2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

てんきとくらす

水辺の鳥たち

  • ハシビロガモ
    水辺の鳥たちです

「男の料理」の写真

  • ナスの煮びたし
    驚速レシピ付きもあり

登山道脇の昆虫たち

  • サカハチチョウ(春型)
    登山道で出会った昆虫たちです

登山道脇の植物たち

  • メイゲツソウ
    登山道で出会った山野草が中心です

亀三郎写真

  • 亀三郎、初めての産卵
    クサガメ「亀三郎」です。

栃木百名山・登山リスト

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月31日 (土)

『唐沢山』から『諏訪岳』(その9)「諏訪岳・山頂」(324m)にて*最終回

写真:2012/03/27 Panasonic GF2 G14mm使用
    栃木百名山「諏訪岳」山頂にて
    http://www.geocities.co.jp/kuruwasabi/tochigi-map.htm

Asantyou01

山頂直前のキツイ上りの部分は、
亀さん、、、這いつくばって登ってたので、写真がありません(汗)

Asantyou02

ここの山頂には、栃木百名山の看板がないんです。
ちょっと残念です。。。
でもこれがあるだけも良かった^^
「諏訪岳 324m 太田仙人クラブ」

Asantyou04

三角点の上に、ブロックがふたつ、、、誰かが乗せたんでしょうね。
わたしは、疲労困憊で、、、ブロックをどけて、
三角点の写真を撮る余裕がなかったです。
そのかわり、ブロックの上にカメラの乗せて、
タイマー使って、セルフ・ポートレートしましたhappy01
・・・それにしても、、、
ここも山頂部分は、狭いですね。 ベンチもないし、、、

Asantyou05

山頂からの景色

Asantyou06

山頂から少しだけ北に下った場所からの風景。
ここからの方が、見晴らしが良かったと思いますsign03

さてそれでは、今回が最終回です。
亀さんペースなので、往路1時間半、そして復路も同じくらい??
合計で約3時間のハイキングとなりました。
その時間、出会ったのは復路で女性二人だけ、、、
それも、あと200mで「完全単独行」達成か!?ってポイントでした(笑)

次の『栃木百名山』は、おおよその候補地を決めてますが、、、
絶対、地元のコンビニで「おにぎり」riceball&「お茶」を調達してから
出発したいと思います~~~run

では、次の「栃木百名山」まで、しばらくのお別れです。
今回も見て頂きまして、有難う御座いました。(ペコリ)

サヨーナラー(_´Д`)ノ~~サヨーナラー(_´Д`)ノ~~サヨーナラー(_´Д`)ノ~~

『唐沢山』から『諏訪岳』(その8)「諏訪岳」山頂を目指して登ります

写真:2012/03/27 Panasonic GF2 G14mm使用

Asantyouhe02

三毳山(みかもやま)、晃石山(てるいしさん)、
そして、ここ諏訪岳と登ってきて、
亀さん、、、ひとつ分かりました。
山頂直前って、大体「急登」でキツイんですね。。。sweat01

Asantyouhe05

Asantyouhe03

一休みして、写真撮影。
でも、このあたり風が強くて寒かった・・・
防風パーカーを着てたのですが、それでも汗ばんだTシャツのほうが
冷たくなって来るのが分かる感じです。
まずい、もし低体温?で倒れたらどうしよう、、、
携帯は繋がるけど、風があるからドクターヘリも飛べないだろうなぁ
なんて、、ひとり、心配してました。←これ、まじに考えてたんです

Asantyouhe04

最後の休憩場所。

『唐沢山』から『諏訪岳』(その7)「京路戸峠」(きょうろどとうげ)に到着!

写真:2012/03/27 Panasonic GF2 G14mm使用

Akyourodotouge01

「京路戸峠」(きょうろどとうげ)に到着。
唐沢山神社から2.9km。亀さんのかけた時間は、約1時間でした。

Akyourodotouge02

ここは、「東武鉄道佐野線多田駅」方面 「村桧神社」方面 「唐沢山」方面
と3方面の分岐地点になっているようです。
それにしても、事前にネットで情報を得ていましたが
「諏訪岳」って看板が全然出ないのが、、、不満?
だから、ハイキングに来る人が少ないんだ!と、、亀さん的理解に・・・

Akyourodotouge03

この看板で、初めて「諏訪岳」の文字を見ました!!(笑)

Akyourodotouge04

今度は右端に、男体山、、、かすかに写りました(汗)

Akyourodotouge05

さて、いよいよ諏訪岳・山頂目指して登りますrun

『唐沢山』から『諏訪岳』(その6)やっと「諏訪岳」が見えて来ました!

写真:2012/03/27 Panasonic GF2 G14mm使用
    「京路戸峠」へ向けてハイキング中!

Aaoki01

Aaoki02

うひゃ、、、多分、この木立の間から垣間見えてるのが「諏訪岳」でしょう・・・
唐沢山神社から、ここまで、小一時間かけてやって来たのに
まだ、、、これから先、、、あんなに遠いのかと、、、
すごく「不安」になった瞬間です・・・sweat02

Aaoki03

こうやって見ると、栃木もけっこう山が多いですねぇ。

Aaoki04

「京路戸峠」まで0.1km

 

『唐沢山』から『諏訪岳』(その5)杉木立の中から、『男体山』が。

写真:2012/03/27 Panasonic GF2 G14mm使用
    「京路戸峠」へ向けてハイキング中!!

Asugikodati01

気をとり直して?「見晴休息所」を出発run
最初の下り坂で、杉木立の間から見える「男体山」がキレイでした。
あ、、、写真では、、、ダメでしたけど(すいません)

Asugikodati02

京路戸峠まで、あと1.3km

Asugikodati03

少し風が出て来ました。
その風の音と、風で木の枝が擦れ合って出来るザザザッって音
そして、カラスの鳴き声、、、その他の鳥の声。
亀さんの「孤独感」、ますます高まってupwardrightきた頃。

Asugikodati04

けっこう整備されてる登山道なのに、、、
なんで人気がないんだろうって、、、考えてました。
同じ平日でも、「晃石山」はけっこう人がいたので・・・sweat01

『唐沢山』から『諏訪岳』(その4)「見晴休息所」で『カンパン』のお昼ご飯

写真:2012/03/27 Panasonic GF2 G14mm使用
    「唐沢山神社」から「京路戸峠」へハイキング中!

Amiharasi01

「見晴休息所」に寄ってみます。

Amiharasi02

誰もいません・・・亀さん、単独行の上に。。。ここまで、、、
すれ違いで、「こんにちは~~~」って挨拶する人もいません。
寂しい、、、

Amiharasi05

おまけに、、、見晴らし、、、ないし、、、
けっこう急坂を登ってきたのに・・・wobbly

Amiharasi03

実は途中のコンビニで、「おにぎり」を買うつもりだったのですが、、、
まだ、この先お店はあるだろうって、、、油断してたら、、、
コンビニ寄れずに、唐沢山レストハウスまで来てしまったのです。

それで、、、非常時にって考えて入れておいた「カンパン」が
なんと、、、この日のお昼ご飯になってしまいました。
悲しい。。。。情けない。。。。
そして、なんつっても、、、人恋しい。。。

Amiharasi04

この日のリュックは、2気室になってるタイプ。
お茶は、2月のバスツアーの時に長野県上田で買ったものです^^;;

2012年3月30日 (金)

『唐沢山』から『諏訪岳』(その3)「キブシ」や「椿」を眺めながら歩く

写真:2012/03/27 Panasonic GF2 G14mm使用
    「京路戸峠」へ向けてハイキング中!!

Ayamaaruki01

「キブシ」
http://www.geocities.jp/greensv88/jumoku-zz-kibusi.htm

Ayamaaruki02

つたの絡まるトイレ、、、まだ歩き始めたばかりですが
とりあえず、ここまでなら、危急の◯ん◯に対応できそうですcoldsweats01

Ayamaaruki03

快適な山歩きnote
道が良いと、周りに視線を向ける余裕が出ますよね。
これが、岩でゴツゴツだと、ずっと下を向いて歩く感じになってしまうので・・・

Ayamaaruki04

「椿」
わたし、椿を見ると、時々、、、南野陽子さんを思い出します。
映画「寒椿」(かんつばき)
http://www.youtube.com/watch?v=m5UtBqd65wE
ある面、亀さんにとっては、『衝撃的』だったんですねぇ・・・(汗)

『唐沢山』から『諏訪岳』(その2)「唐沢山神社」を参拝、そして京路戸峠へ

写真:2012/03/27 Panasonic GF2 G14mm使用
    「唐沢山神社」にて
    HP http://www.karasawayama.com/

Ajinjyanokedai01

Ajinjyanokedai02

二礼二拍手一礼で参拝
最近、どこの神社に行っても、ふたつの同じ事をお願いしています。
その願い叶うといいのですが・・・
でも、、、わたし、お賽銭の額が小さいから、、、無理かなぁsweat01

Ajinjyanokedai03

京路戸峠(きょうろどとうげ)への道標
どうやって読むのか、いろいろググって、、、やっと分かりました(汗)
諏訪岳へ行くには、まず京路戸峠を目指せば良いと
事前にネットで勉强しておいたのですpencil
それはさておき、
山道の2.7kmは、亀三郎には「無謀」かもなんて、、、
そんな「不安」がよぎった瞬間でもあります・・・

Ajinjyanokedai04

スタートは、こんな感じ^^v
さて、今回のハイキングは、どんなドラマが待ってるでしょう???

『唐沢山』から『諏訪岳』(その1)「唐沢山レストハウス」から登山開始

『唐沢山』(からさわやま)から『諏訪岳』をハイキングして来ました。
両方共、「栃木百名山」です^^v
http://www.geocities.co.jp/kuruwasabi/tochigi-map.htm

写真:2012/03/27 Panasonic GF2 G14mm使用
    「唐沢山レストハウス」からスタート

Akarasawayamajinjya01

唐沢山レストハウスまで車で来れるので、麓からの登山は今回はパスですsweat01
「諏訪岳」も登る予定なので、亀三郎流『体力温存』策
http://www.karasawayama.com/resthouse.html

Akarasawayamajinjya02

トイレもあります。出発前にここで心を鎮めました・・・

Akarasawayamajinjya03

「大炊の井」
http://www5e.biglobe.ne.jp/~akazonae/72127642/

山の中なのに、でっかい井戸です。一度も枯れたことがないとか・・・
深さ9メートル 直径8メートル

Akarasawayamajinjya04

『唐沢山神社』(唐沢山山頂)へ向かいますrun

2012年3月29日 (木)

『筑波山梅林』から『筑波山神社』(その8)いよいよ、筑波山とお別れ*最終回

写真:2012/03/25 PENTAX K20D DA16-45mm使用
    茨城県つくば市 「筑波山神社」にて

Atukubatoowakare01

神社の境内は、観光客&ハイカーで賑わってました^^

Atukubatoowakare02

この階段の先にケーブルカーの駅、
そして、登山口があります。
亀さん&コン様、、、次に来る時は山頂まで
『ハイキング』したいと、、、考えていますhappy01scissors

筑波山ハイキングコース
http://www.tsukubapress.com/mtttozan.html

Atukubatoowakare03

亀母が、お土産物屋さんの食堂で待っているので、
そろそろ帰りますrun

Atukubatoowakare04

以上で筑波山シリーズ終了です。
今月は、2度来ましたが、どちらも『梅園』がメインだったので
次は、ハイキングロードに挑戦して山頂まで狙ってみたいです!
なにせ、ここ筑波山は「日本百名山」ですからね~~~note

では、またどこかでお会いできるのを楽しみに^^
サヨーナラー(_´Д`)ノ~~サヨーナラー(_´Д`)ノ~~

『筑波山梅林』から『筑波山神社』(その7)そして、「筑波山神社」を参拝

写真:2012/03/25 PENTAX K20D DA16-45mm使用
    茨城県つくば市 「筑波山神社」にて
    HP http://www.tsukubasanjinja.jp/

Atukubasanjinjya01

Atukubasanjinjya02

Atukubasanjinjya03

Atukubasanjinjya04

紐がついてないので、鳴らせませんが『大きな鈴』がありました。

『筑波山梅林』から『筑波山神社』(その6)「筑波うどん」&「けんちんうどん」

写真:2012/03/25 Panasonic GF2 G14mm使用
    茨城県つくば市 「筑波山神社入口」のお土産物さんにて
    筑波名物「筑波うどん」&「けんちんうどん」

Atukubaudon01

筑波山神社 大鳥居の前にて
それにしてもツーリング?バイク、うるさい、、音が、、、バリバリバリバリangry
「おめえら いい加減にせぇよ ぼけかすがぁ~~~」って
そうゆう皆の視線を、まったく意に介さず
何百台?と通過して行きました・・・何か集会でもあったのか???

