2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

てんきとくらす

水辺の鳥たち

  • ハシビロガモ
    水辺の鳥たちです

「男の料理」の写真

  • ナスの煮びたし
    驚速レシピ付きもあり

登山道脇の昆虫たち

  • サカハチチョウ(春型)
    登山道で出会った昆虫たちです

登山道脇の植物たち

  • メイゲツソウ
    登山道で出会った山野草が中心です

亀三郎写真

  • 亀三郎、初めての産卵
    クサガメ「亀三郎」です。

栃木百名山・登山リスト

« CANON『ip4600』・・・インク消費に関する最終報告? | トップページ | 満開の東京の『桜』を見てきました(その1)墨田川の桜 »

2009年4月 4日 (土)

K20Dで初めてのMF撮影・・・屋上の葉ボタンの写真

K20Dを購入後、初めてMFで写真を撮りましたsmile

ピントリングを初めて回しました^^ジコジコ音がしてましたけど大丈夫なのかな??

「14.6Mの息を呑む解像度」?が出てるのか・・・!?←冗談です

写真:09/04/03 PENTAX K20D DA18-250mm使用 屋上の「葉ボタン」

Ahabotan02 110mm 1/200sec
F9.0 iso200 露出補正+0.3
MF 「ナチュラル」
彩度+1 FS+2

Ahabotan01 トリミング版です^^

« CANON『ip4600』・・・インク消費に関する最終報告? | トップページ | 満開の東京の『桜』を見てきました(その1)墨田川の桜 »

ガーデニング」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
ジーコジーコ・・・・マウント部脇のスイッチ、MFにしましたか?
MFにした後回せば、ジーコジーコ言わないと思うのですが。
もししていない場合、DA18-250はQSFSに対応していないので、
最悪壊れてしまう可能性もありますよ。
QSFSに対応しているDAレンズは、AFのままMFできるんですけどね。
こういう花の被写体の場合、雌しべにピン合わせる時など、
MF使えるといいですよね、AFだと思うところにピン合わせられません。
ここでMF練習して、やはり次はマクロレンズいっちゃいましょう。
亀三郎さんの撮影対象だと、マクロレンズ満足すると思いますよ!!

葉ぼたんの花、綺麗に咲きましたね~(*゚▽゚)ノ
茎の色も鮮やかで綺麗ですね。

happy01MFですね。
ジーコ、ジーコ、何なんでしょうね?

やんぼーさんの言う通り、マクロ行っちゃいますかねbleah
ただ、北関東で絞り開放だと、風で被写体揺れてきびしかったりします。
でも、デジ一マクロの被写界深度の浅さ、決まると面白いですよ

やんぼーさん、こんばんは^^
マウント部のスイッチはMFにしてから操作しました。
それで、、、私の擬音の説明が悪かったのですが、、、ジジジッって感じでしょうか。
この音って、やはり故障の可能性ありますでしょうか??
ううう、、、すこし心配になってきましたcoldsweats01
でも写真をPCで見たら、拡大してもかなりキレイに写っていたので
自分でもビックリしたんです~~~
やっぱりAFよりMFにしたほうが、満足いくのが撮れるのかなって・・・(自己満足ですけど~~)

・・・マクロ・・・ですよねぇ・・・欲しいですねぇ~~heart04

たまさん、こんばんは^^
葉ボタンって普通に見るより、拡大してみたほうがキレイと・・・思いました!!
そうそう、それと
茎の色もいいですよね~~~
「おひたし」にするとまずそう?かもですけど~~~coldsweats02

abuさん、こんばんは^^
ですよね~~北関東は「風」が問題ですよね~~群馬と栃木は似てる環境ですもんね!!
わたしも、abuさんのような花のマクロが取れるように
高倍率ズームでMFの練習をしておきますね。。。いつかのマクロレンズのために!!
それにしても
音はジジジッって感じなのですが・・・すこし心配になってきました・・・coldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516522/44557741

この記事へのトラックバック一覧です: K20Dで初めてのMF撮影・・・屋上の葉ボタンの写真:

« CANON『ip4600』・・・インク消費に関する最終報告? | トップページ | 満開の東京の『桜』を見てきました(その1)墨田川の桜 »