G14mm使用

Aiwabanite02

2畳分くらい?突き出た岩があったので、行ってみました。

Aiwabanite01

コン様、立つのが怖いので、しゃがんで記念写真です(笑)

Aiwabanite07

「北」方向だと思うのですが、なんの山が見えているのか、、、亀さんには不明。

Aiwabanite03

「2畳岩」?の上からは、こんな情景が広がっていました。

Aiwabanite04

さて、、、岩場、、、下りますよ、、、

Aiwabanite05

「南」の方向と思います。
登りの時は、体と心に余裕がなくて景色もそこそこでしたが
下りは、余裕?が出たのか、、、
けっこう二人共、岩場からの景色に感動してました^^v

Aiwabanite06

そして、この岩場を下り切った「ザレ場」(下が砂利の場所)で
ズルズルッって、亀さん、、、尻もち、、、ついてしまったのです。
怪我はなかったですが、初めて『すってんころりん』したので
気持ちのほうが、焦りました。sweat02
難所の岩場を下りて 、ほっとしてたんでしょうねぇ。
ジャリに、しっかり足を取られました(赤面)

『石尊山』から『深高山』(その10)尾根道で、目の前を「カエル」がピョンピョン通過

「深高山・山頂」で、ゆっくり朝ごはん休憩したので復路スタートします!

写真:2012/06/24 Panasonic GF2 G14mm使用

Asinkousankaranokaerimiti01

切り株についた、「おがくず」?のかたまり??

Asinkousankaranokaerimiti02

亀さんの目の前をピョンピョン跳ねていったカエル
あ、もしかして、保護色なので「ウォーリーを探せ」?状態になってますかね?

Asinkousankaranokaerimiti03

往路でUP出来なかった「見晴らし台」のペンチとテーブル

Asinkousankaranokaerimiti04

これは「ホタルブクロ」でしょうかね?
石尊神社・奥宮の近くで咲いていました。

Asinkousankaranokaerimiti05

この短いマツとツツジの回廊?を抜けると、「岩場」が始まります。
そして、、、
そこで、、、亀さんのハイキング史上、、、初の出来事が起こりました(赤面)

『石尊山』から『深高山』(その9)「深高山・山頂」*508mで、おにぎりで朝ごはん。

写真:2012/06/24 Panasonic GF2 G14mm使用

Asinkousansantyou01

「深高山・山頂」*508m
到着時間 8時35分 石尊山から38分。
標準タイムが50分となっていたので、亀家としては珍しく早いです(笑)

Asinkousansantyou04

祠の前の半分朽ちかけたベンチにシートを敷いて、おにぎりタイムですriceball

Asinkousansantyou05

しかし、、、この1月ほど、、、ローソンおにぎり、、、続いているので
さすがに、ちょっと飽きて来ました。かと言って、これがパンだと、、、
やっぱり、物足りないのです。。。sweat01

Asinkousansantyou02

「あんドーナツ」、、、一個いかが??

Asinkousansantyou03

ザックのショルダーストラップまで、汗がしみこんでいます。
誰もいないので、ここで上半身は全部着替えました。(亀さんだけ)

それにしても、ここまで誰とも会いません・・・山を、二人占めしていますheart04

『石尊山』から『深高山』(その8)「深高山」(しんこうさん)への尾根道は楽しい!!

写真:2012/06/24 Panasonic GF2 G14mm使用

Asinkousan02

テープが貼られているのは「湯殿山」方向

Asinkousanhe01

この方向は、砕石場のほう。詳しいことは、分かりませんが、、、
亀さんの推測。。。この分岐点から湯殿山への登山道は、途中、、、
削られて無くなったんじゃないでしょうか??違うかなぁ、、、、

Asinkousanhe03

日射しが差し込んで、快適な尾根道歩きにnote

Asinkousanhe04

これは、、、??
*ミヤマタムラソウ・・・ブロ友Lucianさんから情報頂きました(6/27追記)

Asinkousanhe05

コン様も、いつものように尾根道になると「ハイペース」
亀さんは、、、いつも「マイペース」???sweat01

2012年6月26日 (火)

『石尊山』から『深高山』(その7)石尊山・山頂*486mにて。二等三角点でした。

写真:2012/06/24 Panasonic GF2 G14mm使用

Asekisonsansantyouhe01

見晴らし台入り口にも「倒木」が・・・くぐって進みます(汗)

Asekisonsansantyouhe03

「見晴らし台」
この反対側には、テープルとベンチもあります。
なにやら標柱がたっていますが、ここは「山頂」ではありません。
亀さん、予習してるので、、、こうゆうとこは間違えません。へへへ、、、
ここでは休憩せずに、山頂へ急ぎますrun

Asekisonsansantyouhe02

見晴らし台から1枚。採石場が見えるので、「南」方向ですかね。

Asekisonsansantyouhe04

石尊山山頂 486m
見晴らし台から10分?くらい。
時間は、7時57分・・・駐車場を出発してから1時間20分でした。
標準タイムが1時間なので、20分ほど遅いですsweat01
ここは、ガイドブックにも書いてありますが、、、「展望」なし。

Asekisonsansantyouhe05

二等三角点

栃木百名山シリーズ 16座目登頂成功scissors

このまま、尾根道を「深高山」(しんこうさん)へ向かいます。
休憩restaurantは、「深高山・山頂」でとる予定。

『石尊山』から『深高山』(その6)マツとツツジの道を抜けて「石尊神社奥宮」に

写真:2012/06/24 Panasonic GF2 G14mm使用

Asekisonsansantyou01

岩場を抜けるとマツとツツジの回廊が待っています(短いけど、、、汗)

Asekisonjinja01

そして、石尊神社奥宮に到着
太鼓の皮が、破れているので、もう使われていないんでしょうね。

Asekisonjinja02

謎のペットボトル2本・・・
神社なので、参拝の前にこれで手を洗うように、、、との意でしょうか?

Asekisonjinja03

緑のお顔は、珍しいような気がしますが・・・

Asekisonjinja04

Asekisonjinja05

石尊神社奥宮の屋根

さて、、、次のログで、やっと石尊山・山頂に到着です!sweat01

『石尊山』から『深高山』(その5)「ゴミを捨てないで!!」地元の小学生の絵。

写真:2012/06/24 Panasonic GF2 G14mm使用

Ayamawokireini01

これは、なにかの花が、「実」になったところでしょうかね?
*サラサドウダン(結実中・初期)・・・ブロ友ケン坊さん、Lucianさんから情報頂きました
  (6/27追記)

Ayamawokireini02

亀さん的には、2回目の岩場の「難所」
写真での見た目ほど、怖くなかったですけど、、、(汗)

Ayamawokireini05

岩場を登ると、地元の小学生の絵がありました。
景色も良くなってきて、ほっと一息ついた場所です。

Ayamawokireini03

この時点で、完全に方向音痴になっている亀さん。。。
東に向かって登っていて、これは右手方向なので、、、「南」??

Ayamawokireini04

これは左手方向なので、、、「北」??

『石尊山』から『深高山』(その4)休憩ポイントからは、岩場が多くなります

写真:2012/06/24 Panasonic GF2 G14mm使用

Aiwabano

休憩ポイントからは、岩場の道が多くなります。
手袋あったのですが、ザックから出すのが面倒で、、、
なので素手で、岩を掴んで登る場所も、、、sweat01

Aiwabano02

たまには、亀三郎が先行して、振り返ってコン様を撮影camera
(亀さんパーティの基本は、コン様がリーダーなんですよ・・・coldsweats01

Aiwabano04

「釈迦岩 展望」で、景色を見ながら、少し休憩。
ここ、ただの岩の上なので、それなりに?怖いです(笑)
それと、帰宅後調べたら
この場所は、「釈迦岩」が見えるポイントで、、、
この場所自体が「釈迦岩」では、ないらしい・・・
そして、、、亀さんの写真に、「釈迦岩」は写っておりませんwobbly

Aiwabano03_2

「釈迦岩 展望」からの景色
あ、、、それと、栃木百名山ガイドブックによると
石尊山は、ツツジとマツの美しい山。
ただ、亀さん、、、心拍数が上がっていたので、
「木」まで「気」が回らなかったです・・・coldsweats01

Aiwabano05

「採石場」らしい・・・かなり削られているので、、、一山分??無くなってる??