Atukubaudon02

神社手前のお土産物屋さんの食堂で昼食restaurant

Atukubaudon03

筑波名物「筑波うどん」950円 コン様の注文

つくばうどんの「つ」は、鶏肉の「つくね」の「つ」
「く」は、根菜などの黒野菜の「く」、そして、ローズポークのバラ肉の「ば」
それらのゴロを合わせて、「つくばうどん」となっているようです!

http://www.ibarakiguide.jp/seasons/akiiro/tsukuba.html

Atukubaudon04

「けんちんうどん」850円 亀母の注文
ふたりとも、うどんの汁は家庭の味に近いけど、美味しいと言ってました。

Atukubaudon05

焼きおにぎりセット(とん汁付き)850円 亀三郎の注文
*とん汁写ってませんが。。。ついてます^^;;

蕎麦は、期待できなさそうだったので、、、
(うどんって、気分じゃなかったし)
おにぎりにしましたが、、、これって、、、もろ「冷食」ですかね??
ま、、、山だから、何も文句は言いませんけど・・・

2012年3月28日 (水)

『筑波山梅林』から『筑波山神社』(その5)白梅の開花状況

写真:2012/03/25 PENTAX K20D DA16-45mm使用
    茨城県つくば市 「筑波山梅林」にて

Ahakubaieria02

この梅林は、山の斜面にあるので
上がって来るのをパスした亀母に、コン様に付き添ってもらいました。
そして亀さんだけ、小走りで園内の『白梅」の開花状況を記録(笑)

Ahakubaieria01

Ahakubaieria03

Ahakubaieria04

さて、これにて「筑波山梅林」を後にして
次に向かいます~~~run

『筑波山梅林』から『筑波山神社』(その4)そして、「白梅」エリアへ

写真:2012/03/25 PENTAX K20D DA16-45mm使用
    茨城県つくば市 「筑波山梅林」にて

Asanshuyu01

「サンシュユ」??

Asanshuyu02

「ハナモモ」?? 「紅梅」??

Asanshuyu03

そして、、、前回(3月11日)、ほとんど開花していなかった「白梅」エリアへ

Asanshuyu04

ここ(白梅エリア)は、傾斜がきついので、亀母は、、、、パスしました。

Asanshuyu05

おまけ(亀さんの愛機K20D+DA16-45mm)&ロープロのカメラバック
こうゆう時
カメラ用座布団があるといいんですね、、、
前にキタムラで見て、、、一瞬、、、買おうかと思ったけど、やめたことが(笑)

『筑波山梅林』から『筑波山神社』(その3)筑波山の青い空の下、コーヒータイム

写真:2012/03/25 PENTAX K20D DA16-45mm使用
    茨城県つくば市 筑波山梅林にて

Aaoisora01

天気が良いと、観梅に来てる人たちの顔も楽しそうです^^

Aaoisora02

コン様も、「梅林&青い空」を撮影!

Aaoisora04

見晴台のベンチは、満席で座れなかったので
端っこの方から、景色を数枚パチリ camera

Aaoisora03

見晴台が満席だったので
ハイキングロードの階段を、しばしお借りしてコーヒータイムcafe
お湯は、亀母がポットに入れて準備してましたので・・・
*この写真だけPanasonic GF2

2012年3月27日 (火)

『筑波山梅林』から『筑波山神社』(その2)お猿のショーを見物

ちょうど「猿回し」のショーが始まったので見物しました^^

写真:2012/03/25 PENTAX K20D DA16-45mm使用
    茨城県つくば市 「筑波山梅林」にて

Aosaru02

Aosaru01_2

*1枚目、2枚目はトリミング

Aosaru03

前回来た時は、同じ舞台で「ガマの油売りの口上」を見物しました。

Aosaru04

ザルを持って、お猿さんが「ご祝儀」?回収!

Aosaru06

Aosaru05

とりあえずの「記念写真」
でも、お猿さん達、、、視線の先にいる「犬」が気になってて
とうとう、カメラに視線を貰えませんでしたsad

『筑波山梅林』から『筑波山神社』(その1)再びの『筑波山梅林』へ

3月11日に、コン様と筑波山梅林に行った時のことを、
すこし前に、亀母に話したら
「あら、お友達から話はよく聞くけど、あたしは、まだ行ったことがないのよねぇ」
ってリアクション。。。これは、次の機会は、わたしも連れていけ、、、の『意』

そんなわけで、25日、天気sunも良いので
亀母、コン様と3人で筑波山まで、ドライブして来ましたcar

写真:2012/03/25 PENTAX K20D DA16-45mm使用
    茨城県 つくば市 筑波山梅林にて

Atukubabairin01

2週間前に来たときは、紅梅5,6分咲き 白梅未開花 の状況でしたが
今回は、紅梅満開 白梅5,6分咲きになっていました。 scissors

Atukubabairin02

筑波山梅林 「梅まつり」
会期延長で3月31日まで!! *今年は開花が遅かったですからね。

梅まつり情報:
http://www.umematsuri.jp/

Atukubabairin03

空が青くて、気持ちが良かったです。
でも、どの駐車場も満車状態で、すこし難儀しました、、、wobbly
10時半頃、到着したのですが、、、遅かったですかね、、、

Atukubabairin04_2

梅林入り口まで、だらだらとゆるい坂なので
亀母のペースに合わせて、ゆっくり歩きますrun

ここは、筑波山中腹(標高250m)

2012年3月26日 (月)

『太平山』から『晃石山』ハイキング(その11)「謙信平駐車場」に無事到着*最終回

写真:2012/03/22 Panasonic GF2 G14mm使用

Akokugakuin01

栃木市街地の景色。
右手に写ってるのは、國學院大學栃木高校。

Akokugakuin02

太平山神社のベンチで一休みしました。。。ふぅ。。。戻れてよかった(ホッ)

Akokugakuin03

Akokugakuin04

「謙信平駐車場」

今回のハイキング、
富士浅間神社から、晃石山へ向かう最初の急斜面で
かなりビビリましたが、後ろから人が来てくれて、ほんと良かったです。
あの時、ルート確認出来なかったら
亀さん、不安で不安でしょうがなかったと思うのです。
その点、今回は、ラッキーでした^^v

やっぱり、世の中、、、『人の助け』は、絶対必要なんですよね・・・think

と・・・そんなわけで、今回のハイキング・シリーズ終了です。(笑)
長いシリーズ見て頂きまして、ほんとに有難う御座いました(感謝)
あ、、、それから、、、どなたかに言われましたが、
もう、次の山はどこにしよう??って考えています。。。sweat01
そんな精神状態??なので、
次の栃木百名山シリーズも、、、たぶん、あると思います。
そのときは、また見に来てくださいまし。
よろしくお願いいたします(ペコリ)
・・・
もし、、、あれば、、、の話ですけど、、、はい、、、

2012年3月25日 (日)

『太平山』から『晃石山』ハイキング(その10)登山道の草花たち

写真:2012/03/22 Panasonic GF2 G14mm使用

Atozandounokusabana01

ブロ友yodogawaさんから、「キブシ」ではないかとご指摘頂きました(3/26追記)
http://100.yahoo.co.jp/detail/%E3%82%AD%E3%83%96%E3%82%B7/

Atozandounokusabana02

ブロ友ケン坊さんから「アオキ」ではないかと、ご指摘頂きました(3/25追記)

Atozandounokusabana03

下山途中で撮った草花
どれも名前が分かりませんが、、、せっかくなのでUPしますwobblysweat01

『太平山』から『晃石山』ハイキング(その9)先行グループがいると楽でした。

写真:2012/03/22 Panasonic GF2 G14mm使用

Asenkougurupu01

ここで先行グループ4名発見!
亀さん、この人達につかず離れずのペースで歩くことにしました。
そのほうが楽だったんです^^
気持ち的にも、体的にも。
単独だと、知らず知らず、、、ペースが上がってるのかも、、、

Asenkougurupu02

Asenkougurupu03

けっして、、、ストーカーではないのです、、、(笑)

Asenkougurupu04

先行グループの4名様は、「ぐみの木峠」で休憩するようで
亀さん、「こんにちは~~」と挨拶して、
ここから、また一人旅になりました(笑)

『太平山』から『晃石山』ハイキング(その8)そして、「晃石山・山頂」から下山

写真:2012/03/22 Panasonic GF2 G14mm使用

Atyoujyoukara01_2

山頂では、おにぎりriceballでお昼ご飯の家族連れでペンチは満席。
亀さん、石の上に腰掛けて、少しだけ休憩。
しかし、、、人が食べてるのをみると、、、さっきパンを食べたのに
また食べたくなりますね、、、(赤面)

Atyoujyoukara02

前方真ん中より先の山、、、「岩船山」そして「三毳山」だと思います。
頂上広場にいた人が、富士山の山頂fujiがうっすらと見えると言うのですが
亀さんの目では確認が出来ませんでした。
ほかの人は、「ああ、分かる分かる」と言うのですが・・・(残念)

Atyoujyoukara03

三角点

Atyoujyoukara04

ここから、来た道をそのまま戻りますrun
ネットで、この先の山も登るコースを見てましたが
もう、、、亀さんの場合は、体力の限界。
ハイキング初心者ですから、戻りの体力の計算も出来ないので
すごく不安だったんです、実は、、sweat01

『太平山』から『晃石山』ハイキング(その7)「晃石山・頂上(419.1m)」に到着!!

