2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

てんきとくらす

水辺の鳥たち

  • ハシビロガモ
    水辺の鳥たちです

「男の料理」の写真

  • ナスの煮びたし
    驚速レシピ付きもあり

登山道脇の昆虫たち

  • サカハチチョウ(春型)
    登山道で出会った昆虫たちです

登山道脇の植物たち

  • メイゲツソウ
    登山道で出会った山野草が中心です

亀三郎写真

  • 亀三郎、初めての産卵
    クサガメ「亀三郎」です。

栃木百名山・登山リスト

« 栃木・板室温泉郷「ホテル板室」7F客室からの情景 | トップページ | 栃木県小山市「大沼」で、コブハクチョウの親子を探して(その1) »

2010年12月 8日 (水)

栃木・板室温泉郷「朝市」の『有精卵』・・・究極の卵かけご飯に、しました!

写真:PENTAX K20D DA35mmMacro使用 
    板室温泉郷「朝市」の『有精卵』で、究極の卵かけご飯!

Atamago01

Atamago02

Atamago03

栃木県・小山市産「コシヒカリ」
亀さんが精米所に持ち込んで「標準」で精米してきました。
三洋の「おどり炊き」の『熟うま』コースで炊飯。
亀家としては、最善&最高のご飯を準備したのですcoldsweats01

Atamago04

Atamago05

これを、かっこんで食べました。んまぁかったです。
「ぼかぁ しあわせだなぁ」って、
いつも、卵かけご飯を食べると思うのです。

あ、それと、、、この「有精卵」は、頂き物。
まだ見ぬ県北の友の「愛」なのですheart
(先輩なので、友は、、、失礼なのですが、、、今回だけご容赦くださいまし)

それから
このログの写真は、TTGサークル会長 栃木ハンターさんと
副会長のRoowさんに、捧げたいと思います!! (爆笑)
*TTGとは、とちぎ たまごかけ ごはんの略で、栃木ハンターさんの発案です。

« 栃木・板室温泉郷「ホテル板室」7F客室からの情景 | トップページ | 栃木県小山市「大沼」で、コブハクチョウの親子を探して(その1) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

亀ちゃま ごち~~~~
ご飯が光って立ってた 元気いいよ!!
ピカッ!! あれ 使ったでしょ。ふうこもDLしてるよ。
セピアとかソフトにするのには非常に使いやすいです。
「人形の館」では大活躍。

そっか おかあちゃま、いっぱい遊ばせて上げてください。
きっと おとうちゃまと一緒に旅行されてるんですよ。
女はたくましいです!!

午後から爺ちゃまの施設に行ってくるね^^

こんにちは。
卵かけご飯、大好きです。
時々朝食で頂きますよ!!
TKG ナイスな名称ですね(笑)

2枚目のお写真、ピッカー!! が綺麗ですね!!
どうやって撮ったのですか??
凄~く気になります・・・ってコメしようと思ったら、
ふうこさんが
>ピカッ!! あれ 使ったでしょ。ふうこもDLしてるよ。
と仰っているのを発見!!
「あれ」って何? 教えてください(笑)

fullmoonこんにちは^^
そうでしたか!ふうこ様も、、、
あれをDLしてお使いでしたか!
ふふふ、、、
光り輝かせるには、いい小道具ですよね!
「人形の館」も
さっそく拝見させて貰いました。
あしあとは、残せてないですが、、、
そのうち、、、書き込みますね~~~
それから
亀母、、、亀父と一緒に旅行ですか・・・
そうかも、、、しんないですね、、、
分かりました。。。

あ、、、
お出掛け、、お気をつけて、、、
師走ですから
急いでる人と、ぶつかんないように、、、左右注意して
歩いてくださいまし(ペコリ)

denimペンタスキーさん、こんにちは
TKG、、、気に入って頂けましたか???
栃木ハンターさんのパクリですけど、、、
面白いでしょ?
朝御飯で、よくやられるのでしたら
ペンタスキーさんも
TKGサークルに、入会しますか???(爆笑)

それから、、、
輝く星は
ペンタスキーさんも使われているJtrimです!!
ふふふ
探してみて下さいませ~~~lovely

ふんふん、なるほどo(*^▽^*)o
「コシヒカリ」を「標準」精米。
三洋「おどり炊き」の『熟うま』コースで炊飯。
最善&最高のご飯を準備
・・・亀さん、大満足な味だったでしょう~happy01

おばんです
黄身のふくらみ具合がいいですね(指でつっつきたくなるのが最高なんです)・・・ 
で 亀さんはちゃんとお皿に割ってからかけるんだね 正統派だぁ
あたしゃ直接いっちゃいますよ(笑)
「標準」でも美味しかったでしょう?
かみしめると「上白」より絶対美味いはず。。
                          まだ見ぬ県北の友より

亀さん、こんばんは。

家に帰って来たばかりですが、取り急ぎ訂正させてください。
「TKG」は栃木ハンターが考えたものではなく、「読売連合広告社」の登録商標です。
誤解を与えてしまったかもしれません・・・ごめんなさい。

『TTGサークル』にしませんか?
略は「Tochigi Tamagokake Gohan」です。いかがでしょうか?

卵かけ御飯の写真、一流です(汗)。
美味しかったことは間違いないですね!TTGサークル会長も更なる頑張りを見せないと(笑)。
ではでは。

私と同じ食べ方をする人がいる・・・と思ったら、時平さんでした(・∀・)イイ!
ご飯の上に直接たまご
・・・で、あまりかき混ぜず、塩としょう油少しです。。
でも、炊きたてご飯じゃないとダメなんです~。。
白身が少し半熟になるくらいに、ご飯→たまご→ご飯で(o^-^o)
たまごかけご飯のこだわりです~(・∀・)ニヤニヤ

cat
圧力IHは、
たまさんに相談してから約2年、、、
買うまでに、、、随分と時間がかかったものです。。。
その間
優柔不断なおやじ、、、って、、、
思われたと思いますが、、、(滝汗)
でも、、、そんかわり
いい物を選んだんじゃないかと思っています~~~

あ、、、それと
ふうかさんに聞いたのですが
「土鍋」で炊くのも最高!って、、、
いま、、、密かに土鍋探しをしています(笑)

impactこんばんは^^
実は、意見が分かれているのです。
上白派=コンスタンス=名古屋の兄様
標準派=亀三郎=時平さん
ってな図式になっているのです。
まぁ、、、コイン精米所に行くのは、私なので
次も「標準」で、いってみようかとは、、、
思っていますが。。。(笑)

chairこんばんは^^
分かりました!記事を訂正しますね~~~了解です!
そして、同時に「TTGサークル」発足の件も、了解です!!
ハンターさんが
会長として、しっかりみんなを引っ張っていって下さい。
よろしくお願いします(ペコリ)
県内の美味しいたまご情報、、、、
いつも
期待しています~~~

cat
ご飯の上に、直接たまご、、、
話には聞いてます。
そして、、、テレビドラマでも、見たことがありますが
自分では
やったことがありません、、、
どうしても
子供の頃から、食べ慣れてるやり方じゃないと
落ち着かないようなんですよ・・・sweat01
こればかりは、
仕方がないですかね。。。(ドテッ)

あやや?!
Jtrimに、輝く星に出来る機能があったんですか?
私は、モザイク掛けだけにしか使ってなかったので、知りませんでした!
探してみますね~!!
ありがとさんです(笑)

denim
オヨヨ
(v^ー゜)ヤッタネ!!
jtrimには
他にも、面白い機能がついてますよ~~~
ぜひ
遊んでみて下さいましhappy01

おー!ヲイラは今年も友人から分けて貰った米、先日「上白」で30kg精米してきたゾ~
最近せっかちであんまりゆっくり白飯かんでないんで噛んでじっくり甘味が出てくる「標準」ぢゃなくていいのさsweat01
それと同じ『おどり炊き』だけど相変わらず"熟うま"では炊きません だって柔らかめになるもん

んで玉子!!んまそうだなァ タマランなァnotes
でもじぇったいビチャビチャには掛けないタイプ んでかき混ぜないタイプ
丼ものでもカレーライスでも"白いとこ"残しておきたいのれす

   ま、食べ方は人それぞれですわなwink それぞれにこだわりがあってヨロシ

libra
先日、時平さんともお話してたのですが、、、
上白派・・・あにさま、コンスタンス
標準派・・・時平さん、亀三郎
と、こんな図式になっております!!
う~~、、、亀家にとっては、、、難しいとこですけど、、、
次も、、、とりあえず「標準」でって思っています^^;;

炊き方は、いろいろ試して
コンスタンスは、「熟うま」が良いといいます。
わたしは、
意外と、、、「普通」が、良いような気がするのです。。。
あにさまは
かため、、でしたっけ??sweat01

それから
卵かけご飯は、ちょい混ぜ派なのですね!
亀さんは
しっかり混ぜ派ですから
だいぶ
趣が違うでしょうねぇ~~~(爆笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516522/50243668

この記事へのトラックバック一覧です: 栃木・板室温泉郷「朝市」の『有精卵』・・・究極の卵かけご飯に、しました!:

« 栃木・板室温泉郷「ホテル板室」7F客室からの情景 | トップページ | 栃木県小山市「大沼」で、コブハクチョウの親子を探して(その1) »