2012年6月25日 (月)

『石尊山』から『深高山』(その3)「是より女人禁制」の石碑がありました。

写真:2012/06/24 Panasonic GF2 G14mm使用

Anyoninkinsei01

アオキ系の植物でしょうか?
*マムシグサ結実したもの・・・ブロ友ケン坊さんから情報頂きました(6/25追記)

Anyoninkinsei02

「是より 女人禁制」
ここでコン様「わたし、大丈夫?」と、、、
一瞬マジになってましたcoldsweats01

Anyoninkinsei03

先週の「晃石山・清水寺ルート」よりは、歩きやすかったですが
ここも、それなりの発汗作用のある登山道です・・・(汗)

Anyoninkinsei04

もう、亀さんバテバテ、、、まだ先は長そうなので
このベンチのある休憩スポットで、ザックを降ろして「汗ふきタイム」clock
スタートしてから、約30分経過してました。

『石尊山』から『深高山』(その2)「八丁目」付近、大規模崩落で「倒木」あり。

写真:2012/06/24 Panasonic GF2 G14mm使用

Asugibayasi01

しばらくは、あまり陽の射さない杉林の中を登山となります。

Asugibayasi02

すると、コン様から「行き止まりだよ~~~」と声が・・・
なんと
「八丁目」付近の崖が崩落してて、倒木が登山道を塞いでいました。

Asugibayasi03

仕方がないので、すでに踏み跡のある路肩?を通って、ここを通過。
写真の木が、登山道を塞いでいる倒木です。

Asugibayasi04

Asugibayasi05

先日の台風4号の影響でしょうかね??

『石尊山』から『深高山』(その1)石尊不動尊にお参りしてから、ハイキング開始。

栃木百名山シリーズ 「石尊山」(せきそんさん)に行って来ました。(16座目)
コースは、石尊不動尊・駐車場 → 石尊山 → 深高山 *ピストン往復

小山 5:10出発 足利・石尊山登山口 6:10到着

写真:2012/06/24 Panasonic GF2 G14mm使用

Asekisonfudouson01

石尊不動尊・駐車場(約7台駐車可)脇に咲いていた花。

Asekisonfudouson02

「石尊山」登山口・・・レトロトイレ、水道があります。
なにも無い場所に比べると、ずいぶんと助かりますよね。

Asekisonfudouson03

石尊不動尊
登山口から、ちょっとだけ歩いた場所にあります。

Asekisonfudouson04

Asekisonfudouson05

亀さんパーティは、登山の無事など祈願してから出発です。 run

「WILD-1」で『タオルマフラー』*日本製(綿100%)購入しました。

写真:Panasonic GF2 G14mm使用

Ataorumafura01

ハイキング用にしようと思います。
夏は、汗拭き、、、冬は、防寒。
朱色がコン様。水色が亀三郎。
いつものように、色違いの「おそろ」ですheart

Ataorumafura02

「WILD-1」店内のイラストは女性の顔だったので
基本は、女性向けかと思いますが、、、
普通の人の3倍汗かきの亀さんには、
こうゆうの(女性向けでも気にしないので)
何枚あってもいいのです。(笑)

あ、ちなみに産地は「今治」だったと思いますscissors

2012年6月24日 (日)

佐野名物「いもフライ」。。。小山のスーパーでも売ってます(笑)

写真:Nikon P5100使用 佐野名物「いもフライ」

Aimofurai01

「いもフライ」1本105円
一緒に買った「ミニヒレカツ」280円より、美味しかったです!

Aimofurai02

見る人によっては、「アンビリバボー」って思うかもですが
最初から「ウスターソース」が、かけてある状態で販売されてます。
栃木の県南地域も、なかなかワイルドでしょう~~~(爆笑)

ちなみに、亀家は「中濃ソース」派ですが
「いもフライ」は、「ウスターソース」が鉄板らしいっす・・・

2012年6月23日 (土)

小山市:麺屋『大和』(やまと)で、『辛らーめん』&『味噌つけめん』

写真:2012/06/18 Panasonic GF2 G14mm使用

Ayamato07

カラオケ3時間、、、しこたま唄って、小腹がすいたのでラーメンnoodleを食べに・・・
karaokeカラオケkaraokeは、予定より1時間延長・・・すますた)

Ayamato01

Ayamato02

お腹、、、そんなに減ってないけど、ラーメン屋に来ると「餃子」が食べたくなる、、、
これって、一種の『パブロフの犬』みたいな、、、条件反射でしょうか、、、(爆笑)

Ayamato03

『味噌つけめん』750円・・・亀三郎の注文

Ayamato06

濃厚味噌だれに、もっちり麺がよく絡んで美味しいです^^
あ、、、でも、、、麺の食感は、、、亀さん好みとは違いますが、、、(汗)

Ayamato04

『辛らーめん』600円・・・コン様の注文

Ayamato05

一口貰いましたが、、、激辛wobbly、、、(亀さんにとっては)
二口目は、、、もういらない!!って感じの辛さでしたぁ~~~coldsweats01

でもでも、、、コン様、ほぼ完食!辛いのが好きなんですgood

2012年6月22日 (金)

『尿管結石』1ヶ月クスリを服用後のエコー検査で「石」見つからず。

2週間ほど前、泌尿器科で2度目のエコー検査。
ドクター曰く、『石が見えなくなってるので、出てしまったかも』・・・との事。
亀さんに石が出た自覚?はないのですが、
出たにしても、溶けたにしても、、、石が見えないっていうのは、良い結果。
あと、一ヶ月継続してクスリを服用して、「痛み」が来なければ、
受診しなくてもOKと、、、言われました。とりあえずホッとしてますgood

写真:Nikon P5100使用 晩酌用おつまみチーズ??
    明治北海道 『十勝スマートチーズ』 12個入り

Atokatisumatotizu

初めて買いました^^
でも、正直言うと、、、昔から食べ慣れてる『雪印6Pチーズ』が、、、好みですsweat01
これは、これで、、、、美味しいけど、、、

「カラオケ」・・・大きな声を出して唄うと『健康』に良いらしいです・・・

コン様、、、突然、、、「大きな声を出したい!!」ってことで
カラオケボックス、、、お付き合いさせて頂きました。

いつもハイキング、、、亀さんが、付き合って貰ってるので
こうゆう時は、断れないっすよね、、、sweat01

写真:2012/06/18 Panasonic GF2 G14mm使用

Akaraokedenomihoudai01

(飲み放題コース980円/1時間×2時間×2人)+(部屋代800円/2時間×2人)

Akaraokedenomihoudai02

アメリカンドッグ、オニオンフライ、ポテトフライのバスケット
隣は、生ハムの入ったサラダ。

Akaraokedenomihoudai03

炙りエイヒレ・・・これ、、、亀三郎、一人だけで全部食べてしまったです(反省)

Akaraokedenomihoudai04

ソフトドリンクでも、勿論大丈夫です^^v

Akaraokedenomihoudai05

八千草薫さん、、、若い、、、後ろにいるのは岡田奈々さん。

Akaraokedenomihoudai06

この頃、、、グズ六の奥さんに、密かに憧れてました、、、
亀さん、そんな世代です、、、heart04

『青入山』から『晃石山』(その9)清水寺の紫陽花は咲き始め*最終回

写真:2012/06/17 Panasonic GF2 G14mm使用

Aseisuijinoajisai01

Aseisuijinoajisai02

Aseisuijinoajisai03

17日現在では、清水寺の紫陽花、、、全体的には「咲き始め」
でも、この位の時も「新鮮さ」?が出てて、いいような気がしました^^v
株によっては、開花がかなり進んでいるのもありますし・・・

Aseisuijinoajisai04

山の中で、大汗かいてハイキングしてる亀さんを
大空からパラグライダーで優雅に飛びながら、見てる人もいました(笑)

Aseisuijinoajisai05

おっと、、、今回、お初のメッシュベスト「ABURAYSIA」?
これも、亀母からのお下がりです^^

以上

では、『青入山』から『晃石山』シリーズ、今回で終了です。
紫陽花は、23,24日の週末頃は、ほんとの見頃を迎えているかもですね!
お客さん(ハイカーさん)も、増えてるかもしれません(汗)

それでは、また次の山でお会いしましょう~~~
今回も見て頂きまして、ありがとうございました(ペコリ)
ごきげんよう、さようなら~~~サヨーナラー(_´Д`)ノ~~サヨーナラー(_´Д`)ノ~~

2012年6月21日 (木)

『青入山』から『晃石山』(その8)復路は、晃石神社ルートで下山しました。

写真:2012/06/17 Panasonic GF2 G14mm使用

Aseisujihegezan01

山頂から神社に戻り、鳥居の下の参道(階段)を下ります。

Aseisujihegezan02_2

こちらのルートも傾斜が急です、、、
登りは、メチャクチャ大変だろうなぁと、、、(想像)

Aseisujihegezan03

やっぱり、、、観音堂の右手からが「晃石山」へのポピュラー?なルートでした。
あづまやもあるし、標識もあるし、、、(笑)
左手からのルートは、亀さん、、、
勝手に「青入山ルート」と名付けておきますねsign01
しかし、、、清水寺からの晃石山・山頂ルートは、どっちもキツイですね。
大平山からの「縦走ルート」の方が、楽だったような気もします(汗)

Aseisujihegezan04_2

四阿(あずまや)の前から、風景を一枚。
日射しが出て、、、下界はしっかり「夏日」になってました。。。暑い。。。sweat01

『青入山』から『晃石山』(その7)「晃石山・山頂」419.1m、二人とも2度目でした。

写真:2012/06/17 Panasonic GF2 G14mm使用

Ateruisisansantyou01_2

先に見える鳥居をくぐれば、山頂広場。(狭いけど、、、)
晃石神社からは100mなので、すぐに着きます。

Ateruisisansantyou04_2

晃石山の標高は、419.1m 南方向の山名板

Ateruisisansantyou02_2

前に登った古賀志山とか、、、北方向の山の名前が記載されてますが
こうゆうのは、うちのコン様、、、あまり関心がないようです、、、(汗)

Ateruisisansantyou03_2

一等三角点にタッチ。
一緒に来たのは初めてなので、『記念』になりました^^v

『青入山』から『晃石山』(その6)「晃石神社」でお昼ご飯にしました。おやつも、勿論!

写真:2012/06/17 Panasonic GF2 G14mm使用

Ateruisijinjya01

尾根道で、急に気持ちも体も楽になったのか、、、コン様、ハイペースです!!

Ateruisijinjya02

『コアジサイ』でしょうか??

Ateruisijinjya03

『晃石神社』
初めてのお参りです。3月に単独で晃石山に登った時は、、、
山頂まで来たのに、、、神社には寄らなかったのです。
100mしか、離れてなかったのに・・・sweat01

Ateruisijinjya04

『鏡石』
晃石神社の名前のいわれとなった石。

Ateruisijinjya05

亀母から貰った『ミレー』のザック。28Lらしい。
以前、亀母が山ウーマンだった頃
1泊するハイキングの時に使っていたようです。
何年前のモデルか不明ですが、今回、有りがたく使わせて貰いましたnote
ちなみに
2気室ですが、、、両サイドに網ポケットがないので、、、
ペットボトルを収納する場所がありませんcoldsweats01

Ateruisijinjya06

いつものローソンのおにぎりと、、、お菓子、、、しばし休憩です~~~

『青入山』から『晃石山』(その5)「青入山」山頂へ到着。「晃石山」まで0.5km!

写真:2012/06/17 Panasonic GF2 G14mm使用

Aaoiriyama02

大汗かいて、、、辿り着いたら、、、ここは、、、

Aaoiriyama01_2

「青入山・山頂」標高389.5m
な、、、なんと、、、このルートは、青入山・山頂へ向かうものでした。
わたしは、晃石神社に着くものとばかり考えていたんで、、、ショックwobblysweat01

Aaoiriyama03

でも、あと0.5km。
登山道も「尾根道」で楽になるようなので、
気を取り直して、先に進みますrun
相変わらず、山は、けぶってますが・・・(汗)

Asakuratouge

まだ行ったことがない「桜峠」方向。
次の機会では、更に進んで「馬不入山」(うまいらずやま)にも
足を伸ばしてみたいと思っています。think

2012年6月20日 (水)

『青入山』から『晃石山』(その4)異常な湿度で、『脱水症状』の危機!?

写真:2012/06/17 Panasonic GF2 G14mm使用

Adassui01

前日、東京で法事があったので、二人とも「疲労残り」・・・

Adassui02

天然の「なめこ」???

Adassui03

湿った山が、気温の上昇で水蒸気発生中なのでしょうか?
とにかく、気温の高さは、それほど感じないのに
二人共、汗が大量で出て来て、、、早くもバテバテに、、、
小休止して水分補給を3度ほど、、、sweat02sweat02
マジに、、、脱水症状(熱中症?)とかの心配が、頭に浮かびました。

Adassui04

上の写真もそうですが、、、けぶってるんです、、、山が、、、sad
そして
このルート、傾斜がキツイっす、、、そして、それが長いっす、、、
今年登った山で、、、一番かも??

『青入山』から『晃石山』(その3)登り始めてから5,6分で「見晴台」到着

写真:2012/06/17 Panasonic GF2 G14mm使用

Amiharasidaikosu01

標識は無かったけど、左手奥が登山道らしいので行ってみたんです。

Amiharasidaikosu02

今回は、、、登山道が、かなりワイルドsweat01
それと、雨の影響で、石の上は滑りやすいので
二人共、ゆっくりゆっくりを心がけて登りました。

Amiharasidaikosu03

登り始めて5,6分で「見晴台」に到着。
清水寺入り口の案内図に、この見晴台が描かれていたので
登山道に沿って登ってることが確認できて、実はホッとしました。coldsweats01

Amiharasidaikosu04

「見晴台」からの景色。 冬場は、もっと見晴らしがいいんでしょうかね。
でも、どっちにしてもベンチも無いので、すぐに出発ですrun

『青入山』から『晃石山』(その2)「十三仏像」にお参りしてから、ハイキング開始。

写真:2012/06/17 Panasonic GF2 G14mm使用

Ajyuusanbutuzou01

葉の縁が白いガクアジサイ?比較的珍しいでしょうか?
*斑入額紫陽花(フイリガクアジザイ)・・・ブロ友Lucianさんから情報頂きました(6/20)

Ajyuusanbutuzou02

観音堂へ向かう舗装道路脇には、白い紫陽花が・・・

Ajyuusanbutuzou03

せっかくなので「十三仏像」にもお参りしていきます。

Ajyuusanbutuzou04

これからの登山の安全祈願。。。かな。。。???sweat01

Ajyuusanbutuzou05

「観音堂」

それで、下山してから分かったのですが、、、
観音堂を正面に見て、右手へ進んだところに登山口があり
どうやら、そちらの方がポピュラーだったのかもしれません。
「晃石神社コース」?

亀さんちは、
ここから左手へ進んだところにある登山口から上ったのですが
途中、、、見晴台はあるにしても、、、
「登山口」の標識も無かったし、、、登山道も、、、
かなりワイルドでした、、、

『青入山』から『晃石山』(その1)清水寺(せいすいじ)から、「見晴台コース」を登ります

写真:2012/06/17 Panasonic GF2 G14mm使用

Aseisuijinomori01

17日は、ハイキングをお休みする予定だったのですが、
天気予報を見たら「12時過ぎからsunマーク!!」
「どうする?」
「亀ブー行きたいなら、仕方ないから付き合うよ」
って、、、ことで、、、近場(栃木市大平町)の山を選んでみました。

Aseisuijinomori02

『清水寺』(せいすいじ)
下野坂東26番札所

Aseisuijinomori03

清水寺・駐車場近辺からの情景

Aseisuijinomori04

『晃石山』(てるいしさん)*419mは、栃木百名山のひとつ。
亀さん、今年3月に単独で太平山からの縦走ルートで登頂済み。
参考過去ログ
http://3748.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-5994.html

コン様も、だいぶ前に亀母と登頂した経験ありですが
二人で一緒heart04が無かったので、今回、ルートを変えて挑戦しましたsign03

2012年6月19日 (火)

小雨の中、東京を久しぶりに『散策』。喫茶室「ルノアール」で、お茶も・・・

写真:2012/06/16 Panasonic GF2 G14mm使用
    JR秋葉原駅のホームから「ヨドバシカメラ」を写す

Aakihabara01

JRの一日乗車券(休日おでかけパス)を買ったので、
法事&食事会が終わったあと、秋葉原にも寄ってみました。
CASIOのプロトレックとか
ハイキングの時に使いたいカメラストラップとか、、、いろいろと、、、
ウィンドウショッピングeyesweat01

Aakihabara02

そして、神田で・・・駅前の喫茶室「ルノアール」
料金は、少しお高いけど、、、まったりしたかったので、、、

Aakihabara03

この後、水道橋に移動して、ハイキング用品のお店を「視察」してから帰路へ。

休日おでかけパスを、出来るだけ活用しようと頑張り過ぎたかも、、、
東京の町をかなり歩いたので、、、足が疲れました、、、、coldsweats01

沖縄の泡盛「残波」(ざんぱ)は、アルコール度数30度でした

写真:2012/06/16 Panasonic GF2 G14mm使用
    或る日の昼食?シリーズ(昼酒シリーズかも・・・汗)

Aizakayanite01

おばあちゃんの玉子焼き

Aizakayanite02

お刺身盛り合わせ
この日は、「タコ」が美味しかった^^
・・・ん?単に、亀三郎が好きなだけかも??

Aizakayanite03

イカ焼き入りサラダ

Aizakayanite04

琉球泡盛「残波」(ざんぱ)
義兄と一緒に飲みました。*水割りセット(氷とミネラルウォーターとレモン)
今まで飲んだ泡盛の中では、一番スッキリとした飲みくちだったような気がします。
でもアルコール度数は30度。。。ちょっとききました。。。coldsweats01

2012年6月18日 (月)

私にも、親戚が『ひとり』、、、増えたんですよ(嬉しい)

逝ってしまうひとがいれば、来てくれるひともいる・・・
亀さんにも、かわいい親戚がひとり増えてました。

写真:2012/06/16 Panasonic GF2 G14mm使用

Asinsekinoakachan

初登場
親戚のMちゃん、今月で満一歳になるそうです。heart

Asinsekinoakachan02

久しぶりに会ったR君
すこししゃべるようになって、ますますカワユス^^;;

2012年6月17日 (日)

義母の「3回忌」・・・『紫陽花』が咲く東京のお寺で、執り行いました。

昨日(16日)、義母の3回忌のため東京へ。
命日は7月25日ですが、諸事情があり早めに執り行いました。

写真:2012/06/16 Panasonic GF2 G14mm使用
    東京のお寺の『紫陽花』

Atoukyounoajisai01

Atoukyounoajisai02_2

雨だったので、「紫陽花」のブルーが、特に際立っていました。
ただ、実際に義母が亡くなったのは、
梅雨明け直後の「猛暑日」だったような・・・そんな記憶があります。
なので、『紫陽花』は、、、義母の思い出とはリンクしてませんsweat01

2012年6月16日 (土)

父のお墓参り・・・以前、父が使ってたチェアー、、、今は、母が使っています。

写真:Nikon P5100使用 父のお墓参り 小山市「やすらぎの森」にて

Atitinohakamairi01

Atitinohakamairi02

この花が、上の写真のような『実』になるんでしょうかね??
芝生の中で咲いていた雑草系?の植物。

Atitinohakamairi03

以前、父が歩くのに疲れた時に使っていたチェアー。
今は、これを母が使っています・・・

Atitino

そう言えば、、、明日(17日)は、父の日ですね・・・

2012年6月15日 (金)

東北自動車道(上り)大谷PA:意外と旨い!?「ラーメン」&普通の!?「きつねそば」

写真:Panasonic GF2 G14-42mm使用 或日の昼食シリーズ
    東北自動車道(上り)大谷PAにて

Aooyanoramen01

Aooyanoramen02

「ラーメン」530円・・・コン様の注文
一口貰ったら、麺は手打ちぽくてコシがあって美味しかったです。
ただ、コン様、、、気に入ってたようですが、、、
亀さんは、、、このスープ、、、けっこう独特の脂を感じて、、、苦手系、、、(汗)

Aooyanoramen03

「きつねそば」420円・・・亀三郎の注文
まぁ、、、いわゆる麺は、、、駅そば系。言い方を変えると、安心できる味ですsign02
この日は
無性に「油揚げ」が食べたかったんです。
そんな日って、ありますよね?? (笑)

2012年6月14日 (木)

日光『高山』から『千手ヶ浜』(その16)低公害バスで千手ヶ浜から赤沼へ*最終回

写真:2012/06/10 Panasonic GF2 G14-42mm使用

Ateikougaibasu04

Ateikougaibasu05

雨降る中を、バス停まで歩きます。

Ateikougaibasu01

千手ヶ浜のバス停。今、停車してるバスに時間的には間に合ったのですが
3人とも、トイレタイムtoiletが必要だったので、、、乗れませんでしたsad
・・・なので、、、30分ほど待って、次のバスに乗ることに・・・coldsweats01

Ateikougaibasu03

バスを待ってる間、青空がのぞく時間も、、、

Ateikougaibasu02

進行方向左手の白い花が、「ズミ」だそうです。
後ろの席の人が、教えてくれました^^v

以上

このバスで赤沼まで30分。
赤沼で又30分ほど待ってから、東武バスで滝上まで移動。
そして、滝上駐車場に駐車しておいた車で帰路につきました。

今回は、栃木百名山「高山」踏破(15座目)、
そして千手ヶ浜のクリンソウ見学。
おおきなイベントを、ふたつもこなして充実してましたscissors
高山下山するあたりから、雨が降り出しましたが、
雨の中を歩くのも、なんか気持ちが良かったです。
トウゴクミツバツツジ、シロヤシオもキレイだったし、、、

さて、またまた長いシリーズ、
ご覧いただきまして有難う御座いました(ペコリ)
また近いうちにお会いできると思いますので、
そのときまで、ごきげんようです~~~
さよ~~なら~~~ サヨーナラー(_´Д`)ノ~~

日光『高山』から『千手ヶ浜』(その15)クリンソウをバックに記念写真も撮りました

写真:2012/06/10 Panasonic GF2 G14-42mm使用
    日光中禅寺湖 千手ヶ浜のクリンソウ群生地にて

Akurinsoushuukai04

Akurinsoushuukai05

Akurinsoushuukai07

Akurinsoushuukai08

周回道路も回ったし、記念写真も撮ったので
そろそろ千手ヶ浜の低公害バスのバス停へ向かいますrun

日光『高山』から『千手ヶ浜』(その14)周回道路を順路に沿って「クリンソウ」鑑賞

写真:2012/06/10 Panasonic GF2 G14-42mm使用
    日光中禅寺湖 千手ヶ浜の「クリンソウ」群生地にて

Akurinsoushuukai09

順路に沿ってクリンソウを鑑賞

Akurinsoushuukai01

携帯カメラでクリンソウを撮るコン様

Akurinsoushuukai02

Akurinsoushuukai03

Akurinsoushuukai06

亀さんの「彼岸の世界」のイメージにかなり近い情景・・・(汗)
でも、同じようなイメージでいる人、もしかして多い??
向こう岸に、先に逝った人が「おいで、おいで」と手招きしてる図、
見えたりしたら怖いけど、、、coldsweats01

日光『高山』から『千手ヶ浜』(その13)「クリンソウ」群生地の散策を開始。(開花初期)

写真:2012/06/10 Panasonic GF2 G14-42mm使用
    日光中禅寺湖 湖畔の「仙人庵」から『クリンソウ』群生地を散策

Akurinsou01

、、、ん、、、思ってたより小さくて、、、更に、周回道路から遠い、、、
やっぱり、K20D+18-250mmを持ってくれば良かったか、、、と思った瞬間coldsweats01
でも、、、高山ハイキングがあったので、、、重くなりますからねぇ・・・

Akurinsou02

でも、ここは、、、やはし、、、一眼レフ率が圧倒的でした(笑)

Akurinsou03

実際の肉眼で見たイメージに近いのは、こんな情景ですかね、、、

Akurinsou04

周回道路のロープ際の「クリンソウ」(白系)

Akurinsou05

周回道路のロープ際の「クリンソウ」(濃いピンク系)

2012年6月13日 (水)

日光『高山』から『千手ヶ浜』(その12)「仙人庵」近くには、「イチリンソウ」も開花中

写真:2012/06/10 Panasonic GF2 G14-42mm使用

Asenninan01

亀母との待ち合わせ場所「仙人庵」に向かっています。
もしかして、正面の山が将来の目標「黒檜岳」でしょうか?

Asenninan02

遊歩道脇の小さな黄色の花の群生

Asenninan03_2

「仙人庵」前の中禅寺湖の情景

Asenninan04

ここで、亀母と再会できました!
三人で無料の珈琲をご馳走になって、ちょっとだけ休憩。
それと、帰る時に気が付いたのですが、、、
募金箱があったので、幾ばくかのお金を、入れれば良かったですね。(反省)

Asenninan05

亀母が、『目の前で「イチリンソウ」も咲いてるよ』、、、と。

次のログからは、「クリンソウ」群生地散策です。
咲き始めですけど、亀さんは初めて来たので「十分可愛く」?見えました(笑)

日光『高山』から『千手ヶ浜』(その11)湖畔の遊歩道、一部「崩落」箇所がありました

写真:2012/06/10 Panasonic GF2 G14-42mm使用

Akohannoyuuhodou01

雨が一瞬ですが、上がったのでPanasonic GF2へ再びカメラチェンジ

Akohannoyuuhodou02

ざざざぁ・・・ざざざぁ・・・と繰り返す湖の波音を聴きながらのハイキング。
日射しが新緑に当たって輝いてるし 、、、
やっぱり、ここは「日光」って思った瞬間です。←感覚的で意味不明かもですがsweat01

Akohannoyuuhodou03

崩落箇所
一瞬、「ひえっ、だいじょうぶ?」って思いましたが、問題なく通れました^^;;

Akohannoyuuhodou04

しかし、、、こうゆう崩落は修復が大変でしょうねぇ、、、
でも、『世界の日光』なので、早く直して欲しいのが「県民の願い」??