写真:2012/03/22 Panasonic GF2 G14mm使用

Atyoujyou01

頂上まで、もう少しです・・・頑張れ!!亀さん・・・

Atyoujyou02

頂上目前、降りてくるグループとのすれ違いのため
立ち止まった場所から、風景撮影(北方面)
こうゆう時、CASIOのプロトレックがあれば方位、高度、温度とか
すぐ分かるんでしょうねぇ、、、
なんだか俄に、登山用の時計も欲しくなって来ました(汗)
http://casio.jp/wat/search/watch/result/?act=1&brand=YToxOntpOjU7czoxOiI1Ijt9

Atyoujyou03_2

晃石山頂上 419.1m
むふふ、、、三毳山に続いて「栃木百名山」、2箇所目の制覇ですscissors

栃木百名山・地図
http://www.geocities.co.jp/kuruwasabi/tochigi-map.htm

Atyoujyou04

ここまでの無事を感謝して、二礼二拍手一礼にて参拝。(お賽銭も)

2012年3月24日 (土)

『太平山』から『晃石山』ハイキング(その6)「パラグライダー場」にて、飛翔の瞬間

写真:2012/03/22 Panasonic GF2 G14mm使用

Aparaguraida01

「駒の爪」*多分・・・
標高380m地点

Aparaguraida02

景色を撮ろうと、「すいません~~写真撮らせて下さい~~」と
寄って行ったら、「もうじき飛びますから、飛ぶ所も撮っていったらどうですか」
と言って頂き、亀さん、初めて飛翔の瞬間を見ることが出来ました^^

Aparaguraida03

風が弱くて条件が悪かったみたいですが、、、スタートです!

Aparaguraida04

Aparaguraida05

飛んだ~~~気持ちが良さそう~~~

Aparaguraida06

「ちなみに、パラグライダーを始めるのに、いくら位かかるのですか?」と訊いたら
「とりあえず7,80万円ですねぇ」と。

「やっぱりライセンスがいるんでしょう?」と更に訊くと
「もし興味があるなら、すこし待ってればインストラクターが来ますよ」と。。。sweat01

こんな会話をして、撮影のお礼を言ってから、この場を去りましたです。

思った通り、けっこうなお金がかかりますねぇ。
もし、グリーンジャンボが当たったら、
仲間に入れてもらおうかな、、、なぁ~~んて、、、
その前に年齢制限ですかねcoldsweats02

『太平山』から『晃石山』ハイキング(その5)いざ!栃木百名山「晃石山」へ!

写真:2012/03/22 Panasonic GF2 G14mm使用

Ateruisisanhe01

パン2個食べて、お腹も落ち着いたので
いよいよ、富士浅間神社から
栃木百名山「晃石山」(てるいしさん)へ向けて出発です!run

Ateruisisanhe02

だけど、、、ここハイキングコースですか???
ハイキング初心者亀さんには、ただの急斜面にしか見えません。。。
それでも勇気を振り絞って降り始めたのですが、
なんとなく不安に、、、そんな時、、、背中の方から人の声が!

亀さん、思い切って「晃石山へは、この道で良いですか?」
って訊いたんです。そしたら、すごく軽く「そうですよ~」って返事。
こちら、転んだら嫌だなぁってビビってるのに、
慣れてる人は、この急斜面をスイスイ降りていくんです。
(これは、大きなショックsad

Ateruisisanhe03

振り返ると、急斜面分は100mだったみたいですが
ここが一番怖かったです。。。

Ateruisisanhe04

「ぐみの木峠」から「晃石山」(てるいしさん)方向
休憩してる人がたくさんいたので、、、
ぐみの木峠のベンチ周辺の写真はありませんcoldsweats01

『太平山』から『晃石山』ハイキング(その4)お昼ご飯は、ローソンのパンで^^;;

写真:2012/03/22 Panasonic GF2 G14mm使用
    ローソンで買ったパンでお昼ご飯delicious

Akurimupan01

亀母から貰ったモンベルのリックサックの上に乗せて撮影。
ちなみに、このサック、畳んで小さくなるタイプです^^v

Akurimupan02

『国産米粉のクリームパン』
これは、米粉らしい『もっちり感』がありました。クリームも美味!
シールのために、リピートする可能性が高いですlovely

Akurimupan03

Akurimupan04

『大きなデニッシュドーナツ』
こっちも、美味しいけど、、、油を使ってるので
最近、、、胃の調子が悪い亀さんには、『不向き』でした・・・
後半、歩いてるときに
胃のほうに、、、「油」、、、感じましたので。sweat01

2012年3月23日 (金)

『太平山』から『晃石山』ハイキング(その3)「富士浅間神社・太平山城」に到着

ここまでのルート
謙信平駐車場 → 太平山神社 → 奥宮 → 富士浅間神社

写真:2012/03/22 Panasonic GF2 G14mm使用

Afujisengen01

「富士浅間神社 太平山城」
(ふじせんげんじんじゃ おおひらさんじょう)

Afujisengen02

ここはお賽銭箱は無し。お参りだけしました。

Afujisengen03

境内は、こんな感じ。
他に人がいないので、ここでお昼ご飯restaurantにしました。

Afujisengen04

ベンチに腰掛けて、ハイドロテックの記念撮影camera

『太平山』から『晃石山』ハイキング(その2)太平山神社「奥宮」へお参り

写真:2012/03/22 Panasonic GF2 G14mm使用
    太平山神社「奥宮」へ向かいます

Aokumiya04

前週、栃木百名山の『三毳山』「青竜が岳」を制覇してる?ので、
出だしのこんな道は、スイスイ快調に登れます!!
(買ったばかりのハイドロテックもあるし^^v)

Aokumiya01

Aokumiya02

太平山神社・ハイキングマップ
http://www.ohirasanjinja.rpr.jp/location/

Aokumiya03

太平山神社 奥宮

賽銭箱にお賽銭を入れて、お参りしました。
「諸願成就」と看板に書いてあったので、亀さん、いろいろお願いを・・・

『太平山』から『晃石山』ハイキング(その1)太平山神社から登山開始!!

『太平山』(おおひらさん)から
『晃石山』(てるいしやま)へハイキングして来ました^^v

『晃石山』は、栃木百名山のひとつです。
http://www.geocities.co.jp/kuruwasabi/tochigi-map.htm

写真:2012/03/22 Panasonic GF2 G14mm使用

Aoohirasan01

『太平山』謙信平駐車場に車を停めて、茶店の前を通って
太平山神社に向かいます。
(注)歩いてる人は、亀さんじゃありませんよ。こんなにスリムじゃないですからsweat01

Aoohirasan02

Aoohirasan03

ハイキングの無事を祈って参拝しておきました。

Aoohirasan04

太平山神社本殿
HP:http://www.ohirasanjinja.rpr.jp/

ちなみに4月6日から15日の期間、「桜まつり」

Aoohirasan05

さて、いよいよここから登山?開始です。
今回は、どんなドラマが待ってるんでしょうかねぇ・・・むふふ・・・coldsweats01
(さっき前を歩いてた人は、、、見失いました、、、)

ハイドロテック・ハイキング(トレッキングシューズ)購入しました。

写真:Panasonic GF2 G14-42mm使用
    ハイドロテック・ハイキング
    http://www.hydrotech.jp/hiking/

Ahaidoroteku

色は、オリーブ。。。
亀さん、、、自分の携帯電話の色に合わせました、、、
相変わらず好みが、渋すぎ??coldsweats01

さてさて、これを履いてどこに行くのか??
一応、わたしの中では、『栃木百名山』登山用ですsweat01

2012年3月20日 (火)

「小山運動公園」の『梅』の開花状況(その2)*関東地方の『春一番』の条件

写真:2012/03/19 Panasonic GF2 G14-42mm使用
    栃木県小山市 「運動公園」にて

Aundoukouennokoubai01

Aundoukouennokoubai04

Aundoukouennokoubai02

Aundoukouennokoubai03

それにしても19日は、風typhoonが強かったです。
わたしは、てっきり『春一番』かと思ってったら
夕方の天気予報で、「春一番」ではない、と言ってました。

そして今年は、
もし「春一番」吹かないと、10年振りくらいの出来事とか・・・

関東地方 春一番の条件(気象庁天気相談所作成)
http://www.jma-net.go.jp/tokyo/sub_index/kiroku/kiroku/data/31.htm

「小山運動公園」の『梅』の開花状況(その1)

写真:2012/03/19 Panasonic GF2 G14-42mm使用
    栃木県小山市「運動公園」にて

Aundoukouennoume01

Aundoukouennoume02

Aundoukouennoume03

お昼ごはんを食べた後、突然??ウォーキングがしたくなって
運動公園へ行って来ましたrun
ついでに「梅」の開花状況も確認。
うううう、、、でも今年は、ほんとに梅の開花が遅いですねぇ、、、
このくらいだと、5分咲きくらいでしょうか。

あ、ちなみに1.5kmの周回道路を、2周してきましたよscissors
筋肉量アップ&内臓脂肪率ダウン??になったかなぁ??(笑)

『マグニチュード』と『震度』の違い・・・良く分からないので調べました。

今さら、人に訊けないので密かにググって調べて、、、
なんとなく理解。
マグニチュードは、その地震のパワーを示す数値。
震度は、そのエリアの揺れ具合を示す数値。
http://www.asagaku.com/kokoku/jishin_tsunami/chigai.html

つまり、東日本大震災は
震源:三陸沖で「M9.0」が地震のパワー。
そして、栃木の震度(揺れ具合)は、北部が6弱、南部が6強。
南部の方が、揺れが大きのは地盤の関係らしい。。。sweat01

写真:Panasonic GF2 G14mm使用
    JIM NET
    http://www.jim-net.net/

    イラクと福島の子供たちを支援

Akibitaki01

Akibitak

500円から300円がイラクへ、50円が福島へ。

Akibitaki03

先月のバレンタインデーのとき、間接的に頂いたものです。

2012年3月19日 (月)

天災と人災が極まった時代・・・「方丈記」の書かれた1180年頃と現在の相似点。

瀬戸内寂聴さんが、
いまの日本の状況が「方丈記」の書かれた1180年頃と良く似てると言う。
天災と人災が極まった時代。平清盛は福原(現在の神戸)遷都を断行。
「がらんどうになった京都を描きとどめた記録だから『方丈記』には
価値がある。鴨長明の無常観には、理由があったのですよ」と。。。

方丈記*現代語訳付き
http://www.h3.dion.ne.jp/~urutora/houjouki.htm

写真:Panasonic GF2使用 『ぱくっ!とちーず』
    http://o.tabelog.com/otrdtl/8137/

Apakuttotizu

これ、亀さん、大好きです^^
でも
一気に2個づつ食べる亀さんちは、、、やはり食べ過ぎですかね、、、(大汗)

2012年3月18日 (日)

早春の「みかも山」(その7)そして、「みかも山」とお別れ*最終回

写真:2012/03/16 Panasonic GF2 G14-42mm使用
    栃木県佐野市 「みかも山公園」にて

Amikamoyamatoowakare01

そっか、こちらのルートを選択するとほとんどが舗装道路で
登ってこれたんですね、メモメモpencil

Amikamoyamatoowakare02

正面の一番高い所まで行って来たんだと思うと、、、
すこし感慨が、、、
「まだまだ、亀さんも頑張れるぞ!」・・・なんて・・・sweat01

Amikamoyamatoowakare03

もう一度「湿性植物園」の「ザゼンソウ」を眺めて・・・

Amikamoyamatoowakare04

「花センター」も少しだけフラッとして・・・

と言う訳で、今回が最終回です^^
次は、栃木百名山のどこにいこうか??
トレッキングシューズは、どこのを買おうか??
なんて、、いつもように?
『夢想』が始まっています(笑)

では、、、
もしかしたら、いつか、、、
山道で「こんにちは~~~」なんて挨拶しながらすれ違うのが
「あら、、、もしかして、、、亀さん?」って事もあるかもですよ。。。

ふふふ

では、、、そんな事も楽しみに^^
また、どちらかでお会いしましょう~~~

今シリーズもご覧いただき有難う御座いました(感謝)

早春の「みかも山」(その6)復路は、別ルートで下りてみました。

写真:2012/03/16 Panasonic GF2 G14-42mm使用
    栃木県佐野市 「みかも山公園」にて

Abarafurai03

復路は当然、厳しい下り。。。カメラをGF2に変えて正解ですよね。。。
(カメラなくても、滑りそうだし、、、汗)

Abatafurai01

小さくてわからないと思いますが、蝶が飛んでいたんです。
石の上にとまった所を撮影camera

Abatafurai02

*トリミング(ピントの問題はありますが、ご了承をsweat01
3/19追記 ブロ友武ちゃんから情報提供 
蝶の名前は「アカタテハ」

http://www.insects.jp/kon-tyoakata.htm

Abatafurai03

そのまま往路と同じならば、ここを左折ですが、
それでは面白くないので、一旦「西駐車場」へ向かう右折ルートを選択。

Abatafurai04

前方に舗装道路が見えて来ました。

早春の「みかも山」(その5)「青竜ガ岳」山頂(229m)からの眺望

写真:2012/03/16 PENTAX K20D DA18-250mm使用
    栃木県佐野市 「みかも山公園」にて

Amikamoyamasantyou01

ついに「山頂」到着!
ベンチもないせまいスペースなので、適当な場所に座って休憩。
先客は1名。亀さんが撮影中に2名到着。
出会った3名中2名は、トレッキングシューズ+『熊鈴』装備。
ん??三毳山にクマはいないですよね??

Amikamoyamasantyou02

栃木百名山
亀さんの残りの人生で、あといくつ制覇できるですかね・・・
あと4,5箇所は行ってみたい気もしますが、、、(汗)

栃木百名山
http://www.geocities.co.jp/kuruwasabi/tochigi-map.htm

Amikamoyamasantyou03

山頂からの眺望。

Amikamoyamasantyou04

さて、これから帰りは、当たり前ですけど「下り」
滑って転ぶのが怖いので、K20Dはカメラバッグにしまって
ミラーレスのGF2へ機材のチェンジをしました。
少しでも、軽くして、、、負担を少なくしたかったんですsweat01

早春の「みかも山」(その4)もうすぐ「青竜ガ岳」山頂です!!

写真:2012/03/16 PENTAX K20D DA18-250mm使用
    栃木県佐野市 「みかも山公園」にて

Asantyoumade01

あと250m!もう一踏ん張りですね!

Asantyoumade02

やはり、山頂直前はどうしても急坂になりますよね・・・

Asantyoumade03

オーマイガーsad
「壁」に見えました、、、まじに、、、アイガー北壁sweat01(私にとっては、、、)
すでにバテてる亀さんは、
ここで、石に腰掛けて、一休みparking

Asantyoumade04

やっと山頂が見えて来ました!!もう少しです!!

あ、それはそうと
今回の靴は、ホーキンストラベラーだったのですが
みかも山だと
トレッキングシューズの方が良さそうですね、
欲しいけど、、、そこそこしますからねぇ、、、
今の所、思案橋ブルース・・・

2012年3月17日 (土)

早春の「みかも山」(その3)『青竜ガ岳』を目指して、歩き始めました!

写真:2012/03/16 PENTAX K20D DA18-250mm使用
    栃木県佐野市 「みかも山公園」にて

Atozankousu01

亀さん、あえてハードなルートを選択!
2012年、、、「自分に厳しく」、、、これをモットーとしてますので(爆笑)
山頂まで1,100m地点。

Atozankousu02

亀さん的には、たぶん長い道のり、、、いよいよスタートですrun

Atozankousu05

『なんだよ、なんだよ、、、』*ひとりごと

・・・ここまでで息はハァハァ、、、
ダウンジャケット着てるせいか、汗はかくし、、、
冬の間の運動不足か?基本的な加齢が原因か?
こんなに体力なくて大丈夫??って
自分で自分が心配になりました。。。とにかく、このベンチで一旦休憩coldsweats01

Atozankousu03

一息入れたら、すこし元気が出たので
また歩き始めました!
しかし、、、往路は、すれ違ったのがご夫婦一組だけ、、、
平日は、ハイカーが少ないので寂しいですね sweat01

Atozankousu04

亀さん、早く歩くと息切れするので
ペースを落として、ゆっくり歩いてます。
とりあえず?こうゆうエリアは、楽でいいのですが・・・

早春の「みかも山」(その2)『星の瞳』(オオイヌノフグリ)&『てんとう虫』

写真:2012/03/16 PENTAX K20D DA18-250mm使用
    栃木県佐野市 「みかも山公園」にて

Amikamoyamahigasiguti

*参考情報
「ザゼンソウ」がある湿性植物園は
みかも山公園東入り口の駐車場エリアからすぐの場所です。

Amikamoyamahigasiguti02

「星の瞳」(オオイヌノフグリ)
日差しを浴びて輝いてました。

Amikamoyamahigasiguti03

てんとう虫

*参考情報「てんとう虫の仲間」
http://www.insects.jp/konbunkouten.htm

てんとう虫も、種類がいっぱいなんですねぇ、、、、

Amikamoyamahigasiguti04

「湿性植物園」

ほんとは、「ザゼンソウ」だけ撮ってすぐ帰る予定だったのですが、、、
「明日からは天気が悪そうだから、すこし運動がてら登山?するかな」
って、、、気分になって、、、
ここから、「青竜ガ岳」を目指したのですsign03

早春の「みかも山」(その1)湿性植物園の『ザゼンソウ』(座禅草)

写真:2012/03/16 PENTAX K20D DA18-250mm使用
    栃木県佐野市 「みかも山公園」にて
    湿性植物園の「ザゼンソウ」(座禅草)

Azazensou01

Azazensou02

Azazensou03

Azazensou04

http://homepage2.nifty.com/hanapapa/zazensou.htm

和名の由来
黒頭巾をかぶったお坊さんが、座禅を組んでいる姿から。

Azazensou05

わたし、ザゼンソウ(座禅草)を見ると
どぉしても「アンコ」をイメージしてしまいます sweat01
ちなみに
「つぶあん」より「こしあん」が好きheart

2012年3月15日 (木)

小山市・食卓館「サイロ」のランチタイムメニューいろいろ

或る日のコン様の食事会風景。
小山市・食卓館「サイロ」のランチタイムメニューをご紹介します。

http://www.tochinavi.net/spot/home/index.shtml?id=2351

写真:SONY DSC-TX5使用(すべてコン様撮影)

Asaironoranti01

スズキのトマトソース

Asaironoranti02

ヒレステーキ(USA)

Asaironoranti03

エビと貝柱のフライ

Asaironoranti04

カニ爪アーモンドフライ

Asaironoranti05

ちょっと公開するのをためらう位の『安さ』です、、、
クリックして値段を確認すると、驚きますよ、多分sweat01
この店は、亀母もたまに行くのですが、、、
今度、わたしも久しぶりに行ってみよう~~~!!

かわいくてもハイパワー「ぶるリラ」、買ってみました^^

先日、大手家電量販店へある「防災用品」を買いに行った時
ついでに?小型マッサージ器「ぶるリラ」も買ってみました。

なかなかのスグレモノって気もしますが、
すこしパワーが弱いですかね、、、
やはり、人の手に勝るものは、ないですかねぇ。
(でも、頭皮マッサージには丁度いいかも!、、、私感ですが、、、)

あ。。。それと
最近のマッサージチェアは、すごく効くけど。。。値段が無理wobbly

写真:Nikon P5100使用 小型マッサージ器「ぶるリラ」
    http://e-inoya.com/bururira.htm

Apururira01

Apururira02

スイッチ入れると、光ります!!
なんとなく、昭和40年代のロボットおもちゃ系って雰囲気を感じます。
ん?そんなん感じるのは、、、亀さんだけですか??sweat01

2012年3月14日 (水)

2012年3月11日午後2時46分

東日本大震災から1年。
丁度その時間は、、、お蕎麦を待ってました。(つくば市筑膳にて)
お店の中で、コン様と私、30秒ほど軽く黙祷。。。

写真:PSE9.0にて加工 私の時計(午後2時46分40秒時点)

Atokei

筑波山梅まつり(その11)『筑膳天そば』&『もりそば』*最終回

写真:2012/03/11 Panasonic GF2 G14-42mm使用
     茨城県つくば市 和食・そば処『筑膳』(つくぜん)

Atikuzen06

筑膳天そば(1800円)と、もりそば(800円)を注文して
『旬の地魚やエビ、野菜を使用』と書いてある天ぷらを
コン様と、半分づっこする作戦にしましたsweat01

Atikuzensoba01

「筑膳天そば」
手前の刻みネギの横にある柚子胡椒で食べると
かなりインパクトのある味になります。
おつゆは、あまり甘くない濃口。ずっしり重い味。
亀さんは、好きな味でした。good

Atikuzensoba02

蕎麦は、かなりの冷水でしめてありました。
この冷たさは、那須塩原の「石心」を思い出します^^
参考過去ログ 
http://3748.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/post-7ee1.html

蕎麦の味は、典型的な田舎そば系でしょうか、美味しかったです。

Atikuzensoba03

『天ぷら』*筑膳天そば
穴子、小魚(まるごと)、白身の魚、ふきのとう、ブロッコリー、れんこん
さつまいも、エビ(小型が2匹)、行者にんにく?、長細い春の野草?
覚えてるだけで、これだけありました!!
春、、、感じるには、十分な天ぷらでございました。

Atikuzensoba04_2

ただ、コン様
「筑膳天そば(1800円)-もりそば(800円)=天ぷら(1000円)だからね」
「安くはないよね・・・」とノタマッテました。

ブルッ、、、女性の感性は厳しいっす、、、
(お店の人にお茶を頼んだのに、すっかり忘れられていたので
基本的に??途中から機嫌が悪くなっちゃったんですよ、、、トホホ)

という訳で
「筑波山梅まつり」シリーズ、終了です。
もうじき暖かくなると思いますが、
そうなったら又、
どっかに花&お蕎麦のドライブに行きたいです。car

では、次の場所でお会いしましょうsign03

サヨーナラー(_´Д`)ノ~~

筑波山梅まつり(その10)和食・そば処『筑膳』、その店内風景

通された席は、大きな座敷の一番奥。
床の間の前の大きくて豪華なテーブルでした^^;;

写真:2012/03/11 Panasonic GF2 G14-42mm使用
    茨城県つくば市 和食・そば処『筑膳』(つくぜん)

Atikuzen09

Atikuzen08

テーブルが大き過ぎて落ち着かないので、
コン様と並んで座りました(笑)

Atikuzen10

障子を開けると、こんな廊下が、、、風情がありますねぇ。
久しぶりに、こうゆう造りの家に入りました。

Atikuzen11

なんと、、、天井にはシャンデリアが!!

『下記ネットから抜粋』
はるか昔にタイムスリップしたかのような雰囲気の建物は、
築100年の古民家を移築し使用しています。
おすすめはお蕎麦。山形県米沢産の「でわかおり」という品種を
石臼で挽いた蕎麦は、風味豊かな味わいです。

筑波山梅まつり(その9)お昼ご飯は、和食・そば処『筑膳』へ

往路、車で坂道を登ってる時に、
古民家蕎麦屋さんを見かけたので、
この日のお昼ご飯は、ここに行ってみようと決めていました。

写真:2012/03/11 Panasonic GF2 G14-42mm使用
    茨城県つくば市 和食・そば処『筑膳』(つくぜん)

Atikuzen01

裏の駐車場だったらしく、裏口からのエントリーになりました。

Atikuzen02

Atikuzen03

満席のため、名前を書いて待ちます。

Atikuzen04

外でお待ち下さいと言われて、このベンチに座って。。。

Atikuzen05

待ち時間は暇なので、表玄関の駐車場からお店の全景を一枚。

筑波山梅まつり(その8)筑波山梅林とお別れ(もう一度『つくば観光大使』)

写真:2012/03/11 PENTAX K20D DA18-250mm使用
    第39回「筑波山梅まつり」にて *茨城県つくば市
    http://www.umematsuri.jp/

Aowakare01

進行方向が、どの方面か分からないのですが、
もしかして、富士山方向でしょうかねぇ???(自信無し、、、)

Aowakare02

小さい子供も頑張って歩いてました。
って言うか、、、下りは、私達よりも「身軽」だったかもです。

Aowakare03

Aowakare04

最後に、名残り惜しくて、もう一度「つくば観光大使」さんに
記念の写真をお願いしました。
もそっと自然な表情を撮りたかったけど、、、
やっぱり、、、目指す立木義浩先生のレベルには、ほど遠いっすsweat01
もっともっと軽妙な話術も磨かねば、、、はい。

さて、、、お腹も減ったので
そろそろお昼ご飯に行きますね~~~run

2012年3月13日 (火)

筑波山梅まつり(その7)筑波山梅林、帰路は「つづら折りの木道」を利用

写真:2012/03/11 PENTAX K20D DA18-250mm使用
    第39回「筑波山梅まつり」にて *茨城県つくば市
    http://www.umematsuri.jp/

Atuzurazaka01_2

展望四阿(てんぼうあずまや)からの下りルートは
「つづら折りの木道」を利用しました。
ミラーレス一眼で、梅を撮るコン様・・・

Atuzurazaka02

*Panasonic GF2 G14-42mm(コン様撮影 ↑の写真の位置からです)

Ahakubai

「白梅」も少しUPで・・・

Atuzurazaka03

晴れ間が出た瞬間^^

Atuzurazaka04

「つづら折りの木道」を遠景

Atuzurazaka05

斜面の紅梅*画面左上の建屋が、展望四阿(てんぼうあずまや)です。
こうやって見ると、階段で登るのはけっこう急斜面でしたねcoldsweats01

筑波山梅まつり(その6)筑波山梅林、展望台からの景色

写真:2012/03/11 PENTAX K20D DA18-250mm使用
    第39回「筑波山梅まつり」にて *茨城県つくば市
    http://www.umematsuri.jp/

Amoujikitenboudai

*Panasonic GF2 G14-42mm(コン様撮影)
ぬかるみの難所があるので、男性の手助けが必要な女性もいましたsweat01

Atukubabairintenbou01

もう少しで展望台です。ここまで頑張って登ってきました^^;;(←オーヴァーか・・・)

Atukubabairintenbou02

現時点は、早咲きの紅梅が5,6分咲きって感じでしょうか。
(ここは、白梅は少ないですね)

Amoujikitenboudai02

*Panasonic GF2 G14-42mm使用(コン様撮影)
茅葺屋根が展望四阿(てんぼうあずまや)です。

Atukubabairintenbou03

展望台からの景色

Atukubabairintenbou04

筑波山梅まつり(その5)筑波山梅林へ、散策開始!!

写真:2012/03/11 PENTAX K20D DA18-250mm使用
    第39回「筑波山梅まつり」にて *茨城県つくば市
    http://www.umematsuri.jp/

Atukubabairin01

Atukubabairin02

筑波山梅林 散策開始
今更ですけど、、、山の中の梅林なので、傾斜がかなりあります。
水戸の偕楽園へ、観梅に来たような気分でいましたが、
ここからは、心と体の『切り替え』が必要sign03

Atukubabairin03_2

Atukubabairin04

Atukubabairin05

前日の雨でぬかるんでいる場所があるので、注意が必要。

筑波山梅まつり(その4)常陸乃国「ふるさと太鼓会」の和太鼓実演

写真:2012/03/11 PENTAX K20D DA18-250mm使用
    第39回「筑波山梅まつり」にて *茨城県つくば市
    http://www.umematsuri.jp/

    常陸乃国「ふるさと太鼓会」の和太鼓実演
    http://www.geocities.jp/furusatotaiko1/index.htm

Awadaiko02

Awadaiko04

常に視線は、前方の上方から位置を変えずに実演。

Awadaiko03

真剣な演奏でした。

Awadaiko01

2012年3月12日 (月)

筑波山梅まつり(その3)「ガマの油売り口上」*第20代永井兵助

写真:2012/03/11 PENTAX K20D DA18-250mm使用
        第39回「筑波山梅まつり」にて *茨城県つくば市
    http://www.umematsuri.jp/

Agamanoaburauri01

第20代永井兵助 金野龍一名人
http://www15.ocn.ne.jp/~ayabe/page008.html

Agamanoaburauri06

「ガマの油売り」口上

http://wasshoi.gooside.com/gama.htm

Agamanoaburauri02

Agamanoaburauri03

日本刀で、自分で腕を切ります!?

Agamanoaburauri04

Agamanoaburauri05

ほんとに血が出てるような気がしたけど・・・大丈夫だったのか??

筑波山梅まつり(その2)筑波山のキャラクター『つっぴー』登場!!

写真:2012/03/11 PENTAX K20D DA18-250mm使用
    第39回「筑波山梅まつり」にて *茨城県つくば市
    http://www.umematsuri.jp/
    
    キャラクター『つっぴー』登場!

Atuppi01

つくば経済新聞記事
http://tsukuba.keizai.biz/headline/318/

Atuppi02

『つっぴー』は
新聞記事によると「女の子」らしい・・・

筑波山梅まつり(その1)美貌の「つくば観光大使」と遭遇しました^^

写真:2012/03/11 PENTAX K20D DA18-250mm使用
    第39回「筑波山梅まつり」にて *茨城県つくば市
    http://www.umematsuri.jp/

Atukubakankoutaisi01

Atukubakankoutaisi02

Atukubakankoutaisi03

Atukubakankoutaisi04

「梅まつり」の催事のスケジュール表を頂いている所。

年齢調整死亡率(男性・2010年):わが栃木県は第9位(第1位は青森県、第47位長野県)

年齢調整死亡率が一番低いのは長野県。
明確に理由は分からないらしいが、
喫煙率の低さ、肥満率の低さ、野菜摂取量の多さが
その要因として、推測されてるらしい。

反対に、わが栃木県はかなり上位にランキング。
、、、亀さん、、、
もっと野菜を取って、ウォーキングを頑張らないと!って
そんな風に考えてます。

2010年年齢調整死亡率(男性)
http://todo-ran.com/t/kiji/14203

写真:Nikon P5100使用 豚キムチビビンパ*生協から

Abibinpabu

2012年3月11日 (日)

旅行の前に『SHOE-PLAZA』で「バイオフィッター」を購入

先月の温泉ミステリーツアーbusの前に
私とコン様、二人とも「バイオフィッター」で靴を新調してました^^
遅くなりましたが、そのご報告を。

写真:Panasonic GF2 G14mm使用 「バイオフィッター」
    チヨダ靴店のオリジナル
    http://www.bio-fitter.jp/

Abaiofita01

『ホーキンス・トラベラー』。『ハイドロテック』。など、、、
さんざんいろいろ履いて、迷ったのですが、、、
結局、、、一番価格の安い『バイオフィッター』に決定!!

実は、『ハイドロテック』に一番好きなデザインがあったのですが
サイズ切れ。。。翌日が旅行だったので、お取り寄せを頼むことも出来ず、、、
今でも、それが少し心に残っています(笑)←オーヴァーか・・・

2012年3月10日 (土)

栃木市・出流山「満願寺」(その3)山門 仁王尊像*最終回

写真:2012/03/03 Panasonic GF2 G14-42mm使用
    栃木市出流山 「満願寺」にて
    http://www.idurusan.com/

Amanganji11

立派な鐘楼がありました。

Amanganji09

突いてるフリです・・・意外と歳の割にお茶目なコン様(笑)

Amanganji12

「山門」へ、本堂側から逆アプローチです^^;;

Amanganji13

「こら、またんかい!」

Amanganji14

「気合を入れろよ!」

この日は、仁王尊像さまたちに、、、こんな風に言われたように
感じましたです~~~

おっと、、、亀母が車で待ってますので、
そろそろ家へ帰りますねcar

サヨーナラー(_´Д`)ノ~~

栃木市・出流山「満願寺」(その2)本堂で参拝、奥之院へは行きませんでした。

写真:2012/03/03 Panasonic GF2 G14-42mm使用
    栃木市出流山「満願寺」にて
    http://www.idurusan.com/

Amanganji06

本堂手前の参道階段脇の石灯籠
彫り物の細工、重厚なものが多いです。

Amanganji07

本堂で参拝

Amanganji08

本堂脇から『奥之院』へ行けますが、入山料300円がかかるのと
亀母が車で待ってるし、時間も遅かったので、、、今回はパス・・・sweat01
お守りだけ購入。。。

Amanganji10

古木も多く、やはり『パワースポット』のムードに満ちていますconfident

栃木市・出流山「満願寺」(その1)坂東三十三観音第十七番札所

写真:2012/03/03 Panasonic GF2 G14-42mm使用
    栃木市・出流山「満願寺」にて
         http://www.idurusan.com/

Amanganji01

せっかく出流まで来たので『満願寺』へお参りに来ました。

Amanganji02

ここまで3人で歩いて来たのですが、亀母、、、この先は自信がないと、、、
ここから車へ戻って、休憩となりました。(最近、めっきり足が弱いのです)

Amanganji03

Amanganji04

風格十分のお寺。

Amanganji05

看板、欠けてるのが、妙に気になります、、、(汗)

出流山・元祖手打そば「いづるや」さんで『寒晒し蕎麦』5合を注文!!

写真:2012/03/03 Panasonic GF2 G14-42mm使用
    出流山・元祖手打そば「いづるや」さんにて
    オフィシャルサイト http://www.iduruya.co.jp/

Aizuruya01

直近では、出流山地区の蕎麦屋では
「いしやま」さん、「さとや」さんに行きましたので
今回は、「いづるや」さんにしてみました。

参考過去ログ:「いしやま」さん
http://3748.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/post-abfd.html

参考過去ログ:「さとや」さん*生粉打ち蕎麦
http://3748.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-94c2.html

Aizuruya02

3時に近い、中途半端な時間だったのに、お客さんけっこう入ってました^^

Aizuruya03

5合で普通の蕎麦より500円高いですが、
この時期ならば、絶対『寒晒し蕎麦』が良いと思います。
亀さんが思うに、
蕎麦自体の『甘さ』が断然違うと思うのです。。。(←思い込みかもですがsweat01

Aizuruya04

舞茸、人参、茄子など、、、野菜の天ぷら

Aizuruya05

寒晒し蕎麦*5合もり
亀母、コン様、わたしの3人ですが、亀母は量を食べないので
結果として、わたしがガッツリ食べた感じです coldsweats01
ちなみに、
蕎麦の上に乗ってるのは、「かいわれ大根」じゃなくて
「蕎麦の新芽」だそうです。初めて食べました^^

Aizuruya06

店内では野菜販売中。
人参、玉葱、トマトを自宅用で購入。

Aizuruya07

最後、プロの技を撮らせてもらいましたcamera

・・・
お蕎麦、美味しく頂きましたが
そば湯が、蕎麦と同時くらいに出されたので
蕎麦を食べ終わった時には、すっかりぬるくなってました。
アツアツ飲みたかった。。。そこが、残念。。。

2012年3月 9日 (金)

栃木市都賀町「花之江の郷」(その10)「ミツマタ」*最終回

写真:2012/03/03 PENTAX K20D DA18-250mm使用
    栃木市都賀町 「花之江の郷」(はなのえのさと)にて

Amitumata01

「ミツマタ」

Amitumata02

Amitumata03

ここのバイキングも少し気になりましたが、、、
思ったより長居をしたので、出る頃にはバイキングの終了時間。
そして、、、正直言うと
ここまで来たので、出流山まで走って『寒晒し蕎麦』を
食べたかったのです(笑)

・・・と言う訳で
「花之江の郷」シリーズ終了です^^

また、どこか「花」を探して出掛けますので
そのとき、またお会いしましょう~~~happy01

栃木市都賀町「花之江の郷」(その9)「シナマンサク」&「アズマイチゲ」

写真:2012/03/03 PENTAX K20D DA18-250mm使用
    栃木市都賀町 「花之江の郷」(はなのえのさと)にて

Asinamansaku02

Asinamansaku01

「シナマンサク」?
入り口のボードに名前が書き込まれていました。
普通の「マンサク」だったら、ゴメンナサイcoldsweats01

Aazumaitige

「アズマイチゲ」
開花株が見つからず、蕾のものだけ1株です。

開花株は、以前、
佐野市『三毳山』(みかもやま)斜面で撮影したことがあります。

栃木市都賀町「花之江の郷」(その8)「雪割草」*3色

写真:2012/03/03 PENTAX K20D DA18-250mm使用
    栃木市都賀町 「花之江の郷」(はなのえのさと)にて
    『雪割草』

Ayukiwarisou01

Ayukiwarisou02

Ayukiwarisou03

「雪割草」は、自力では見つけられませんでした・・・
園の方に場所を聞いて、、、やっとです、、、(滝汗)

2012年3月 8日 (木)

栃木市都賀町「花之江の郷」(その7)「バイカオウレン」

写真:2012/03/03 PENTAX K20D DA18-250mm使用
    栃木市都賀町 「花之江の郷」(はなのえのさと)にて
    早春に咲く梅花のような野草「バイカオウレン」
    http://yasashi.info/ha_00038.htm

Abaikaouren04

Abaikaouren01

Abaikaouren02

Abaikaouren03

園の方の説明で、葉が枯れるタイプと枯れないタイプの2種類があると
お聞きしたような、、、もし、亀さんの記憶違いだったら、ごめんなさい sweat01

栃木市都賀町「花之江の郷」(その6)「紅花系福寿草」&「なでしこ咲き系福寿草」

写真:2012/03/03 PENTAX K20D DA18-250mm使用
    栃木市都賀町 「花之江の郷」(はなのえのさと)にて
    園の方に開花してる株を教えて貰って撮影しました。sweat01
    「紅花系福寿草」と「なでしこ咲き系福寿草」
    福寿草もたくさんの品種があるようです。

Abeniirofukujyusou01

Abeniirofukujyusou02

「紅花系福寿草」

Anadesikozaki01

Anadesikozaki02

「なでしこ咲き福寿草」 *分類的には黄花系??

栃木市都賀町「花之江の郷」(その5)「ネコヤナギ」

写真:2012/03/03 PENTAX K20D DA18-250mm使用
    栃木市都賀町 「花之江の郷」(はなのえのさと)にて
    『ネコヤナギ』

Anekoyanagi01

池の反対側で、コン様が「ネコヤナギ」発見!
「撮りに来なさい」と呼ばれてしまいました・・・(汗)

Anekoyanagi02

Anekoyanagi03

「ネコヤナギ」

栃木市都賀町「花之江の郷」(その4)「メダカ池」&「クロッカス」

写真:2012/03/03 PENTAX K20D DA18-250mm使用
    栃木市都賀町 「花之江の郷」(はなのえのさと)にて
    http://www.0282.jp/hananoe/

Amedakaike01

「メダカ池」

Amedakaike02

「クロッカス」

Amedakaike03

心配だったので、こちらの園の方にクロッカスであること確認しました(笑)

2012年3月 7日 (水)

栃木市都賀町「花之江の郷」(その3)「草餅&道明寺」

写真:2012/03/03 PENTAX K20D DA18-250mm使用
    栃木市都賀町 「花之江の郷」(はなのえのさと)にて
    http://www.0282.jp/hananoe/

Aodango01

「花菖蒲の大群生地」
・・・と言っても、今の時期はなにもありません。

Aodango02

Aodango03

「草餅&道明寺」*山崎パン製

Aodango04

桜の葉の塩加減にも「春」感じますcoldsweats01

Aodango05

しばしの「おやつ」タイムでしたclock

栃木市都賀町『花之江の郷』(その2)「福寿草」

写真:2012/03/03 PENTAX K20D DA18-250mm使用
    栃木市都賀町 「花之江の郷」(はなのえのさと)にて
         http://www.0282.jp/hananoe/

Afukujyusou01

Afukujyusou02

Afukujyusou03

Afukujyusou04

「春」は『黄色』から・・・でしたよね・・・coldsweats01

Afukujyusou05

栃木市都賀町『花之江の郷』(その1)「セツブンソウ」

写真:2012/03/03 PENTAX K20D DA18-250mm使用
    栃木市都賀町 花之江の郷 
    http://www.0282.jp/hananoe/
    「セツブンソウ」

Asetubunsou05_2

入場料は、300円。(花のシーズンによって変動します)

Asetubunsou06

ブロ友ケン坊さんから事前情報を得ていたので、そろそろ、、、って思いsweat01

Asetubunsou01_2

Asetubunsou02

Asetubunsou04

Asetubunsou03

前日の雨の影響で花びらに泥ハネが・・・sweat01
でも、じっと見てると、そうゆうとこも「可憐」かもですね。

2012年3月 6日 (火)

冬の1泊2日温泉ミステリーツアー(その37)『牛の時雨煮弁当』*最終回

写真:2012/02/26 Panasonic GF2 G14mm使用

Asaishuukai02

Asaishuukai03

釈迦堂PAで買ったカレーパン (おにぎりも買ったのですが、写真割愛sweat01

Asaishuukai04

初日に注文した「牛の時雨煮弁当」*別料金
甘い味付けで、美味しかったです^^v

Asaishuukai05

以上で今回のクラブツーリズム主催
「1泊4食温泉ミステリー」*Aランクホテル宿泊(14,980円/一人)終了です。

初日
ららん藤岡 → 上田城跡公園 → 小布施
信州松代ロイヤルホテル宿泊(夕食:ハーフバイキング形式)

2日目
山都飯田 水引の郷 → 木地師の里 けやき工房カネキン 
→ 妻籠宿 → 馬籠宿 → 寝覚の床

上田城跡公園以外は、初めての観光地だったので
亀さん、とても満足してます^^v
ミステリーなので、走行距離の割には料金がお得??
そんな風に感じますけど、いかがでしょうか・・・

長いシリーズにお付き合い頂きありがとうございました(ペコリ)
次の旅先、、、現在、ほぼ決まってる場所があるのですが
それはまた、追々ご報告させて頂きますnote

では、そろそろ失礼致します。
皆様、ごきげんよう~~~サヨーナラー(_´Д`)ノ~~

冬の1泊2日温泉ミステリーツアー(その36)伊那IC→諏訪湖SA→釈迦堂PAルート

レストハウス木曽路を出た後は、中央道伊那ICから高速に乗り
途中、諏訪湖SAで夕食用のお弁当の積み込み。
そして、釈迦堂PAで、最後のトイレ休憩toiletでした。

写真:2012/02/26 Panasonic GF2 G14mm使用

Aatohanomudake01

Aatohanomudake02

Aatohanomudake03

もう写真を撮ろ場所もないので、中姉が持参した焼酎をお茶割りで!
飲むか、食べるか、寝るか、、、しかないので
亀三郎は、飲んで食べてましたdelicious

Aatohanomudake04

つまみがあったので、ついつい飲み過ぎたかも、、、(反省)

冬の1泊2日温泉ミステリーツアー(その35)浦島太郎伝説の『寝覚の床』

トイレ休憩のレストハウス木曽路の展望台からの『寝覚の床』

http://www.rest-kisoji.com/

写真:2012/02/26 PENTAX K20D DA16-45mm使用
    長野県木曽郡上松町 『寝覚の床』
    http://www.town.agematsu.nagano.jp/kankou/view/sansaku/nezamenotoko.html

Anezamenotoko01

流れる川は、「木曽川」
右側に見える線路は、「JR中央線」

Anezamenotoko02

「寝覚の床」は、浦島太郎伝説があります。

*以下ネットより
浦島太郎は竜宮城から地上へ帰るが、まわりの風景は変わっており、
知人もおらず、旅に出ることにした。
旅の途中、木曽川の風景の美しい里にたどり着き、竜宮の美しさを思い出し、
乙姫にもらった玉手箱をあけた。玉手箱からは白煙が出て、白髪の翁になってしまう。
浦島太郎には、今までの出来事がまるで「夢」であったかのように思われ、
目が覚めたかのように思われた。
このことから、この里を「寝覚め」、岩が床のようであったことから「床」、
すなわち「寝覚の床」と呼ぶようになったという。

Anezamenotoko03

丁度、電車が来ればよかったんですけどねぇ、、、
そうはうまく行きませんでした。

Anezamenotoko04

展望台の説明板。
寒くてじっくり読んでいられなかったので、写真に撮って、、、と、、、(笑)

冬の1泊2日温泉ミステリーツアー(その34)遅いお昼ご飯(助六寿司+コロッケ)

写真:2012/02/26 Panasonic GF2 G14mm使用
    ツアー2日目のお昼は、助六寿司+コロッケのお弁当

Abasunoobentou01

旅行社からのお昼のお弁当。
中姉夫妻、コン様はすでに終わってますが、亀さんは、これからでしたsweat01
ここまで、
山道でカーブが多かったので、、、下を向くと車酔いしそうで、、、
食べずにいたのです。。。

Abasunoobentou02

でら!珈琲 ほんのり甘いブラック(名古屋地区限定???)

Abasunoobentou03

Abasunoobentou04

どうやら、リンゴをそのまま薄くスライスして使ってるようです。
甘く自然な香りが、、、上品なお菓子でした^^

冬の1泊2日温泉ミステリーツアー(その33)そして、「馬籠宿」とお別れ

写真:2012/02/26 PENTAX K20D DA16-45mm使用
    岐阜県中津川市 「馬籠宿」にて

Amagometoowakare01

振り返って一枚。こちらの入り口から散策を開始すると
ずっと登り坂になるので、大変ですね。
旅行社はその経験から、
お客さんの負担にならないように、
散策ルートが下り坂になるように考えてるんですね!(エライ)

Amagometoowakare02

Amagometoowakare03

Amagometoowakare04

最後に駐車場から1枚。

これで「馬籠宿」とお別れです。
ここからは、完全に帰路。。。もう散策地はありません。
途中、お土産屋さんとトイレ休憩がありますが。。。(笑)

2012年3月 5日 (月)

冬の1泊2日温泉ミステリーツアー(その32)「馬籠宿」、水車小屋と五平餅

写真:2012/02/26 PENTAX K20D DA16-45mm使用
    岐阜県中津川市 「馬籠宿」

Amagomenogokeimoti01

Amagomenogokeimoti02_2

水車小屋

Amagomenogokeimoti03

Amagomenogokeimoti04

民宿・お食事処 「白木屋」
http://www.kiso-magome.com/kaiin/users/sirokiya.html

ここで買った「五平餅」
ここのは、串団子スタイルで平べったくは、ありませんでした。
そして、甘さも抑えめ?? 苦味優先で個性的かもです^^v

Amagomenogokeimoti05

そして結局、亀さんちご一行は、食べ歩き主体のため
『藤村記念館』も『史跡 島崎藤村生家跡』も見学は無し・・・(汗)

小説 「夜明け前」
冒頭の一文
『木曽路はすべて山の中である。』

たしかに、そうだなぁと、、、
このツアーで感じることが出来ました。
島崎藤村も眺めていた恵那山、
亀さんも見ることが出来ましたので、すこしだけ「感慨」も・・・

冬の1泊2日温泉ミステリーツアー(その31)「馬籠宿」の但馬屋&つたや(せんべい)

写真:2012/02/26 PENTAX K20D DA16-45mm使用
    馬籠宿「但馬屋」
    http://kiso-tajimaya.com/facility/index.html?lang=

Amagometajimaya01

こちらは、VISA Masterでも支払い可^^
妻籠のお宿も雰囲気が良かったですが、こちら馬籠も「恵那山」が見えるし
どっちか選べと言われると、「即断派」の亀さんでも、悩むかもですcoldsweats01

Amagometajimaya02

但馬屋さん、
名前の由来は、やはり初代が但馬の国(兵庫県)のご出身との事。
家紋が丸に蔦なので、、、亀家と同じです、、、関係ないけど、、、
ちょっとだけ親近感が(笑)

Amagometajimaya03

「つたや」
日曜日なのに、、、お店やってませんでした、、、残念

参考「馬籠宿」おいしいものMAP
http://nakatsugawa.info/tanken_tai/052_magome/tsutaya.html

Amagometajimaya04

巨大なお煎餅が!!

冬の1泊2日温泉ミステリーツアー(その30)「馬籠宿」お煎餅をかじりながら散策

写真:2012/02/26 PENTAX K20D DA16-45mm使用
    岐阜県中津川市 「馬籠宿」にて

Amagomenookaki01

Amagomenookaki02

かわいい「がま口」??
さすが女性は、こうゆうのは見逃しませんね!(笑)

『うさぎや』
馬籠宿おいしいものMAP
http://nakatsugawa.info/tanken_tai/052_magome/usagiya.html

Ausagiya

*うさぎや(Panasonic GF2使用 コン様撮影)

Amagomeyuubinkyoku

*馬籠郵便局(Panasonic GF2使用 コン様撮影)

Amagomenookaki03

Amagomenookaki04

中姉からご馳走になりました。馬籠宿の「お煎餅」 happy01
寺子屋本舗
http://www.mochiyaki.jp/4.direct-shop/5.toukai-tyubu-hokuriku/5.magome/syosai.html

Amagomenookaki05

『おやき』は、妻籠で食べたので買いませんでしたが
妻籠と値段も内容も同じですね。
よもぎ=小倉あん くるみ=白あん

冬の1泊2日温泉ミステリーツアー(その29)「馬籠宿」から『恵那山を召し上がれ』

写真:2012/02/26 PENTAX K20D DA16-45mm使用

   馬籠宿から、美しい「恵那山」を見ることが出来ました。

Amagomenoenasan01

「馬籠宿」の散策
今回のルートは、ずっと下りなので楽と言えば楽でした。。。

Amagomenoenasan03

突然、空き地から展望が開けて雄大な山がsign03
恵那山(えなさん)周辺地図
http://yamachizu.mapple.net/yamadetail.asp?mid=01-0076

Amagomenoenasan02

この景色は、最高にビーチフルですgood
木曽山脈(中央アルプス)の南端に位置し、日本百名山の一つに数えられる。
標高 2189m

Amagomenoenasan04

『恵那山を召し上がれ』
なんて、洒落っ気があるんでしょう。
ツアーじゃなかったら、
亀さん、絶対ここに入ってコーヒー飲んでると思います。

Amagomenomatinami

*馬籠宿散策中(Panasonic GF2使用 コン様撮影)

冬の1泊2日温泉ミステリーツアー(その28)『馬籠宿』(まごめじゅく)に到着

写真:2012/02/26 PENTAX K20D DA16-45mm使用
    『馬籠宿』(まごめじゅく)
    文豪 島崎藤村のふるさと 木曽11宿の最南端
    木曽馬籠
    http://www.kiso-magome.com/index.html

Amagomejyuku01

「妻籠宿」から、峠をひとつ越えて「馬籠宿」に到着。
ここは、2005年の越県合併で岐阜県中津川市に編入されてるそうです。

Amagomejyuku02

Amagomejyuku03

金のシャチホコの絵が入った名古屋限定の缶コーヒーがあったので
早速、記念撮影をしています。(このあと、実際に購入)

Amagomejyuku04

添乗員さんから
「ここから、まっすぐ下ってください。600mですから、ゆっくりどうぞ」と。

妻籠では、お日様が出てたのですが、、、
曇ってきてしまったです。少し、、、寒い、、、

Amatinami01

*馬籠宿入り口より(Panasonic GF2使用 コン様撮影)

冬の1泊2日温泉ミステリーツアー(その27)そして、「妻籠宿」とお別れ

写真:2012/02/26 PENTAX K20D DA16-45mm使用
    長野県木曽郡南木曽町 「妻籠宿」(つまごじゅく)にて

Atumagotoowakare01

バスの集合時間まで10分を切りましたので
すこし急ぎ足で駐車場へ向かいます。
天気は、かなり良くなっていますsun

Atumagotoowakare02

『「お餅」がついてる面白い~~~』って言いながら、
写真を撮ってるご婦人がいたので、
亀さんも真似して1枚camera

Atumagotoowakare03

↑の「お餅」の写真を撮ってたら、添乗員さんから
『少し先に「水車」がありますから
写真撮って来てください~~まだ、時間は大丈夫ですから。』と言われ
駆け足でゆるい坂道を上がって、記念に撮ってきました。runcamera

Atumagotoowakare04

気温が上がってたので、駆け足+ダウンジャケットの亀さん、、、
しっかり、、、じっとりと汗をかいてしまったです、、、

さて、これで「妻籠宿」とお別れ、
次は、、、どこでしょう???
って、、、すこしこの辺りの地理に詳しいかたならば、
次はすでにお分かりでしょうねぇ、、、多分sweat01

2012年3月 4日 (日)

冬の1泊2日温泉ミステリーツアー(その26)「妻籠宿」、寺下の町並みから枡形の跡

写真:2012/02/26 PENTAX K20D DA16-45mm使用
    妻籠宿 寺下の町並み

Amatinami01

Amasugata04_4

コン様の得意のポーズも、一応入れておきますね、、、(滝汗)

ここから下は、SONY DSC-TX5で、コン様の撮影分

Amatinami02 

Amatinami04

Amatinami03_2

冬の1泊2日温泉ミステリーツアー(その25)「妻籠宿」、枡形(ますがた)付近の情景

写真:2012/02/26 PENTAX K20D DA16-45mm使用
        長野県木曽郡南木曽町 「妻籠宿」枡形近辺
    http://nagatabi.hariko.com/tumago/masugata.html

    敵の侵入を防ぐため、街道の入口に直角になる場所を
    2ヶ所設けたらしい。         

Amasugata01

Amasugata02

写ってませんが、この家のとこの直角と、ここから下った場所の直角が
そうでしょうかねぇ、、、確認が出来てなくてすいません。

Amasugata05

看板には、徳川家康が西国大名の江戸への侵攻を少しでも
遅らせるために、設けられたものです。・・・とありました。

Amasugata06

今から思うと、枡形の跡に佇んでいたニャンコ様

Amasugata03_2

宿場町らしい?ゴミ箱

冬の1泊2日温泉ミステリーツアー(その24)妻籠宿「わちのや」さんの『おやき』で休憩

写真:2012/02/26 PENTAX K20D DA16-45mm使用
    妻籠宿 「わちのや」さんの『おやき』

Atumagojyukunooyaki01

「よもぎ」のおやき

Atumagojyukunooyaki02

「くるみ」のおやき
「よもぎ」と「くるみ」を、仲良く半分づっこで食べました。

Atumagojyukunooyaki04

寡黙??なご主人に、何か話しかけてるコン様。。。

Atumagojyukunooyaki03

「囲炉裏」がいい雰囲気を出してします。

Atumagojyukunooyaki05

長年、燻された家屋。
たしか煙って、防虫(消毒)作用?もあって
木造家屋には、いいんですよね?違ったかな、、、(不安、、、sweat01

冬の1泊2日温泉ミステリーツアー(その23)『妻籠宿』無料休憩所には「雛人形」

写真:2012/02/26 PENTAX K20D DA16-45mm使用
    長野県木曽郡南木曽町 『妻籠宿』(つまご)にて

Atumagonohinamaturi02

中山道六十九次のうち、江戸から数えて四十番目が妻籠だそうです。

Atumagonohinamaturi01

無料休憩所には、雛人形が飾ってありました。
まだ木の香りがしたので、新しい施設なのかもしれません。
少し調べてみたところ
妻籠は、旧なので4月3日まで飾ってあるみたいです^^v

Atumagonohinamaturi04

妻籠宿御本陣

Atumagonohinamaturi03

民宿「坂本屋」
http://tumago.jp/stay/sakamoto.html

大人1泊2食 7500円から、、、みたいです。
こうゆうとこ、泊まってみたいような、、、
いや、やっぱり、、、普通のホテルの方がいいような、、、
ちと、、、決断??がつきません(笑)

冬の1泊2日温泉ミステリーツアー(その22)重要伝統的建造物群保存地区『妻籠宿』

ツアー2日目は、「水引」「けやき製品」と買い物ミステリー??が
続いた後、やって来たのは『妻籠宿』。(長野県木曽郡南木曽町)

ここは、亀さんの行ってみたい旅先の一つでした。heart

写真:2012/02/26 PENTAX K20D DA16-45mm使用
    日本初の重要伝統的建造物群保存地区 『妻籠宿』
    http://www.tumago.jp/

Atumagojyuku01

重要伝統的建造物群保存地区といえば
以前、福島の『大内宿』に行ったことがありますので、
ここ『妻籠宿』で2ヶ所目となりますscissors

Atumagojyuku02

本格手打そば「よしむら」
軒先だけ借りて記念写真。入りたい気もしましたが、、、
『妻籠宿』の写真も沢山撮りたくて、、、sweat01

福島『大内宿』 「ねぎそば」
http://3748.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/post-6741.html

Atumagojyuku03

やっぱり気になる「串団子」

Atumagojyuku04

「ロウバイ」

2012年3月 3日 (土)

冬の1泊2日温泉ミステリーツアー(その21)けやき工房「カネキン」で製作実演見学

飯田市の「水引の郷 山都飯田」を出たあとは
けやき工房「カネキン」へ。。。
長野県南木曽郡木曽町
けっこう山の中にやってきてますbus

写真:2012/02/26 Panasonic GF2 G14mm使用
    けやき工房「カネキン」にて
    http://www13.ocn.ne.jp/~ootaki/welcome/mvmember/kanekinfile.htm

Akeyakikoubou01

木地師の里
http://www.biwa.ne.jp/~tam/sansaku/report/31%20kijishi/kijishi.html

Akeyakikoubou02

さすがのプロの技です!

Akeyakikoubou03

けやき製品。亀さん、、、こうゆうの意外と好きなんです。
お茶椀1個くらい、おしるしに欲しかったけど
2千円ほどしたので、、、コン様から、ピシャリとNGが出ました、、、gawk

Akeyakikoubou04

262万5千円sign03のけやきの茶棚の前で記念撮影。
張れる『見栄』があれば、、、こうゆうの欲しいけど、、、
あ、、、その前に、置く場所もないかぁ~~~って、、、
『それが、見栄じゃないの?』って、
今、、、誰か言ったような・・・(汗)

冬の1泊2日温泉ミステリーツアー(その20)水引の郷「山都飯田」で水引製作体験

「駒ケ岳SA」から更に南下して、水引の郷「山都飯田」で水引製作を体験。

写真:2012/02/26 Panasonic GF2 G14mm使用
    水引の郷「山都飯田」 長野県飯田市
    http://www.mizuhiki.co.jp/santo/

Aiidamizuhiki05

Aiidamizuhiki01

水引ミニ知識
http://www.mizuhiki.co.jp/mini/index.html

Aiidamizuhiki02

イケメン講師の横に座って、水引の作り方を教わりました^^;;
無料体験コーナーです。

Aiidamizuhiki03

ただ、、、バスの出発時間の関係で、、、実態は、、、
講師の先生が9割方作ってくれてたような・・・sweat01
コン様がやった工程は、ボンドで接着したこと???

Aiidamizuhiki04

竜宮城のイメージ

冬の1泊2日温泉ミステリーツアー(その19)最初の休憩は、中央道下り「駒ケ岳」SA

写真:2012/02/26 Panasonic GF2 G14mm使用

Akomagatake03

車窓から撮影(中央道下り車線:駒ケ岳SA近辺にて)

Akomagatake01

2日目の最初の休憩は、中央道下り「駒ケ岳」SA。
長野県駒ヶ根市になるようです。

http://www.chuo-alps.com/sa/

Akomagatake02

信州松代ロイヤルホテルを出発するとき
添乗員さんから、
今日は、最初、かなり距離を走ります。と言われて
ウツラウツラしてたら、この休憩所でした。

途中、『松本』とか看板が出てたので
もしや「松本城」??って一瞬思いましたが、、、あっさり通過、、、
相変わらず全然、予想もつかないまま行程は進みます。

『名古屋』の看板も出てきたけど、まさかねぇ、、、
なんて話をしてたんですよ。(笑)

2012年3月 2日 (金)

冬の1泊2日温泉ミステリーツアー(その18)おしるしに、松代焼のお猪口を購入。

写真:2012/02/26 Panasonic GF2 G14mm使用

Atabidati01

出発時間は、雪が降ってました・・・寒い・・・

Atabidati02

さて、2日目がスタート。時間は、8:00amです。
今日はどこに行くのでしょう???

Atabidati03

松代陶苑

http://matsushiro-touen.com/

Atabidati04

昨晩、ホテルの売店で買った松代焼のお猪口。
ここの所、これで日本酒を飲んでます^^ bottle

冬の1泊2日温泉ミステリーツアー(その17)朝食は、普通のバイキングでした。

写真:2012/02/26 Panasonic GF2 G14mm使用
    信州松代ロイヤルホテルにて

Aasanobaikingu01

Aasanobaikingu02

朝風呂に入ってるし、食欲旺盛!!
あ、、、それにしても食べ過ぎですかね、、、(後悔)
しかし、ここで、、、余談ですが、、、
温泉ミステリーツアーで集客したわりには
大浴場に付設の小さな露天風呂部分のみ『温泉』
大きい浴槽は、温泉じゃないのです・・・
これって、、、ちと、、、詐欺的???
料金が安いので、クレームは付けなかったけど、
ここで、、、小声で言っておきますangry

Aasanobaikingu03

ま、、、コーヒーでも飲んで
心を静めましょう、、、ね、、、
血圧が上がるだけ、自分が損だし、、、

冬の1泊2日温泉ミステリーツアー(その16)湯上りに、ちゃんぽんで飲み過ぎて『ダウン』

写真:2012/02/25 Panasonic GF2 G14mm使用
    信州松代ロイヤルホテルにて

Aanzunoosake01

中国酒・・・杏系だったと思うのですが、名前を忘れました、、、

Aanzunoosake02

Aanzunoosake03

食事が終わって、みんなご機嫌モードで、、、記念撮影camera
最近の掛け声は
「はい!チーズ」じゃなくて、、、「りらっくま」だそうです(笑)
ほんとですか???

Aanzunoosake04

酔ってても、、、こうゆう写真は、撮ってました、、、
フラフラしてたけど、けっこう水平がとれてますね!へへへ、、、

Aanzunoosake05_2

2Fのロビーで休憩。
しかし、、、亀さん、、、湯上りのビール(部屋で)500mlを1本、
ハーフバイキングになってから
冷酒 約1合
中国酒 オンザロック?1杯
ウーロンハイ 2杯
以上で、、、轟沈、、、sleepysleepysleepy

ほんとは、部屋で飲む予定だったのに、、、
午後9時でダウンでしたwobbly

冬の1泊2日温泉ミステリーツアー(その15)ホテルの夕食は、ハーフバイキング形式

夕食は1Fのレストランで、ハーフバイキング形式。(6:30pmから)

写真:2012/02/25 Panasonic GF2 G14mm使用
    信州松代ロイヤルホテルにて

Ahoterunoyuushoku01_2

Ahoterunoyuushoku02

お造りと、豚肉の鍋が基本セットになっていて、
最初からテーブルにセッテイングされていました。
あとは、スキなものを取ってくる普通のバイキングスタイルですhappy01

Ahoterunoyuushoku03

長野の地酒「鶴翼」*お酒は別料金
中姉のご主人とは、すでに湯上りビールを部屋でやってまして、、、、
はずみがついてたので、いきなり日本酒でしたsweat01

Ahoterunoyuushoku04

コン様の1回目のプレート!!
(注)亀三郎用のおつまみも、含まれています。

冬の1泊2日温泉ミステリーツアー(その14)信州松代ロイヤルホテルに到着

小布施での予想、湯田中温泉、渋温泉はハズレ。
『信州松代ロイヤルホテル』 spa松代温泉 にやって来ました。

写真:2012/02/25 Panasonic GF2 G14mm使用
    信州松代ロイヤルホテルにて
    http://www.daiwaresort.co.jp/matsushiro/

Amatusiroroiyaru01

エントランスには大きな雛人形が展示されていました^^
このあと、添乗員さんにツーショットも、しっかり撮ってもらいましたよheart

Amatusiroroiyaru02

Amatusiroroiyaru05

部屋は思ったより広くて、このくらいなら気持ちが、リラックスできますgood

Amatusiroroiyaru03

窓からの景色。
『窓を開けると夏の時期は、虫が入ります』と注意書きがありました。

Amatusiroroiyaru04

「北アルプス」側の部屋だったようです。
ホテルの標高は、350m。

あと、余談ですが、松代と言うと、、、わたしの中では
松代大本営が浮かびます、、、
太平洋戦争末期に、遷都?の計画もあったんですよね
たしか・・・sweat01

さて、、、じゃ、そろそろ、お風呂spaに行って来ます~~~run

2012年3月 1日 (木)

冬の1泊2日温泉ミステリーツアー(その13)葛飾北斎の肉筆画「傘風子(さんぷうし)」

写真:2012/02/25 PENTAX K20D DA16-45mm使用

Asanpuusi01

http://www.obusedo.com/ajiwai/page2.html

「北斎館」は見学しなかったので、
お菓子工場(栗菓子工場 傘風舎)の入口にあった
葛飾北斎の肉筆画「傘風子(さんぷうし)」を記念に1枚撮っておきました。

Asanpuusi02

Asanpuusi03

これにて小布施散策は終了。
これから、お宿へ向かいます。と言ってもミステリーツアーなので
どこの温泉地spaへ行くか??分かりませんが。。。

実は、、、お土産物さんで
「ここから3,40分で行ける温泉地はどこですか?」と訊いたら
「湯田中か、渋、、、かなぁ」なんて、、、返事がありました。

さぁ、、、この予想は当たっていたでしょうか、、、??

冬の1泊2日温泉ミステリーツアー(その12)「傘風楼」で、栗のロールケーキ

写真:2012/02/25 PENTAX K20D DA16-45mm使用

Aobusedou02

天気が良ければ、メタセコイアの大木の下でコーヒーも、いいかもですね^^;;

Aobusedou01

「小布施堂」は、以前、、、
亀母がお土産で「栗鹿の子」を買ってくれたお店と思います。
今回、私達はここの『傘風楼』でコーヒーブレイクcafe

http://www.obusedo.com/store/detail/sanpooloh.html

Aobusedou03

小布施は、水が美味しかったです^^
あ、勿論、、、コーヒーも。

Aobusedou04

和菓子+ドリンクセットが売り切れだったので、
洋菓子のセットで、、、

「栗のロールケーキ」

冬の1泊2日温泉ミステリーツアー(その11)「小布施」で、おみやげ「堅岩しょうゆ」

写真:2012/02/25 PENTAX K20D DA16-45mm使用

Aobusenoosenbei01

亀三郎の命の源、、、「おせんべい」「おかき」
こうゆう情景が、一番興奮します、、、私の場合。

Aobusenoosenbei02

「堅岩しょうゆ」は、お土産にしましたsign03

Aobusenoosenbei03

Aobusenoosenbei04

商売上手なお嬢さんに乗せられて
追加で「ぬれ煎餅」も一枚追加です・・・

すぐ横から、、
コン様の少し冷たい視線を感じましたが、、、
いんです、いんです、
こうゆう一期一会を、亀さん、、、楽しみたいのです(爆笑)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »