2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

てんきとくらす

水辺の鳥たち

  • ハシビロガモ
    水辺の鳥たちです

「男の料理」の写真

  • ナスの煮びたし
    驚速レシピ付きもあり

登山道脇の昆虫たち

  • サカハチチョウ(春型)
    登山道で出会った昆虫たちです

登山道脇の植物たち

  • メイゲツソウ
    登山道で出会った山野草が中心です

亀三郎写真

  • 亀三郎、初めての産卵
    クサガメ「亀三郎」です。

栃木百名山・登山リスト

« 坂本スミ子「夜が明けて」・・・好きな歌なんです^^ | トップページ | とちぎ花センター「ラン展」その2:大輪系の「カトレア」たち »

2009年2月 6日 (金)

とちぎ花センター「ラン展」その1:『ルージュ・マジック』『ビー』

みかも山公園のとちぎ花センターで開催中の「ラン展」を見て来ました。
写真:
PENTAX K20D DA18-250mm使用

1:オドントグロッサム『ルージュマジック』
57.5mm 1/15sec F4.5 ISO400

2:オンシジューム『ビー』
142.5mm 1/25sec F5.6 ISO400
3:ジゴペタラム『ビッグビーンズ』
70mm 1/60sec F5.6 ISO400
4:オドントジューム『ランババ』
57.5mm 1/80sec F6.3 ISO320

どれも魅力的な鉢でした。
『オドントグロッサム』や『オドントジューム』『ジゴペタラム』という品種は、
ホームセンターでもあまり見かけないので
一般的には、栽培が少し難しいのかもしれません。

Rougemagic Bee 

Bigbeans Ranbaba

写真をUPした後に気になったので、少し調べてみました。

『オドントグロッサム』は、原産地:中央アメリカ、南米 最低温度10度
『ジゴペタラム』は、原産地:南米 最低温度10度

他の情報をさらりと読む限りでは、やはり一般に広く流通している洋ランよりは
すこし栽培にテクニックがいるように感じました。

そして
『オドントジューム』なんですが、、、情報があまりないんですね。
もしかしたら、オドントグロッサムとオンシジュームかシンビジュームの交配種??
そして近年品種改良されたものなのか?
なんて想像したりしてます。
もう少し詳しい情報を出来たら調べたいと思っています。

『オンシジューム』はトゥインクルを現在栽培中なので、馴染みの品種?です。
でも今回のラン展の『ビー』のような大株(背の高い)にはならないタイプですね。

« 坂本スミ子「夜が明けて」・・・好きな歌なんです^^ | トップページ | とちぎ花センター「ラン展」その2:大輪系の「カトレア」たち »

ラン」カテゴリの記事

国内旅行(栃木県南部)」カテゴリの記事

コメント

いろいろな名前があるものなんですね。とても覚えられません(/□≦、)
全部「ラン」です。

私も覚えられません
でも・・・あまり馴染みのない品種は、、、なぜか胸がワクワクします!!
これって、、、少しマニアが入っているかも??ですね~~~

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 坂本スミ子「夜が明けて」・・・好きな歌なんです^^ | トップページ | とちぎ花センター「ラン展」その2:大輪系の「カトレア」たち »