Akohannoyuuhodou05

2週間前にも来た「千手ヶ浜」

Akohanno

今回は、「クリンソウ」の群生地へ向かいますrun

日光『高山』から『千手ヶ浜』(その10)中禅寺湖・湖畔に到着しました。(無事に下山)

写真:2012/06/10 SONY DSC-TX5使用

Akohannitoutyaku01

登山道も平坦に近くなって、もうじき「中禅寺湖」に到着です。
小田代ヶ原への分岐点からここまで、すれ違ったハイカーは2組。
こちらから登る人は、少ないのかもですね。

Akohannitoutyaku02

現在地・・・高山山頂から分岐点、そして分岐点から現在地まで
このルートは、標準タイムより早く歩いて来たと思います^^v

Akohannitoutyaku03

あめにけぶる中禅寺湖(笑)

Akohannitoutyaku04

ここからは、「千手ヶ浜」に向けて湖畔の遊歩道を歩きますrun
逆方向へ歩くと「菖蒲ガ浜」
いつか機会があれば、「菖蒲ガ浜」から「竜頭の滝」コースも歩いてみたいです。

日光『高山』から『千手ヶ浜』(その9)『雨』の中のハイキングも、楽しいかもです・・・

写真:2012/06/10 SONY DSC-TX5使用
    雨が、本降りに近くなって来たので、SONYの『防水』カメラへチェンジ

Aamemomatatanosi01

コン様・・・「レインジャケットも似合うでしょ?」と、、、ポーズを決めています(笑)

Aamemomatatanosi02

雨、、、降ってるんです、、、この写真だと分かりにくいと思いますがcoldsweats01

Aamemomatatanosi03

小田代ヶ原への分岐点を過ぎた後は、
登山道が開放感があって、気持ちが楽でした。
そして、下りなので歩くスピードも自然に早くrun

Aamemomatatanosi04

中禅寺湖まで、あと0.8km。
この日は、下りでも、ヒザに痛みが、あまり来なかったので、助かりましたscissors

Aamemomatatanosi05

2012年6月12日 (火)

日光『高山』から『千手ヶ浜』(その8)「トウゴクミツバツツジ」の花回廊を抜けて・・・

写真:2012/06/10 Panasonic GF2 G14-42mm使用

Ahanakairou01

「シロヤシオ」もキレイでしたが、
次には「トウゴクミツバツツジ」の花回廊が待ってました。

Ahanakairou02

高山は、こちら側の登山道の花の方が素晴らしいですね!

Ahanakairou03

そして鎖場?わたし、、この鎖を持って進んだんですが、、、
かえって鎖が伸びて、危なかったです、、、「およよ、、」って。
鎖に頼らないほうが「安全」だったかも。sweat01

Ahanakairou04

雨が、本格的に降ってきたので、この分岐点で雨支度をしました。

Ahanakairou05

これも、亀母のお下がり。(*上だけで下はありません、、、汗)
メーカーはモンベルなんですが、素材はゴアテックスじゃないようです。
亀母が、雨用というので、それを信じて・・・
あ、でも、たしかに雨の「はじき」は、普通のナイロンとは違う感じでした。
(亀さんのは、ユニクロの雨用ヤッケ。それと比較しての感想、、、笑)

ちなみに、二人共、はじめてハイキングで雨支度rain

日光『高山』から『千手ヶ浜』(その7)下山は、「シロヤシオ」を眺めながら、慎重に・・・

写真:2012/06/10 Panasonic GF2 G14-42mm使用

Asiroyasio04

山頂で30分ほど「おにぎり休憩」したので、そろそろ下山します。
亀さんパーティーは、この先の峠の分岐点で「中禅寺湖」方面へ向かい
千手ヶ浜のクリンソウ群生地で待っている亀母と合流予定。

Asiroyasio03

下り始め、「シロヤシオ」。良い感じで咲いているのがありましたgood

Asiroyasio02

Asiroyasio01

この花が、一番状態が良かったかもです~~~^^v

日光『高山』から『千手ヶ浜』(その6)「高山・山頂」1668m到着。カラマツの緑が輝いて。

写真:2012/06/10 Panasonic GF2 G14-42mm使用

Atakayamasantyou01

栃木百名山シリーズ・・・亀三郎、ここ「高山」で15座目踏破sign03

Atakayamasantyou02

高山山頂のシンボルツリーかのような『トウゴクミツバツツジ』が満開でした。

Atakayamasantyou03

カラマツの葉の「緑」も輝いて・・・『清々しい色』・・・
そして、、、、山頂は、次々とハイカーが到着。

Atakayamasantyou04

そして、亀さんちも『おにぎりタイム』riceball

Atakayamasantyou05

『JANE RIVER』のベスト・・・亀母からのお下がりです^^v今回、初めて着用!
お初なので、、、恒例の「記念写真」camera

日光『高山』から『千手ヶ浜』(その5)山頂直前で、「中禅寺湖」がキレイに見えました

写真:2012/06/10 Panasonic GF2 G14-42mm使用

Amousugutyuojyou01

見えてるけど、木々に遮られてスッキリ見えない時間が長かったので
この山頂手前のポイントで、中禅寺湖がはっきりと見えた時は、
思わず「おおお~~~」って、心で叫んでしまったです(笑)

Amousugutyuojyou02

同じ場所から望遠端で。

Amousugutyuojyou03

白樺と雲と男体山

Amousugutyuojyou04

こちらは、戦場ヶ原方向。

さて、次のログで「山頂」に到達です!!

2012年6月11日 (月)

日光『高山』から『千手ヶ浜』(その4)アズマシャクナゲの群落もありました。(少ないけど)

写真:2012/06/10 Panasonic GF2 G14-42mm使用

Ashakunage04

進行方向右手、展望が開けたところから「戦場ヶ原」方面が見えましたeye

Ashakunage01_2

前日の雨の影響で痛んでる花が多かったのですが、
きれいどころを一生懸命探して、パチリcamera

Ashakunage02

Ashakunage03

「アズマシャクナゲ」のポイントを過ぎたら、まもなく山頂まで残り30分地点に到着。
ここまで、標準タイムと同じ1時間でした^^v(ま、、、ゆっくりペースですね、、汗)

日光『高山』から『千手ヶ浜』(その3)登山道脇の植物たちを写す

写真:2012/06/10 Panasonic GF2 G14-42mm使用

Ayamanosekai01

歩き始めの頃は、日射しも出てきて、「森林浴」気分でした^^v

Ayamanosekai02

緑を愛でる心の余裕も・・・(笑)

Ayamanosekai03_2

何か、、、花の蕾でしょうかね?

Ayamanosekai04

以前の亀さんだったら、冷や汗が出る位の斜面ですが、
最近は、「こんくらいなら!」って余裕で登ります!←嘘ですよ、、、sweat01

Ayamanosekai05

そんな登山道の岩陰に、ひっそりと咲く白い小さな花
*スダヤクシュ・・・ブロ友ケン坊さんから情報頂きました(6/11追記)

日光『高山』から『千手ヶ浜』(その2)「高山・登山口」は、「竜頭の橋」を渡ってから!

写真:2012/06/10 Panasonic GF2 G14-42mm使用

Atakayamairiguti02

栃木百名山「高山」の登山口は、
滝上駐車場から「竜頭の橋」を渡ったところにあります。
渡る手前に遊歩道があるので、
初めての人は、間違いやすいポイントかもですsweat01

Atakayamairiguti01

Atakayamairiguti03

現在地から、「高山・山頂」まで標準タイムで1時間30分。
ちなみに亀母は、
東武バスで、滝上から赤沼。
そして、低公害バスで、赤沼 → 小田代ヶ原 → 千手ヶ浜と移動しました。

Atakayamairiguti04_2

画面奥の鹿よけ柵の扉をあけて、いよいよハイキング開始ですrun

日光『高山』から『千手ヶ浜』(その1)竜頭の滝「滝上」駐車場からスタートです!

栃木百名山「高山」ハイキングと、千手ヶ浜の「クリンソウ」見物に
亀母、コン様と奥日光まで遊びに行って来ましたcar

写真:2012/06/10 Panasonic GF2 G14-42mm使用

Anikkoudou02

日光宇都宮道路の「日光口」にてトイレ休憩

Anikkoudou01

日光口の「ニッコウキスゲ」

Anikkoudou03

滝上駐車場近くのツツジ
小山5時15分出発 滝上駐車場7時到着(1時間45分)*東北道、日光宇都宮

Anikkoudou04

「竜頭の橋」の上から*標高1355m
画面奥に見えるのが「中禅寺湖」です。

Anikkoudou05

地元紙「下野新聞」9日朝刊に「トウゴクミツバツツジと竜頭の滝のコラボ」が
掲載された関係か?早朝からカメラマンが多かったですsweat01

2012年6月10日 (日)

小山市:農村レストラン『味処 くわっせ』、もりそば(大盛り)&天ぷらそばを注文!!

6月9日、関東地方も梅雨入り!
これから、ながぁ~いレイニィしぃずんですね・・・rainrain
でも、亀さん的には、梅雨が明けて『猛暑到来!』なんていう方がイヤかもsweat01

写真:Nikon P5100使用 小山市 農村レストラン『味処 くわっせ』
    或る日の昼食。亀母と、父のお墓参りに行った後に寄ったお店です。

Akuwasse06

お店の入り口。隣には「農産物直売所」があります。場所は、扶桑。

Akuwasse02

店内風景

Akuwasse01

亀三郎は、もりそば(大盛り)600円 亀母は、天ぷらそば(600円)を注文

Akuwasse03

Akuwasse04

手打ちで、オーソな味わい。大盛りにして600円なら、コスパは高いと思います。
「蕎麦だけ食べたい」って、モードの時に、、、リピートしてしまうかもですgood

Akuwasse05

『かき揚げ天ぷら』は、単品で注文すると100円。
最初、お店の人から
「大きいので、お二人でひとつ位がちょうど良いですよ」と説明あり。
見た瞬間に納得、、、でかい、、、これは一人だと、たしかに厳しそうです。

Akuwasse07

亀母、、、半分をお蕎麦に投入!!残り半分が、、亀さんにやって来ましたcoldsweats01
ただ、天つゆはないので
天ぷらを食べる場合は、温かい蕎麦と一緒の方がいいかも、、、(私感)

2012年6月 9日 (土)

モンベル:ウィックロンのソックス(トレッキング用)を買ってみました。

写真:Nikon P5100使用 モンベル ウィックロンのソックス(トレッキング用)

Amontbellnokutusita

写真のウィックロンの『トレッキング用ソックス』(2人分)と、
写真はないですが『ニーロングタイツ』(2人分)を買ってみました。
しかし、ソックスは3足1000円の品が中心の亀さんちとしては、、、
山用品、、、メチャクチャ高く感じます、、、sweat01

でも、WILD-1で他のメーカーの山用品を見ると
モンベルよりも高いのがゴロゴロあって、更にビックリ。
聞いたこともないメーカーだけど、
山の世界では有名なんでしょうねぇ、多分、、、、

2012年6月 8日 (金)

小山市:「らーめんはるか86」へ再び・・・分厚いチャーシューは健在!

写真:2012/06/03 Panasonic GF2 G14-42mm使用

Aharuka01

地元小山のラーメン店「らーめんはるか86」
亀さんは、2回目。コン様は、初めてです^^

Aharuka02

来ました、来ました、、、分厚いチャーシューが乗った醤油ラーメン(佐野系)
ただ、うちのコン様曰く
「すぐ食べると、お肉は少しパサパサ感あり。
スープに暫く浸してからじゃないとダメ」と・・・厳しいご意見・・・

Aharuka03

ビッグサイズの餃子も注文(5個)

Aharuka04

野菜たっぷりです。 こちらは、コン様、無条件で気に入ったようですnote

あ、それと、、、うちのコン様、、、好みが「塩ラーメン」で
「醤油ラーメン」は、あんまし好きじゃないんですって、、、
なので、、、ラーメン自体の評価も、、、辛口部分がありましたsweat01

実は、わたしも、、、初回の「美味しさ」が、、、いまひとつ無かったような
スープの出来が、、、この日は悪かったのか???
具体的に言えませんが、、、何かが違ってたような気がします。think

参考:初回訪問時ログ
http://3748.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/post-e349.html

2012年6月 7日 (木)

『行道山』から『大岩毘沙門天』(その12)行道山・浄因寺境内の猫ちゃんたち*最終回

写真:2012/06/03 Panasonic GF2 G14-42mm使用

Ajyouinjinoneko01

スタート地点の行道山浄因寺まで戻って来ました。
時刻は、12時20分。
スタートが8時40分でしたので、3時間40分のハイキングとなりました。

Ajyouinjinoneko02

この猫ちゃん、、、餌が欲しいのか、、、亀さんに寄ってきます。。。

Ajyouinjinoneko03

しゃがんでる私の足にまとわりついて来ました、、、

Ajyouinjinoneko04

ところが、、、亀さんのお尻が臭かったのか??
餌が貰えないと分かったからか??
ちかくで座って、プイと横向いてしまったです。

Ajyouinjinoneko05

ん??おいおい、、、視線は別の人かよ、、、おいおい、、、sweat01sweat01

以上

これで『行道山』から『大岩毘沙門天』シリース終了です。
往復約5kmのハイキング。
天気予報では、いつ雨が降ってもおかしくない状況でしたが
運よく降られずに、最後まで歩けました!!(良かった、、、ホッ)
そして
多くの山野草をカメラに収めることも出来て、、、また、、、
その名前を、多くの方からご教授頂き、とても勉强になりました(感謝)

では、また次の山でお会いしましょう~~~
その時は、またよろしくお願いします(ペコリ)
ただ、、、
そろそろ誰かと、、、リアルに会ってしまような気もしますが、、、
そのときは、知らない振りしてすれ違ってくださいね~~~(爆笑)

サヨーナラー(_´Д`)ノ~~

『行道山』から『大岩毘沙門天』(その11)ビューポイント(休憩所)にも立ち寄りました

写真:2012/06/03 Panasonic GF2 G14-42mm使用

Aviewpoint01

大岩毘沙門天のすぐ近くに「ビューポイント」(休憩所)がありました。
トイレもあるので、ゆっくりしたい時には、ここがオススメです^^v
実は、最勝寺さんでレトロトイレtoilet(ぽっとんタイプ)を借りたばかりでした。
予め知ってたら、、、こっちのほうが広くて良かったなぁ、、、と、、、sweat01

Aviewpoint02

Aviewpoint03

景色も良いので、思わずルイルイ~~♫ ← 太川陽介調で再生してください。

Aviewpoint04

「ビューポイント」からの景色。

さて、、、次のログはスタート地点の『行道山・浄因寺』に戻った所です。
そして、、、汗と涙と笑い??の「最終回」予定sign02

『行道山』から『大岩毘沙門天』(その10)「大岩毘沙門天」(真言宗の古刹:最勝寺)に到着

写真:2012/06/03 Panasonic GF2 G14-42mm使用

Abishamonten01

大岩毘沙門天(大岩山多聞院最勝寺)に到着。(10時38分)
浄因寺から、食事休憩含めて約2時間かかりました。

参考
http://www.cnet-ga.ne.jp/kenta/mitsu/saisyou.htm

Abishamonten03

早速、お参りさせて頂きました。

Abishamonten04

真言宗豊山派 最勝寺 745年 聖徳太子の命により行基が開山
「大和の信貴山」 「山城の鞍馬山」と並ぶ日本三毘沙門のひとつ。

Abishamonten05

階段を下りて、「山門」を近くからも撮りたかったけど、、、
足が疲れてたので、、、今回はパスしちゃいました(情けなや、、、汗)

Abishamonten06

無料の資料を頂くコン様。

Abishamonten07

2012年6月 6日 (水)

『行道山』から『大岩毘沙門天』(その9)長い下りの後、舗装された道路に出ました。

写真:2012/06/03 Panasonic GF2 G14-42mm使用

Ahirobanite02

長い下りの後、視界が開けて「広場」に出てきました。
この看板を見ると、現在地から行道山浄因寺まで40分!!
ゲロゲロ、、、やっぱり、亀さん、、、歩くスピード、、、相当のろいっすsweat01
鍛え方の足りなさを痛感した『数値』でした・・・
この時、10時28分だったので、、、おおよそ1時間50分経過。。。

Ahirobanite01

写真右奥の方の登山道から下りてきたんです。
この広場、ベンチもあるので、靴の紐を結びなおして小休憩。

Ahirobanite

景色は、良かったです。
あ、、、あと、、、標準タイムより遅くなるのは、、、
「おやつ」を食べてる時間が長いのも影響してると思われますwobbly

Ahirobanite04

あと200mくらいで
「大岩毘沙門天」に到着します!!

『行道山』から『大岩毘沙門天』(その8)足利百名山「大岩山」*417mに到着!

写真:2012/06/03 Panasonic GF2 G14-42mm使用

Aooiwayamasantyou01

Aooiwayamasantyou02

「大岩山・山頂」へ向かう尾根道にあった『巨石』
どう見ても、人の顔に見えませんか??見えますよね??
名前が付いて「立て札」が無いのが、不思議なくらいです(笑)

Aooiwayamasantyou03

足利百名山の「大岩山」頂上に到着。
先刻、石尊山見晴台(=行道山・山頂)では、
コン様の『ひとり熊蜂騒動』で座れなかったので
ここのテーブルで、すこし休憩しました。happy01

Aooiwayamasantyou04

足利百名山「大岩山」標高417m
栃木百名山には登録されていません・・・残念

Aooiwayamasantyou05

ここから、大岩毘沙門天までは、ずんずん下りが続きました。
帰りのことを思うと、、、「憂鬱」でしたが、、、上りになるので、、、sweat01

『行道山』から『大岩毘沙門天』(その7)「石尊山見晴台」(=行道山・山頂)に到着

写真:2012/06/03 Panasonic GF2 G14-42mm使用

Asekisonsanmiharasihe01

「寝釈迦」から500mで「石尊山見晴台」(=行道山・山頂)標高442m です。

Asekisonsanmiharasihe02

登山道にポツンと1本、、、いかにも「毒キノコ」???
もしくは、超貴重な「希少品種」???

Asekisonsanmiharasihe03

ヤマアジサイ??多分、、、違いますね、、、、
山頂近くには、これが多かったです。梅雨近しを感じさせる花^^v
*「コアジサイ」・・・ブロ友ふうこさま、Lucianさんより情報頂きました(6/6追記)

Asekisonsanmiharasihe04

「石尊山見晴台」(=行道山・山頂)標高442mに到着!!
儀式の三角点タッチです~~~scissors
行道山浄因寺駐車場を8時40分にスタートし、
途中、トイレ休憩&コンビニ朝ご飯をして、9時50分。
(ここまでの所用時間1時間10分)

Asekisonsanmiharasihe05

山頂から北西方向、展望はありますが、、、この日は、、、こんな感じsad
近くにいた人も、「今日は白くて、写真撮ってもダメだね、、、」と。

Asekisonsanmiharasihe06

ただの雑草??
*「ニガナ」・・・ブロ友グランマさん、ふうこさまから情報頂きました。
(写真右下の花びらが5枚のもの)
*「ハナニガナ」・・・ブロ友Lucianさんより情報頂きました。
(写真右上の花びらが9枚のもの)
(6/6追記)

ここから折り返す手もあったのですが、
まだ、二人共歩けるという判断で
「大岩毘沙門天」まで足を伸ばしてのピストン・ハイキングにする事に!

それと、ここ石尊山見晴台、、、熊蜂が2,3匹、、、ブンブン~~~
コン様、、、そのハチに、ものすごく怖がってしまって、、、
写真も休憩もそこそこに、ハイキングをリ・スタートしたのでしたrunsweat01

『行道山』から『大岩毘沙門天』(その6)「寝釈迦」さまの下のベンチで、朝ごはん。

写真:2012/06/03 Panasonic GF2 G14-42mm使用

Aneshakanositadeasagohan01

「寝釈迦」さまの下のスペースには、キレイなベンチとテーブルがありました。

Aneshakanositadeasagohan02

朝ごはんの「コンビニおにぎり」と、お菓子たち!!
どれも、大切なハイキングの友なんですよ・・・ふふふ

Aneshakanositadeasagohan03

コン様と、色違いおそろの私の帽子^^v
モンベル「メッシュクラッシャーハット」(色:ライトタン)

Aneshakanositadeasagohan04

こうゆう景色を眺めながら、おにぎりriceball食べてました~~~

Aneshakanositadeasagohan05

振り返ると、石仏群。
しかし、、、この山、、、ほんと、、、石仏が多かった。

『行道山』から『大岩毘沙門天』(その5)ちょっと寄り道して「寝釈迦」を見学

写真:2012/06/03 Panasonic GF2 G14-42mm使用

Aneshaka

浄因寺境内からの急な階段をあがると、お堂がありました。
ここも紅葉の時期が良さそう。

Aneshaka02

Aneshaka03

「寝釈迦」を見るために、ちょっと寄り道していきます。

Aneshaka04

ほんの少しだけ岩登り。

Aneshaka05

浄因寺の「奥の院」らしい、
石仏が、たくさん置かれています。行基上人が分骨入定された聖地。

Aneshaka06

「寝釈迦」さま

「おお、おいでなったか、、、すこし休んでいかれよ」なんて、、、
そんな風に言われたような気がしました。(笑)
実際、、、この下にあるテーブルで「朝ごはん」にしたんです、、、coldsweats01

2012年6月 5日 (火)

『行道山』から『大岩毘沙門天』(その4)浄因寺境内から「寝釈迦」へ向けて。

写真:2012/06/03 Panasonic GF2 G14-42mm使用

Ahaikingusutato01

二人共、トレイ休憩して「スッキリ」

Ahaikingusutato02

浄因寺境内の「コデマリ」?を横目で見ながら、再び歩き始めます!

Ahaikingusutato03

看板が出てるので、コースを間違う心配はないです^^v

Ahaikingusutato04

おおお、、、まい、、がっど、、、また急な階段、、、です、、、sweat01

『行道山』から『大岩毘沙門天』(その3)「天高橋」から「清心亭」へは立入禁止!?

写真:2012/06/03 Panasonic GF2 G14-42mm使用

Ajyouinnjinotoire01

浄因寺の境内に入ると、猫ちゃんが沢山いました。
朝から丸くなって抱き合って、、、幸せそうですねheart
残りの猫ちゃんは、後半でUPします^^v

Ajyouinnjinotoire02

この写真を撮った時は、昨年の東日本大震災の影響で立入禁止区域かぁと
なんとなく思っただけでしたが、帰宅後調べてみたら
多分、、、ここの階段を登れれば
「天高橋」から「清心亭」へ行けたみたいです。
そう、、、
栃木百名山ガイドブックの表紙の写真にも採用されてる「景色」の中へ!

Ajyouinnjinotoire03

落石注意の大岩と大岩の間を通って、トイレに向かいます。
実は、このときは、、「トイレ最優先」モードで周囲に注意がいってません(恥ずかし)

Ajyouinnjinotoire04

これが、天空にかかる「天高橋」と、、、思います。
「清心亭」は、左の岩の上と思いますが、、、
建造物があるという意識がなかったので、カメラを向けることもしてません(反省)

★ネットから
巨石の上には眺望絶景の建物『清心亭』(せいしんてい)があります。
そこへ渡るために巨石から巨石に架けられた空中橋『天高橋』は
葛飾北斎が『足利行道山雲のかけ橋』として描きました。
ここは、足利県立自然公園ハイキングコースのポイントでもあり、
南画さながらの景勝地として、
昭和50年栃木県の名勝第1号に指定されました。

Ajyouinnjinotoire05

参拝客用でハイカー用じゃないかもですが、、、お借りしました。
とても、キレイなトイレで、、、このお寺の方に感謝です(ペコリ)

『行道山』から『大岩毘沙門天』(その2)山門近くの多くの石仏と、小さな草花たち。

写真:2012/06/03 Panasonic GF2 G14-42mm使用

Ajyouinjinosandouwoagaru01

「行道山・浄因寺」は、『石仏』の多い断崖絶壁にあるお寺です。

★ネットから抜粋
『関東の高野山』といわれ、山腹にある浄因寺は和銅7年(714年)、
行基上人(ぎょうきしょうにん)の開創と伝えられます。
参道から山頂にかけ3万3千体といわれる大小の石仏や、
右手を枕に西向きに寝ている寝釈迦(ねじゃか)があります。

Ajyouinjinosandouwoagaru02

Ajyouinjinosandouwoagaru03

岩場に、この白い花、、、たくさん咲いていました。
*「ユキノシタ」・・・ブロ友ケン坊さん、ふうこさまから情報頂きました(6/5追記)

Ajyouinjinosandouwoagaru04

2つ目の山門

Ajyouinjinosandouwoagaru05

*「ムラサキハナナ」・・・ブロ友ふうこさまから情報頂きました(6/5追記)

Ajyouinjinosandouwoagaru06

曇空の下、花色もどことなく「しっとり」してるような、、、そんな気がしました。
*「クサノオウ」・・・ブロ友Lucianさんから情報頂きました(6/5追記)

『行道山』から『大岩毘沙門天』(その1)行道山浄因寺・駐車場からハイキング開始!

写真:2012/06/03 Panasonic GF2 G14-42mm使用

Ajyouinji01

栃木県足利市 行道山浄因寺駐車場
8時を過ぎていましたが、またまた亀さんちが一番乗り!
天気予報がcloudrainだったので、ハイキングに来るひと、、、少なかったかも。

Ajyouinji02

Ajyouinji03

今回は、現在地(行道山浄因寺)から「大岩毘沙門天」まで2.4kmを往復。
「寝釈迦像」 → 「石尊山・山頂見晴台」(=栃木百名山「行道山」)経由し、
「大岩山・山頂」 → 「大岩毘沙門天」と歩きます!!

Ajyouinji04

さて、いきなり参道の急な石段ですけど、頑張ってスタートしました!!

2012年6月 4日 (月)

6月の『三毳山』(その6)ハーブ園を散策後、産直所で野菜購入*最終回

写真:2012/06/02 Panasonic GF2 G14-42mm使用

Amikamohabu04

「香楽亭」・・・軽食もあります。テラスで食べると気持ちが良さそうだけど、、、
亀さん、、、基本的に「一人外食」が苦手。。。
トマトのスパゲティの写真が美味しそうだったけど、入店せずrestaurant
次の機会に、コン様と一緒に来るときまで、、、
お楽しみとして、とっておきましょう。

Amikamohabu01

日曜日は、毎週コンサートのイベントがあるみたいですね^^

Amikamohabu02

「シルバータイム」

Amikamohabu03

「ストエカスラベンダー」

Amikamohabu05

木陰がないので、日射しを避けることが出来ません。
天気の良い日は、「日傘」が必要ですね。sweat01
ちなみに正面の山が、登ってきた三毳山「青竜ガ岳」*229mです^^v

Amikamohabu06

「ジャーマンカモミール」

Amikamohabu07_2

産直所の野菜を買って、帰宅しましたcar

以上

けっこう汗をかいたので、体重、、、瞬間的に減ってました。
・・・すぐ、戻りましたけど・・・

あ、それと、、、アシナガバチ??が登山道脇で飛んでました。
これからの季節、『虫対策』が必要ですね。
なにか買わないとと、、、思っています、、、think

6月の『三毳山』(その5)そして、下山。可憐な白い小さな花が、沢山散ってました。

写真:2012/06/02 Panasonic GF2 G14-42mm使用

Amikamoyamawogezan01

山頂に座り、100円均一で買った「コンパス」で遊ぶ亀三郎
と言っても、ここの山頂はベンチがないので
アンテナ塔?の網のヘリのコンクリートに座ったのです(笑)
それから、西口から青竜ガ岳まで、所用時間30分とネットで見ましたが
亀さん、、、遅いので、、、45分かかりました。sweat01

Amikamoyamawogezan02

下山途中、ベンチで一休みしたときに、、、見上げた情景。。。

Amikamoyamawogezan03

登山道には、この白い花がたくさん散ってました。。。
*「エゴノキ」の花・・・ブロ友Lucianさんから情報頂きました(6/5追記)

Amikamoyamawogezan04

ガサガサって音がするので、カメラを向けたら、、、いました、、、
一般的には、あんまし人気がない動物だと思いますcoldsweats01

6月の『三毳山』(その4)2回目の「青竜ガ岳」229mに到達!

写真:2012/06/02 Panasonic GF2 G14-42mm使用

Amikamoyamatyoujyoumade01

「青竜ガ岳・頂上」まで250m
ここが、東口ルートとの合流地点なので、この先は前回と同じ道になります。

Amikamoyamatyoujyoumade02

しかし、、、前回も思ったのですが、、、ここの頂上直前の急登はキツイ、、、
標高229mと言っても、侮れないっす。。。sweat01

Amikamoyamatyoujyoumade04

頂上到達!
看板見て初めて気が付きましたが、西口からでも東口からでも
1500mで、距離は同じだったんですね。。。

Amikamoyamatyoujyoumade05

北方向だったと思います

Amikamoyamatyoujyoumade06

多分、西方向、、、

6月の『三毳山』(その3)「西口ルート」も登り始めは、やはり「階段」でした・・・

写真:2012/06/02 Panasonic GF2 G14-42mm使用

Amikamoyamatozankaisi01

東口から登るのと同じように、西口からも長い「階段」でスタートです。

Amikamoyamatozankaisi02

すこし登って振り返ると、こんな景色が^^v

Amikamoyamatozankaisi03

もしかして、、、「野いちご」???
でも、たぶん、、、別物のような気がします(汗)
「ヘビイチゴ」*ブロ友Lucianさん 他の方から情報頂きました(6/4追記)

Amikamoyamatozankaisi04

近くに咲いてる黄色の花が、赤い実の前身かと思います・・・(自信なしです)

Amikamoyamatozankaisi05

隠れようとしても、、、亀さんには、分かりました。
登山道では、大体、、、視線が下を向いてますので、気がつくのです(笑)

2012年6月 3日 (日)

6月の『三毳山』(その2)西口からの登山口だと、青竜ガ岳山頂まで1400m

写真:2012/06/02 Panasonic GF2 G14-42mm使用

Atozangutihe01

「コモンマロウ」

Atozangutihe02

フラワートレイン乗り場
この日は故障のため、西口経由便は運休でした。

Atozangutihe03

左の道へ行き、すこし行くと左手に登山道入り口がありました。

Atozangutihe04

西口駐車場から、ここまで200m。
さて、、、2度目の「青竜ガ岳」まで、1400m。頑張りますかぁ~~~run

6月の『三毳山』(その1)初めての「みかも山公園西口駐車場」からのハイキング

写真:2012/06/02 Panasonic GF2 G14-42mm使用

Amikamoyama01

今年3月に東口駐車場から「青竜ガ岳」へ登ったのですが、
今回は、初めて西口駐車場ルートに挑戦!

Amikamoyama02

「オオキンケイギク」
*ブロ友武ちゃんに情報頂きました。(6/3追記)

Amikamoyama03

ハーブ園を抜けて、登山口を目指します。

Amikamoyama04

「メキシコマンネングサ」

Amikamoyama05

前を歩く山ガールの人も「単独登山」のようです。

茨城南部を震源地とする地震・・・最近、また増えて来たような気がします

茨城南部震源で大きめ地震が増えて来たような気がします。。。
5月18日 17時19分 M4.8
6月1日 17時48分 M5.2

どちらも金曜日で生ゴミ収集日。。。
関係ないかもですが、(多分、関係ないと思いますがsweat01
亀さん、、、「生ゴミの日なのに、カラス、、、来ないな」と思ってたのです。
以前は、カラス避けのアミがあっても、隙間から生ゴミを狙っていたのに・・・ 

写真:Nikon P5100使用 『お饅頭』

Aomanjyuu01

Aomanjyuu02

茨城南部の時は
まず、最初に
お尻の下からドスン!って感じの「強い縦揺れ」が多いです・・・
地図で見ると
小山、、、震源地から、、、ものすごく近いのです。

2012年6月 2日 (土)

『ドリームジャンボ宝くじ』購入しました。1等1億円は175本もあります!!

6月1日(金)、販売最終日に『ドリームジャンボ宝くじ』、、、買ってみました。
キムタクが、テレビCMで億万長者を増やす、、、みたいなこと、、言ってたので
そろそろ、、、亀さんの『順番』かな?って、、、そんな気がしたのですnote

むふふ、、、当たるかな、、、『1億円』yen
1等が175本もあるんですから、、、
当たっても不思議はないですよね??sweat01(抽選は、6月12日)

写真:Nikon P5100使用 『リラックマ・グラス』と、お茶うけの「お菓子たち」

Arirakuma01

また、新しいリラックマの仲間が増えました、、、2個、、、
ゼリーとグラスがセットになって、ローソンで売ってたそうです、、、
コン様、、、速攻で、、、買い!

Arirakuma02

2012年6月 1日 (金)

『金環日食』をミラーレス一眼カメラで、ただ普通に撮ってみました。(笑)

二度と見れない「金環日食」
なんの準備もしてなかったので、ミラーレス一眼カメラ(GF2)camera
ただ普通に撮っておきました(笑)

肉眼では、戴き物の「日食グラス」で、しっかり金環、、、確認してますscissors

写真:2012/05/21 Panasonic GF2 G14-42mm使用

A71201_2

午前7時12分
日食グラスで見ると、欠け始めてますけど・・・
いまのところ、普通の日の朝の太陽と変わらない感じ

A735

午前7時35分
金環日食!!空も暗くなっています。

A739_2

午前7時39分
金環日食が終了。だんだん元の太陽に戻っていきます・・・

・・・だいぶ、、、UPするのが、遅くなってしまったです・・・
もう今日から6月なんですね、、、衣替えの月です、、、
なんて云っても、亀さんには、あんまし関係がないけど。。。coldsweats01sweat01

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »